« スイカ寒天 | Main | これからどうなる? 希 と 啓太 »

07/02/2015

愛染祭りで 宮大工の講義を聴く

牛乳を買いに行く積りが、ちょうどやってきたバスに乗って愛染祭り最終日の夜の部を見ることに。

驚いたのは、そのとき舞台でやっていたのは演芸ショーでなく、世界最古の企業(聖徳太子の時代に創業、四天王寺も建築)金剛組による寺社建築の講義1時間。

釘を使わない木組みの解説、金剛組加工センターのVTR、200人以上在籍する同社の宮大工の中から棟梁5名が舞台上で、全国各地の思い出の寺社建築物について解説、棟梁への質疑応答、宮大工によるかんな掛けの実演。かんなからは、わずか16ミクロンの薄い紙のような削りくずが連続してでてきました。髪の厚さは 60~120ミクロンだそうですから驚異的な薄さです。

Sp1120326


Sp1120337


|

« スイカ寒天 | Main | これからどうなる? 希 と 啓太 »