« 彦八まつりは 9/5、9/6です | Main | 手っ取り早い水なす料理 2/水なすのツナポン »

08/23/2015

新聞の発行部数が 引き続き激減している

昨日の産経新聞「花田紀凱の週刊誌ウオッチング」に、「 15年上半期(1~6月)ABC部数公査で朝日は前年同期比63万5884部減、700万部を割り込んだ。産経は微増」と書いてあったので調べると、最新データは見つからなかったものの3月のデータが見つかりました。それによれば・・・

〈2015年3月度のABC部数が明らかになった。それによると中央紙は、対前月差では、大きな変動はなかったものの、対前年同月差では、朝日新聞が約65万部、読売が58万部のマイナスとなった。
中央紙の販売部数は次の通りである。()内は、対前年同月差。

朝日新聞:6,801,032(-649,200)
毎日新聞:3,254,446(-67,296)
読売新聞:9,114,786(-576,151)
日経新聞:2,740,031(-28,588)
産経新聞:1,607,047(+17,800)〉

しかも朝日新聞社の社内資料によれば、同社の偽装部数は200万部あるそうですから、800万部と言われた朝日の実売部数はいまや500万部を切っている? 産経もかつては200万部と言われていましたが、何年か前、押し紙等のインチキはやめーたと言ったとたんに160万部になりました。他社のごまかし実態はよくわかりません。いずれにしても今後の新聞生き残りは厳しいでしょうね。

|

« 彦八まつりは 9/5、9/6です | Main | 手っ取り早い水なす料理 2/水なすのツナポン »