« これからの主な予定 | Main | 古文書講座 摂津名所図絵 5 »

09/13/2015

古文書講座 摂津名所図絵 4

今回は、天満で毎朝開かれていた市の話です。12月24日には紀州から大量のみかんが運ばれ、盛大な市が開催されました。

「天満市之側(いちのがわ)
常に朝毎に市あり。又
毎年極月(ごくづき=しわす、12月)二十四日の
夜には紀国(きのくに)より多く/
積み上(のぼ)せるみかんをここにて
市がなす事稲麻(とうま=多くの人や物が入り乱れるように群がっているさま)の
如く、諸人群をなす
市の繁花(はんか)たる
首長たるべし  

紀氏六帖
芦津のゝ/おひてし時も/天地と
人とのしなは/さたまりにけり  貫之」

Simg_20150911_0002


|

« これからの主な予定 | Main | 古文書講座 摂津名所図絵 5 »