« 象みたいなヒグマがいる! | Main | 赤星憲広さんのトークショー その6 »

10/11/2015

有川浩さんの「県庁おもてなし課」

有川浩さんの小説を読むのはこれで12冊目。「県庁おもてなし課」は映画で観たのですが、原作は読んでいませんでした。映画には誰が出演していたかな?とWikipediaを見ると、

* 掛水史貴:錦戸亮
* 明神多紀:堀北真希
* 清遠和政:船越英一郎
* 清遠佐和:関めぐみ
* 吉門喬介:高良健吾

えっ、そうだっけ。2013年の映画なのに、はっきりした記憶がありません。でも、少々優柔不断な県庁マンの掛水、聡明でかわいいアルバイト課員の多紀ちゃん、かなりきつい性格だけど一途に喬介を慕ってきた佐和は、いずれもイメージ的に適役でしょうか。
有川さん自身が、高知県の観光大使に選ばれ、県庁ののろい動きに呆れたことを題材に、その後の県庁の対応や過去の「パンダ誘致論」事件(フィクション)を織り交ぜて、観光高知を売り出すまでの物語です。もちろん有川さんの小説につきもののLOVEの要素も入っています。
さわやかな小説です。全国の地方自治体にも有益な情報が詰まっています。

有川浩さんの本13冊目として「猫旅レポート」を図書館から借りてきました。パソコンから予約するときわかったのですが、大阪市立図書館は有川さんの本をすべて、そして同じ本を大量に在庫しています。しかもほとんど貸し出し中。いかに人気のある作家かわかります。

S_dsc_0003


|

« 象みたいなヒグマがいる! | Main | 赤星憲広さんのトークショー その6 »