« 「あさが来た」のモデル 加島屋の決算書 | Main | 「あさが来た」のモデル 加島屋の奉公人心得 »

10/21/2015

バス内セクハラ事件


珍しい事件に遭遇しました。バス内である女性が「あの男の人にお尻を当てられ、尻が痛かった。暴力だ!」と騒ぎ始めたのです。その男性は全面否定。

バスの運転手は落ちついたもので、「私には事実かどうかわかりません。もし被害を申告されるのなら、今すぐ私が警察に電話します。後は警察に委ねることになります。このバスには、前後2箇所、ドライブレコーダーが設置されており、乗客の行動を記録しています。私たちは見ることができませんが、申告があれば警察に提出して判断してもらいます」。

結局、女性が警察に申告すると言いましたので、警察がきて手続きが終わるまでバスは動かせません。他の乗客はすべてそこで下ろされ、次のバスに乗り換えることに。そのあとどうなったかはわかりません。
運転手の手際よさから判断すると、こういう事態が起きたときの対処法が、ちゃんとマニュアル化されているのでしょう。

|

« 「あさが来た」のモデル 加島屋の決算書 | Main | 「あさが来た」のモデル 加島屋の奉公人心得 »