« 「あさが来た」五代友厚とくまもんに会いに刑務所へ行こう | Main | 「あさが来た」の舞台裏 4 »

11/06/2015

ジーンズでリュックを作る/東京防災

舛添知事肝いりで作られ、東京都民に配布される本「東京防災」、大好評だそうですね。
中に、「乾電池の周りをぐるぐる巻きにして径の大きい乾電池として使う方法」や「ジーンズと紐でリュックを作る方法」なども紹介されています。

思い出したのは、スイスの全家庭に配布されている「民間防衛」という本。「東京防災」のモデルでしょう。日本語訳はわが国で天変地異が起きるたびに話題となります。

いまから40年くらい前、この本を知ったときは驚きました。「あの永世中立国スイスが、<自分の国は自分で守らなければならない。そのために軍隊を持ち、徴兵制がある>ということを全国民に徹底していることに・・・。

スイスは、「軍事力の放棄」ではなく、「軍事力を保つ」ことによってその独立と平和を守っています。しかも常に独立と平和を守れるように、徴兵制をしき、「民間防衛」という本を、スイス政府自らが編集し、全スイス国民に配布しています。

この本は、自然災害への対処だけでなく、テロや戦時中の避難方法から、占領された後のレジスタンス活動まで多岐に渡って防衛を取り上げています。さらに周辺国が、いかに「武力以外の攻撃により、我が国を破滅へ導こうとしているか」について警告と対処法を解説しています。

「民間防衛」はいまでも入手できます。
http://www.amazon.co.jp/%E6%B0%91%E9%96%93%E9%98%B2%E8%A1%9B%E2%80%95%E3%81%82%E3%82%89%E3%82%86%E3%82%8B%E5%8D%B1%E9%99%BA%E3%81%8B%E3%82%89%E8%BA%AB%E3%82%92%E3%81%BE%E3%82%82%E3%82%8B-%E5%8E%9F%E6%9B%B8%E6%88%BF%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8/dp/4562036672

|

« 「あさが来た」五代友厚とくまもんに会いに刑務所へ行こう | Main | 「あさが来た」の舞台裏 4 »