« 産経前ソウル支局長、無罪 | Main | 産経新聞、英文号外発行 »

12/18/2015

世界を変えた書物展 その10


日本初のノーベル賞受賞者・湯川秀樹博士の「素粒子の相互作用について」(1935年)。
湯川博士はこの論文で、原子核の中の陽子と中性子を結び付けている核力をなしている中間子の存在を予言しました。1948年に粒子加速器によって湯川理論が実証され、その功績により1949年にノーベル賞を受賞しました。

Sp1140856


|

« 産経前ソウル支局長、無罪 | Main | 産経新聞、英文号外発行 »