« 織田作之助とラ・クンパルシータ (蓄音器で聴く阿倍野ゆかりの文学 その2) | Main | 新井ビル、生駒ビルの補足/春の船場おひなまつり その4 »

02/29/2016

船場の登録有形文化財、堺筋に沿って/春の船場おひなまつり その3

大阪取引所から南に1ブロック目、道路の反対側にレトロなビルが見えます。これが新井ビル、文化庁の「登録有形文化財」のプレートがはめ込まれています。1階は「五感北浜本館」というケーキ屋さん。

近くの「モスバーガー」でハンバーガーとコーヒーで昼食。マクドナルドは時々食べますが、モスバーガー は数十年ぶり?

そこからさらに南に歩いて道修町1丁目の交差点東角に、大きな木造家屋がみえます。これが2番目の登録有形文化財「旧小西家住宅」。
近代大阪の町家を集大成した和風建築です。小西家は、初代儀助(ぎすけ)が安政3年(1856)、京都から大阪道修町に出て薬種業・小西儀助商店(現・コニシ株式会社)を創業したことに始まる商家。現在の建物は明治36年(1903)から3年かけてつくられたもの。非公開ですので、中には入れません。

もう少し南下して2ブロック目の西角にあるのが「生駒ビルヂング」。3番目の登録有形文化財です。昔は「生駒時計店」だったようです。外から見えるガラス窓の中に、小さな可愛らしい生駒家のおひなさまが飾ってありました。

ここでUターンして、小西家住宅の交差点で左折し、薬の街・道修町通に入ります。

写真は順に、「新井ビル(五感 北浜本店)」、「旧小西家住宅」、「生駒ビルディング」(2枚)

P1170041


Sp1170053


Sp1170060


Sp1170066


|

« 織田作之助とラ・クンパルシータ (蓄音器で聴く阿倍野ゆかりの文学 その2) | Main | 新井ビル、生駒ビルの補足/春の船場おひなまつり その4 »