« ちからうどん | Main | <あさが来た>、大阪の恩人 五代友厚スタンプラリー »

02/05/2016

真田丸を歩く その4/真田山小学校~心眼寺坂

三光神社、旧真田山陸軍墓地から南に下ってスポーツセンターまで歩き、西に向かって坂を上って行きます。左手に続くのが真田山小学校。道路より一段と高くなっています。

明星学園手前を右折し、心眼寺坂を上って行きます。周りより一段と高くなっています。順に大應寺、興徳寺、心眼寺と並んでいます。このあたりは大阪市天王寺区餌差町(えさしちょう)です。

これらの寺は、江戸時代の絵図にも描かれています。真田丸は、高台にある寺を利用して、周りに巨大な堀を巡らせた四角形の不思議な形をした鉄壁の要塞だったのです。市街地にあったこと、半円状でなく四角形であったことは、従来の定説を覆すものでした。

昨年のレーダーを引っ張って探査した結果(NHK「歴史秘話ヒストリア」)によれば、真田丸は明星学園(盛り土をして整備した)の場所にあったことは間違いありません。

2/1に設置された真田丸顕彰碑は、明星学園テニスコートの東端の道路沿いに設置されてます。真ん前は興徳寺、その北隣は心眼寺です。

写真は順に、「真田山小学校正門」、「心眼寺坂の銘板」、「大應寺」、「興徳寺」、「心眼寺」。

顕彰碑は「その1」をご覧ください。

Photo


Sp1160393


Sp1160398


Sp1160405


Sp1160434


|

« ちからうどん | Main | <あさが来た>、大阪の恩人 五代友厚スタンプラリー »