« <あさが来た>、広岡浅子-成瀬仁蔵(梅花)-宮川常輝(同志社女学校) | Main | 大阪市深江は菅笠で有名だった »

02/23/2016

有栖川有栖さんの<白い兎が逃げる>


久しぶりに有栖川さんの小説を読みました。現在、読売テレビで有栖川さんのドラマが放送されていることもあって・・・
収録されているのは、短編「不在の照明」「地下鉄の処刑」「比類のない神々しいような瞬間」、中編が「白い兎が逃げる」。なかでも「白い兎が逃げる」は面白い。犯人も目的も方法も、皆目わからない謎の殺人事件・・・一刻も早く結末が読みたい、と思いながらページをめくりました。

<いままで読んだ有栖川さんの小説リスト>
「幻坂」「妃は船を沈める」「火村英生の捧げる犯罪」「マレー鉄道の謎」「ペルシャ猫の謎」「スイス時計の謎」「論理爆弾」「女王国の城」「大阪ラビリンス」「白い兎が逃げる」  以上10冊。

Sp1170039


|

« <あさが来た>、広岡浅子-成瀬仁蔵(梅花)-宮川常輝(同志社女学校) | Main | 大阪市深江は菅笠で有名だった »