« 太陽研究者の<地球寒冷化>警告、無視するな | Main | <あさが来た>、蛸の松 »

02/17/2016

近くいなくなる孫の成長ぶり

半年近くわが家で過ごしてきた孫が、今週末にママ・赤ちゃんとともに自宅に帰ることになりました。
途中で2歳になった女の子です。この間の成長ぶりはおどろくばかり。

「あいうえお」も一部しか読めなかったのに、いまでは「がぎぐけご」「なにぬねの」なども読んだり、言えるようになりました。言葉もほとんどしゃべれず、「じじ」とも言ってくれなかったのに、いまや簡単な会話ができるまでに・・・。
やさしいジグソーパズルも楽々と並べてしまいます。

テレビの幼児番組を観ながら、ダンスをするのは大の得意。去年、「プーさん展」で購入したCD「プーさんのお昼寝タイム」は大好きな音楽のひとつ。Eテレで習ったお掃除やシャツの折りたたみもできます。「プーさんのテーマ」等が聞こえてくると、とたんににこにこして、首を振り、体全体を揺らしながら楽しそうに踊り始めます。

きょう聞こえてきた孫の発言の例。
・(ものや人をさして)「これなあに? あなただあれ?」
・(おしめを替えようとすると)「全然(おしっこを)してないね」
・(自分で転んで)「いたいなあ」
・「おじいちゃん、お菓子」(と持ってきたので「くれるの? ありがとう」と手をのばして口に入れると)「おいしい?」
・(おばあちゃんのところに飛んで行って)「りんごジュースちょうだい」(さっき飲んだばかりじゃない」と言われて)「最後のいっぱい」(おばあちゃんからもらって、飲み終わると)「おしまい!」
・(食事中みんなを見渡しながら)「おじいちゃん 食べてる。ママも食べてる。みんな食べてる」
・(気を引きたいときや、自分の思うとおりにいかないとき)「ちょっと! ちょっと!」
・(「おじいちゃん、いっしょにやろう」とジグソーパズルを持ってきたので、台紙をセットすると)「ちゃう、はんたい!」(と上下を反対に)

あと数日でいなくなるので、きょうは動画をたくさん撮影しました。

|

« 太陽研究者の<地球寒冷化>警告、無視するな | Main | <あさが来た>、蛸の松 »