« <なんでも鑑定団>鑑定士に石坂浩二さんのことを聞いたら | Main | 五代さま、きのうだけの復活 »

02/23/2016

真田幸村公資料館訪問 その1

2/22、「忍者の日」の夜、予約がとれたので出かけてきました。19時から20時近くまで澤田平館長自身による贅沢な案内で数々の貴重な文化財を鑑賞しました。
澤田氏は、テレビ東京「なんでも鑑定団」の鑑定士として有名です。ジャンルは「甲冑・古式銃・和時計・からくり細工」、肩書は「堺鉄砲研究会 主宰」ですが、全国の鉄砲隊はみんな澤田氏が手がけたもの。本業は資料館の隣にある整体院の院長さん。「なんでも鑑定団」のホームページの備考にも、「稲富流砲術の砲術家。本職は整体院の院長。鑑定のたびに自身のコレクションに関する自慢話を怪しげなパフォーマンスとともに披露する」と書いてあります。

実際にお会いして話すと、「この人、いったい何者?」と驚くほど、ユニークかつ桁外れにスケールの大きい方です。
もともと砲術家の家系だそうですが、若くして柔道・合気道・居合道・剣道・空手道等の有段者となり、飛行機のパイロットでもあったという澤田さん。壁に警察からの表彰状がたくさん並んでいました。何かと思えば、犯人逮捕に協力してもらった感謝状の数々。「さすが武術の達人」と思ったら、「犯人逮捕は忍術のおかげです。真田流忍術はだれでも習得できます。私は忍術学院で忍者を育てています。あなたもなれますよ」。隣の5階建てビルは、忍術道場と科学技術史家としての研究所だそうです。膨大な甲冑・古式銃等のコレクションを収蔵する場所でもあります。それら文化財を収録した、澤田さんの分厚い著書も多数並べてありました。

2/25放送の「片岡愛之助の・・・」に出演するそうです。BSというのでNHK BSPかと思ったらそんな番組は見つかりません。BS日本テレビ 21:0 0~22:00の「片岡愛之助の解明!歴史捜査」でしょうか。
<「大老・井伊直弼暗殺」なぜ計画されたのか…なぜ成功したのか…魔法の銃弾(他)数々の謎を現代科学で解き明かす!歴史を大きく変えた暗殺事件の真相は!新説「桜田門外の変」>
澤田氏が銃弾について解説されるのでしょうか?

写真は資料館入口。
さて、資料館の中身は? (続く)

Sp1160991


|

« <なんでも鑑定団>鑑定士に石坂浩二さんのことを聞いたら | Main | 五代さま、きのうだけの復活 »