« いつも飲むりんごジュースとは大違い! | Main | やっと政府が、国連で慰安婦強制連行のでたらめに反論した »

02/16/2016

伊勢・たいやきわらしべ の <あんなしたいやき>

餡も何も入っていないたいやきがあるとは知りませんでした。
あべのハルカス近鉄本店で開催中の「伊勢志摩うまいもん横丁」、伊勢志摩サミットを控えて、伊勢にグループの鉄道部門が運行路線を持つ近鉄百貨店が開催している物産展です。
ここで「わらしべ」という店のたい焼きを買って来ました。1日に1,000枚から多い時は2,000枚も焼いている有名な伊勢のたい焼き屋さんだそうです。

ねっちりもっちりした生地は、ちょっと珍しい。パンフレットを見ると、三重県産の小麦「あやひかり」を使用して素材のぶれをなくし、小麦粉の成分(水分・灰分・たんぱく等)の比率を細かく管理してつくっています。生地を撹拌する時の水や気泡(空気)も素材のひとつ!という考え方。
しかも店の前身は、自動車部品製造工場だったそうで、店の中にはエンジニアのオーナーが自作した厨房製品が盛りだくさん。「音声式焼成タイマーシステム」「大型生地撹拌機」など。

さらに驚くのは、「つぶあんたいやき」「ぷりんたいやき」(今回ぷりんは並んでいませんでした)だけでなく、中に何も入っていない「あんなしたいやき」という珍しいたい焼きがあったこと。
生地に徹底的にこだわった「わらしべ」ならではのたいやきだそうです。
「お惣菜をサンドしたり、離乳食に代用したりと、アイディア豊かにお楽しみいただいております」。
生地に自信がないと、こんなアイディアは生まれないでしょうね。

Dsc_0312


P1160794


|

« いつも飲むりんごジュースとは大違い! | Main | やっと政府が、国連で慰安婦強制連行のでたらめに反論した »