« 眠れる絵本ができました! | Main | <真田丸>、NHKが大河ドラマ制作の舞台裏セミナー »

02/11/2016

<あさが来た>、大阪制作だからおもしろい!

同感です。大阪の民放局が全国向けつくっているドラマも、最近は東京で作っているものばかり。その点、NHKの朝ドラは東京と大阪が交互に作っています。ご立派です。大阪人としては、大阪で制作したドラマは、ついつい応援したくなります。スタジオ見学や出演者のトークショー、戎さんの宝恵駕乗り込みなどのイベントも盛んに行われます。

そういう意味でも、現在放送されている関西テレビの「大阪環状線の各駅を舞台にした青春愛情ドラマシリーズ」は注目されます。若手を監督に抜擢して、経験を積ませる工夫もしていますし。

1週間くらい前の朝日新聞に、島崎今日子さんが「NHKドラマは大阪ばやり」という文章を書いていました。「あさが来た」は大阪が舞台の大阪局制作、「真田丸」は後半のハイライト・真田丸が大阪、さらに注目すべきは「ちかえもん」、大坂の浄瑠璃作家・近松門左衛門を新しい切り口で大阪局がドラマ化したもの。いずれもべたほめでした。

http://www.sankei.com/premium/news/160211/prm1602110015-n1.html

|

« 眠れる絵本ができました! | Main | <真田丸>、NHKが大河ドラマ制作の舞台裏セミナー »