« <五代友厚の手紙(古文書)>、造幣局創業時の功労者たち | Main | 日本の安保法制 59カ国が支持、中韓は牽制 »

03/22/2016

続・玉造を歩く その1


前回、「真田丸」の史跡をテーマに玉造を歩いて記事を連載し、動画「3分間で早わかり!」もアップしました。きょう(3/21)は玉造周辺の残りの史跡を歩きました。

ルートは、地下鉄玉造駅から北上し、森下仁丹本社前を通り、サクラクレパスの本社ビルが見える交差点で左折、そのまま進んで玉造稲荷神社の境内(豊臣秀頼像、秀頼奉納の石の鳥居、千利休顕彰碑)に入り、正門から出て城星学園の横を歩いて周囲をまわり、細川ガラシア邸跡の井戸を経て南下、マリア大聖堂、大阪女学院、さらに横堀通りを越えて、最後は前回まわった真田丸跡の心眼寺の坂を降りた所にあるどんどろ大師へ。ここから出発点の地下鉄玉造駅に戻ってきました。

|

« <五代友厚の手紙(古文書)>、造幣局創業時の功労者たち | Main | 日本の安保法制 59カ国が支持、中韓は牽制 »