« 船場の登録有形文化財、堺筋に沿って/春の船場おひなまつり その3 | Main | くすりの神様 少彦名神社/春の船場おひなまつり その5 »

03/01/2016

新井ビル、生駒ビルの補足/春の船場おひなまつり その4


前回記事の補足と、生駒家のおひなさまです。

新井ビル:大正11年、旧報徳銀行大阪支店として竣工。昭和9年、新井氏が買取り、新井証券本社となる。平成9年、登録有形文化財に指定。平成17年、五感北浜本店オープン。
古典様式を残しながらもモダンなデザイン、1階は石貼り、2階以上はタイル貼りの4階建で、正面中央に列柱を配してシンメトリー(左右対称)のデザインとなっており、近代建築の美しさをたたえています。

生駒ビルヂング:江戸時代から袋物や小物を扱っていた生駒時計店が昭和5年に当時15万円で建設しました。アール・デコ様式を多用、当時もモダンなビルと言われていました。入口とショーウインドウの上部7カ所には、御影石の鷹が置かれています。
昭和20年の大阪大空襲、平成7年の阪神大震災にも周囲のビルが大きな被害をうけたにもかかわらずほとんど無傷だった。平成9年、登録有形文化財に指定。
写真は、生駒ビルディングのショーウインドウに飾られていた生駒家のおひなさま。

Sp1170072


Sp1170071


Sp1170070


Sp1170068


|

« 船場の登録有形文化財、堺筋に沿って/春の船場おひなまつり その3 | Main | くすりの神様 少彦名神社/春の船場おひなまつり その5 »