« ちん電 旧住吉公園駅はいま? | Main | 真田幸村公資料館 その7/本物の火縄銃がいっぱい »

03/01/2016

「源氏物語澪標(みおつくし)の巻」の碑

南海線・住吉大社駅そばに、源氏物語・澪標の場面をレリーフにした碑が建っているのをきょう発見。
そう、ここは「源氏物語 澪標」に描かれた明石の上の悲しい恋の舞台です。

船で訪れた明石の上は懐かしい光源氏の華やかな住吉詣に出会いましたが、再会することなくそのまま帰ります。
レリーフの左に、住吉大社の反り橋が見えます。右上に明石の上の乗った船が見えます。2/26の記事「源氏物語 みおつくし /住吉詣でと明石の君の生涯」の屏風絵と同じです。

5日前、大阪市立大学村田正博教授から 「源氏物語 みおつくし --住吉詣と明石の君の生涯--」を聴いたばかりですから、ちょっと感激。
「源氏物語」は、高校1年の「古文」で1年間にわたって勉強しました。懐かしいですね。

P1170224


|

« ちん電 旧住吉公園駅はいま? | Main | 真田幸村公資料館 その7/本物の火縄銃がいっぱい »