« 史上最悪の総理 | Main | ペンフレンドは絶滅語? »

03/10/2016

いま文通が脚光をあびている


先日、新聞でも読みましたが、けさのNHK「朝いち」でも取り上げていました。
子供の頃の雑誌には「文通欄」があり、知らない人と手紙のやり取りをするのが大流行でした。会ったこともない友達との文通に、ワクワクしたものです。相手が異性だったりすると、親子の間でもめたりして。
電子メールやSNSの時代になって久しいのですが、最近、また文通を楽しむ人が増えているそうです。昔のように、直接、相手の住所に送るのでなく、仲介業者を介して相手に届けてもらう仕組み。手書きの万年筆や手作り封筒に凝ったり、 身近な雑誌を切りとってシールを作ったり・・・。
手書きの文字に温かさを感じるようですね。

|

« 史上最悪の総理 | Main | ペンフレンドは絶滅語? »