« March 2016 | Main | May 2016 »

04/30/2016

動画 堺市浅香山つつじまつり 2016

「3分間で早わかり!堺市浅香山つつじまつり2016」

https://youtu.be/rENBP8w7rXY

|

浅香山つつじまつり その3

Sp1180774


Sp1180775


Sp1180776


Sp1180777

Sp1180778


|

浅香山つつじまつり  その2

P1180795


P1180784


P1180805


|

浅香山つつじまつり その1

堺市の浅香山つつじまつりに出かけてきました。こんなでっかいつつじの木が延々と続いているのを見たのは初めてかな? 見事です。

S_dsc_0449


|

四天王寺 春の大古本市


四天王寺の春の大古本市に出かけました。15:30で切り上げようかと思ったのですが、見てないテントがあったので、結局、13時から17時までいました。当初予定していた美術館は、後日改めて行くことにして、四天王寺の後は、堀越神社でめだかさんと遊んで帰りました。

それにしても広い境内にテントがなんと44、各テントの中には、古本、レコード、古文書、掛け軸、地図、絵本、CD、ビデオ、写真・絵葉書などあらゆるジャンルの古本類がところ狭しと並んでいます。連休初日で天気もいいし、観光客と古本目当ての人で賑わっていました。
ときどきゴーン、ゴーンと鐘が鳴り響くのも、歴史あるお寺の雰囲気が感じられて落ち着きました。

私は、「古文書解読字典」を見つけて買ってきました。

P1180745


P1180746


|

四天王寺の亀


連休初日、天気もいいし亀さんものんびり過ごしていました。P1180754


P1180755_2


P1180756


P1180757


|

堀川神社のメダカ

茶臼山・堀川神社のメダカです。いまやメダカも絶滅危惧種だそうですが・・・

P1180770


|

住吉区役所のカキツバタ

カキツバタは大阪市住吉区の花です。
じつは住吉大社とも縁のある花です。
花言葉「幸福が来る」は、万葉集に載せられている「住吉の 浅沢小野の かきつはた 衣に摺りつけ 着む日知らずも」という和歌に由来します。この和歌は、恋人を待ちわびている女性の気持ちを表しており、待てば必ず幸福がくるという願いが花言葉に込められました。

|

04/29/2016

<地獄八景亡者戯>は今晩です。ただし近畿ブロックのみ


NHK Eテレ 今晩(深夜)で、桂米朝追善芝居「地獄八景亡者戯」が放送されます。3月の放送はダイジェストでしたが、今回は全部。


http://dapumpch.blog.jp/archives/5819141.html

|

「ガリガリ君 リッチ 桜もち」 と 「ガリガリ君 ライチ」


久しぶりにガリガリ君を買いました。どちらも初めてのガリガリ君。桜もち食べましたが、井村製菓の「ふわもちアイス」を参考にしたのかな。ただ近所のスーパーでは、同じ値段なので、高級感は「ふわもちアイス」の勝ちでしょう。


S_img_20160429_194131


|

ハッピーターン 焼きとうもろこし味


新潟県・亀田製菓の「ハッピーターン」、期間限定で「焼きとうもろこし味」が発売されています。とうもろこしの甘味とお醤油の香ばしさを楽しめます。

S_img_20160429_194005


|

Windows10 スタート画面が出ていなかった!


Win7から10に更新して、なんとか使っていたのですが、Win7で重宝していた「snipping tool」が消えて困っていました。
どこにあるのか検索していて発見した、驚愕の事実!

なんと、Win10に更新したのに、Win10のスタート画面が出ていなかったのです。
おかしいなとは思っていましたが、まさか!! これでは使いたいアプリ(ソフト)を動かすことができません。(更新後、いままでデスクトップにアイコンのあるソフトしか使っていなかったので実害が出ていなかっただけ)

症状はこうです。
タスクバーのスタートボタンを左クリックしても反応がありません。右クリックはできますので、「プログラムと機能」を始め、「電源オプション」、「デバイスマネジャー」等は表示されます。さらにキーボードのスタートのところを押しても無反応です。

検索して調べると、<snipping tool は、スタートボタンを左クリックして現れる「すべてのアプリ」から「snipping tool」を検索・クリック>すれば出てくることがわかりました。ところが、肝心のスタートボタンの左クリックができませんからお手上げです。

これはとんでもない不具合では? と思って 「Windows10 スタート画面がでない」で検索すると、Windows10に更新して同じ症状を抱えて悩んでいる人が、多数書き込みしていました。
対処法をアドバイスする書き込みもいろいろありましたが、初心者は尻込みしたくなるような複雑な方法がずらり。しかも「やってみたけどうまくいかなかった」という人も多数います。

そのなかに「最近スタートメニューが表示されなくなりましたが、完全シャットアウト(siftキーを押しながらシャットダウン)をしたら復活しましたよ」という、いたってシンプルな対処法を書いた記事が目に入りまいた。

「これ、最初に試してみよう!、と祈るような気持ちでやってみると・・・立ち上がりに時間がかかりましたが、いままでとはあきらかに違う感触。そして、見事に スタートの左クリックができるようになり、本来の Windows10のスタート画面がでてきました。そして snipping toolも使えるようになりました!

ゴールデンウィーク中、毎日様々なイベントに顔を出す予定を立てていましたが、「これはパソコンと格闘か?」と暗い気持ちにさせられた昨夜。
今朝、上記のとおり解決しましたので、さあ いまから「四天王寺の古本市」→「堀越神社のめだか観察」→「茶臼山経由大阪市立美術館<王羲之から空海へ>」へ出かけてこよう!!

|

04/28/2016

大阪の陣 道明寺合戦まつり

5/3に大阪府藤井寺市道明寺(どうみょうじ)で、開催されます。

http://www.city.fujiidera.lg.jp/soshiki/seisakukikaku/miryokusousei/oshirase/kassenmatsuri2016.html

20161a4_omote_ol


|

マスコミの本分が<権力の監視>というのは正しいか?


外国特派員でそんなことを言っている人は、少数派だそうです。

http://www.sankei.com/premium/news/160428/prm1604280005-n1.html

|

04/27/2016

大阪てらまち歴史自然ウォーク/天王寺7坂


2年前くらいにすべて踏破し、動画「3分間で早わかり!」シリーズ(真言坂&源聖寺坂、口縄坂、愛染坂、清水坂、逢坂、天神坂。そのほか上町台地に偉人を訪ねる=天王寺区編、中央区編=、幸村戦死地 安居神社、藤原家隆の墓等)を youtubeにアップした 天王寺7坂。

パンフレットがありましたので、もらってきました。

Simg_20160427_0003


Img_20160427_0004


Img_20160427_0005


Img_20160427_0006


|

大坂の陣終戦祈念講談会


先日、堀越神社に行ったとき置いてあったイベントのちらし。
大坂夏の陣から401年、激戦地・茶臼山の堀越神社で終戦日5月8日に、講談会がおこなわれるそうです。

Img_20160427_0002


|

韓国人が世界で2番目に行きたいのは 大阪?


日本大嫌いの韓国人が行きたいのは、パリに次いで、大阪だそうです。東京も九州の都市も10位以内に入っていません。
一方、日本旅行に出かけた韓国人74万8000人のうち、京都・神戸を含む大阪方面が41%でトップ、北部九州方面26%、東京方面 6%、沖縄方面6%だそうです。
大阪の人気が高いのは、都市の性格が異なる京都・神戸・奈良が近く、多様な旅行日程を組めるからだとか。
4/27付産経新聞から。

Img_20160427_114302


|

ジャガイモの芽、毒がなくなる!? 奈良先端大が青トマト遺伝子発見

4/27付産経新聞の記事です。未成熟の青トマトに含まれる毒性成分を合成する遺伝子を、奈良先端科学技術大学院大の庄司翼准教授らのチームが発見しました。応用すれば、ジャガイモの芽に含まれる毒の抑制にも応用できるそうです。

産経新聞Web版
http://www.sankei.com/photo/daily/news/160426/dly1604260024-n1.html
大学のプレスリリース
http://www.naist.jp/pressrelease/2016/04/000792.html
日経新聞Web版
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H2D_X20C16A4000000/
奈良新聞Web版
http://www.nara-np.co.jp/20160427090650.html
47news
http://www.47news.jp/smp/localnews/nara/2016/04/post_20160427115530.html

Img_20160427_132148


|

シベリアというケーキ orパン


きょうの「とと姉ちゃん」に「シベリア」が出てきました。明治後期から大正にかけて、どこのパン屋さんでも売っていたという、パンと羊羮が合体したような和菓子です。以前、山崎パンの「シベリア」という変わった名前のパンを買って食べたことを思い出しました。あらためて名前の由来を調べると、いろいろ説があるようです。
http://www.geocities.jp/coty_bakery/sub1.html

|

04/26/2016

きょうもしみじみ <緑の丘>を聴く

何度聴いても、心に響きます。小田和正 作詞・作曲<緑の丘>。youtubeの 背景映像がまたいいんですね。

♪ なだらかな 坂道を 上れば 川内
♪ 広瀬川から幾重にも 重なる・・・

50年前の通学風景を思い出します。

♪ 目に浮かぶのは 忘れ得ぬ 立ち並ぶ 白い教室

映像が、カラーからモノクロに変わり、あの懐かしい、米軍が使っていた建物を教室に転用した教養部のカマボコ型校舎が・・・。そして、チャペルと呼んでいた、元教会の大きな階段教室がでてきます。

♪ そして また 友たちと 語らうは はるかな夢

懐かしさがぐっとこみ上げてくる旋律です。

♪ この街に 愛されて この街を 愛して ・・・


最後は
♪ そして いつか 杜の都 仙台は ふるさとに なってゆく

長い人生の一部に過ぎない学生時代を、見事に蘇らせてくれる歌の力はすごい!
作詞・作曲者が、私と同じ時期・同じ所で学んだので、共通した意識を持っているのかも知れませんが。

|

久宝寺緑地・シャクヤク園、きょうの開花状況

大阪府メルマガに、「久宝寺緑地のシャクヤク園 公開 4/23~5/15」の記事を見つけて「これは是非見に行かなくては!」
なにしろ2,300㎡の敷地に48種類1,600株、50,000輪のシャクヤクが咲き誇るというのですから!

ということで、きょうの午後、バス-地下鉄-バスを乗り継いで現地に行ってみると、まだほとんどつぼみ状態。50,000輪のうち、花が咲いていたのはわずか20~30輪くらい。HPに「本日の開花状況」欄はなかったのですが、公開4日目ですからもう少し開いているかと思ったのですが、残念でした。

大きなつぼみが無数にありましたので、満開になったらさぞかし壮観でしょう。手入れをしていた女性に聞くと、「満開は 5/5~5/7頃でしょうか」とのこと。このままではくやしいので、再チャレンジを計画しなければ!

ことし、春から初夏にかけて見たい花は・・・
桜 : 滋賀県の海津大崎の桜(日本桜名所100選)と造幣局桜の通り抜け →済(造幣局は公開前の少々早すぎる桜 北の100mほどを)
卯之花 : 5/9の住吉大社卯之葉神事のとき、境内の卯之花苑で (予定)
カキツバタ : 5/9の住吉大社卯之葉神事のとき、浅沢社で(予定)
その他、中之島バラ園のバラ、城北公園菖蒲園の花菖蒲も見に行けるといいな。

写真は、つぼみだらけのシャクヤク園、数少ない開花したシャクヤクのいくつか、久宝寺緑地に咲き乱れる花いろいろ。

Sp1180718


Sp1180696


Sp1180712


Sp1180710_2


Sp1180705


Sp1180695_2


Sp1180736

Sp1180735


|

大坂の陣 茶臼山に直結する入り口ができた

大坂冬の陣で、徳川家康が本陣をかまえ、夏の陣で真田信繁(幸村)が本陣をかまえた茶臼山。
天王寺公園の中ですが、いままでぐるっと回って、市立美術館の前を通って行かなければなりませんでした。

ところが、大河ドラマ「真田丸」のおかげでしょうか、今年3/19に谷町筋の堀越神社北隣に、「天王寺公園茶臼山エントランス」がオープン、目の前がすぐ茶臼山です。芝生の広場には、「大坂の陣の石碑」が建ち、横の階段を昇れば、そこはもう400年前、家康・信綱が戦った戦国の世界!
周回道路がつくられ、てっぺんまで登るのも楽々。

気軽に行けるようになりましたので、ぜひどうぞ!!

P1180638


P1180641


P1180644


P1180662


P1180664


|

講演<加島屋久右衛門と黄金茶碗> その2


講演のアウトライン。

1.広岡浅子と加島屋久右衛門
広岡家と京都の三井家は代々関係があって、浅子の前にも、2人三井家から嫁入りしていたのですね。

2.加島屋と黄金茶碗
明治になって、冷え切っていた加島屋-長州藩の関係を新時代に合わせて再構築しようとした。そのためのシンボルだった。
昭和2年の金融恐慌で加島銀行が経営破たん、道具類を住友家が落札。
その後のいきさつは不明だが、現在、奈良の依水園・寧楽美術館が所蔵。
3.江戸時代の大坂
大坂の役割、蔵屋敷と御用達商人

4.加島屋久右衛門家の家業
米商人(蔵元)、入替両替、大名貸

5.加島屋と長州藩
6.蔵屋敷の解体
7.山口での会談

8.明治初年の御頼談と黄金茶碗
加島家当主・広岡正たかと毛利藩主・毛利敬親の両リーダーが相次いで死去、そのうち廃藩置県で藩自体がなくなり、大阪の蔵屋敷も東京に移ってしまった。全国の物産が大阪に集まることもなくなり、藩の特産物を独占的に取り扱うこともできなくなった。このほか大名の御用金を踏倒され、大坂で流通していた銀目が廃止され、取り付け騒ぎがおきたり、幕末および明治新政府から莫大な金を出さされたことなどもあり、明治30年代になるまで、大阪経済は復活しなかった。
結局、黄金の茶碗は一度も活躍することなく、歴史のなかから消えてしまった。

|

04/25/2016

韓国守る必要なし、トランプに喝采送る米国民の本音


http://www.sankei.com/west/news/160425/wst1604250006-n1.html

|

合流で支持者離れを起こした民進党、最新世論調査


http://www.sankei.com/premium/news/160425/prm1604250019-n1.html

|

ポテトチップスが 3,400円?


買う気がしないけど、どんな味かと気にはなる。


http://www.sankei.com/life/news/160425/lif1604250009-n1.html

|

三浦綾子さんの<細川ガラシャ夫人>

キリスト者・三浦綾子さんが、昭和48年1月~50年5月まで、2年5カ月にわたって、「主婦の友」に連載した、初めての歴史小説です。
先日、大阪市中央区の玉造を歩いて、石田三成の人質になることを拒んだ細川ガラシャ夫人が亡くなった「越中井(えっちゅうい)」(ガラシャ夫人の夫・細川越中守忠興の屋敷跡)や ゆかりの聖マリア大聖堂(カトリック玉造教会)を見て、詳しいことを知りたいと思い、図書館から借りてきました。

彼女の筋の通った生き方、波乱に満ちた一生は、大河ドラマに最適、京都の関連地元がNHKに要望しているようですから、何年か後には実現するのではないでしょうか? 大阪市や高山右近の高槻は、運動に加わっていないのかな?

Img_20160424_234511


|

04/24/2016

長寿を祝う、呼称の由来


堀越神社にわかりやすく解説した大きな看板がありました。

古希70歳=杜甫の詩「人生70古来稀なり」から。
喜寿77歳=喜の字を草書体にくずすと、七の下に七七と書くため
傘寿80歳=傘の略字が八の下に十
米寿88歳=米の字を分けると八十八
卒寿90歳=卒の略字が九の下に十
白寿99歳=百から一をとると白
知らないと恥をかきそうなので、覚えておこう。

P1180617


|

元祖竹本義太夫生誕地


天王寺駅から谷町筋を堀越神社方向に歩くと100~200mくらいのところに、元祖竹本義太夫生誕地の碑があります。
3月まで放送されたNHKテレビ「ちかえもん」にも出てきた浄瑠璃語り、「竹本座」を始めた人です。竹本座跡の碑は道頓堀にありますね。

Sp1180612


|

大阪・堀越神社


天王寺区の堀越神社に出かけました。

境内に熊野詣の第1王子(休憩所)がありました。本来、天満にあったものですが、四天王寺西門鳥居近くの熊野神社に移り、その後、堀越神社に合祀された、と書いてありました。
かえるの形をした「かえる石」もありました。
境内のつつじは満開まであと少し。

P1180614


P1180637


P1180634


P1180627


P1180628


1p1180632


|

花より団子? 日本から贈られた桜の木の運命やいかに


4/24付産経新聞「イタリア便り」に現地在住の坂本鉄男氏が書いている思わず笑ってしまうお話。同氏が以前、イタリアの山奥の町で「日本人の桜花を愛でる伝統と文化」について講演した後、町長がこんな挨拶をしたそうです。
「永年のわれわれの疑問がやっと解けました。日本人が桜の実ではなく、花を愛することがよくわかりました」。
この町は有名なサクランボ産地。かつて東京都からイタリアに贈られた桜の苗木の一部が、大物政治家の斡旋で、この町に分け与えられました。町民一同、日本の桜がどんなに素晴らしいサクランボを実らせるかと楽しみにしていたところ、売り物にならない小さな実しかつけません。結局、伐採されてしまいました。
国民性の違いなのか、説明が足りなかったのか・・・。

|

伝統の胃腸薬<陀羅尼助>が飴になった


子供の頃、置き薬の中にあった竹の皮にはさまれた、真っ黒のにがーい板状の懐かしい胃腸薬。いかにも昔から山伏が薬草を煎じて作っていたような、おもむきのある伝統薬です。その後、丸薬になって飲みやすくなりましたが。

ここで、関係ない話題をひとつ。薬を飲むは、英語でtake medicine。drinkでもeatでもありません。スープはカップから飲む時はdrink、皿から食べる時は eat。先週のNHK<あさイチ>の辞書紹介のコーナーで出てきました。

その陀羅尼助(だらにすけ)、四天王寺西門 (石の鳥居)そばの薬屋さんで売っています。買ったことはありませんが。それが今回、UHA味覚糖の飴となって発売されたそうです。苦くないのかな。4/24付産経新聞。


Img_20160424_100834


|

異例のスピンオフ、<あさが来た、割れ鍋に閉じ蓋>

4/23夜のNHK-BSP「あさが来た」のスピンオフ、ふゆと亀助の結婚を大阪にやって来るふゆのお父さんに許してもらうまでの物語。いつものスピンオフと違ったのは、ドラマ半年間の総集編的なVTRが挿入されたこと。しかもテーマ別に。懐かしい名シーンが次々出てきました。

最初は、「あさ/波瑠 新次郎/玉木宏」の<でこぼこ夫婦の 波乱万丈の道のり 手をさずさえて 駆け抜ける これは愛の物語>
次が「さまざまな愛」 <はつ/宮崎あおい 惣兵衛/柄本佑>
さらに「夫婦の愛」 <梨江/寺島しのぶ 忠興/升毅、菊/萬田久子 栄達/辰巳琢郎、よの/風吹ジュン 正吉/近藤正臣>
その次が「師弟の愛」<五代友厚/ディーン・フジオカ あさ/波瑠、成沢/瀬戸康史 あさ/波瑠>
そして「ふれあう心が新しい愛を生む」<うめ/友近 雁助/山内圭哉、ふゆ/清原果那 亀助/三宅弘城、さき/柳生みゆ 榮三郎/桐山照史、宣/吉岡里帆 千代/小芝風花、千代/小芝風花 啓介/工藤阿須加、美和/野々すみ花 平十郎/辻本茂雄>
最後に「あさ/新次郎 愛の軌跡」が流れます。

|

04/23/2016

トモダチ作戦を展開したエルドリッヂ氏は、オスプレイ批判に

去年、大阪大学中之島センターで開催された同志社大学学長(当時)村田氏の講演を聴いたとき、パネリストの一人だったロバート・エルドリッジ氏が、「イデオロギーのために次の災害で同胞を犠牲にするのか、そこまで最低に堕ちているんですか」と怒っています。


http://www.sankei.com/premium/news/160423/prm1604230026-n1.html

|

表現の自由に関する国連報告は公正なのか?

ケイ氏が面接した多数のジャーナリストとは誰だったのか、人選は誰が行ったのか。それを明らかにすべきでしょう。「指定してきた面会日時が、国会出席と重なったため会えなかった」(本人の反論)のに、「高市総務大臣に面会を断られた」と記者会見で発表したのも不思議。

日本のテレビで一方的な報道が禁止されているのは、放送法で規制されているから。限られた電波を独占的に使用するテレビは、公正な報道をする必要があるという理屈です。
お手本になったのはアメリカ。以前のアメリカでは、異論がある場合、必ず平等に同じウエイトで取り上げなければならなかったそうです(辛坊治郎さんの解説によれば)。アメリカではその後、ケーブルテレビの発達により、法律が改正され、各局が自分の主張を放送できるようになりました。日本でも法律を改正すれば、いまの新聞のように一方的に肩入れした報道が可能になります。まず法律改正が必要、それだけの話。

次のように、報道機関への圧力はないと断言する新聞もあるのですから。


http://www.sankei.com/column/news/160423/clm1604230004-n1.html

|

04/22/2016

中之島バラ園のいま


中之島のバラ園の見ごろ春が5月上旬~6月中旬、秋が10月下旬~11月中旬です。
いまどうなっているのかな、と思ってきょう行ってみました。
さすがに、まだしっかりつぼみ状態でした。

背の低い(橋の下をくぐれるように)観光船が、すぐそばを通過していきます。乗船客の何人かが手を振ってくれたので、こちらも振ると、その船に乗っていた十人以上の乗船客がいっせいに手を振ってくれました。
こちらは一人なのに。

Sp1180606


Sp1180607


|

共同・東京・朝日新聞のスタンスがよくわかる中谷大臣とのやり取り

この記者たちにとって、被災者救援はどうでもいいことなのでしょうか?


http://www.sankei.com/politics/news/160422/plt1604220033-n1.html

|

懐かしいなあ、あの千葉麗子さんの名前発見


http://www.sankei.com/life/news/160422/lif1604220015-n1.html

|

細川ガラシャが、玉造のあの場所に住んでいた経緯がわかった


先日、大阪市の玉造(たまつくり)を散歩したとき、細川忠興・玉子(ガラシャ)の邸宅跡がありました。今読んでいる小説「細川ガラシャ夫人」の中に、玉造に邸宅をつくるようになった経緯が出てきました。
玉子の父は明智光秀、秀吉に殺されることを恐れた忠興は、玉子を行方不明と欺いて丹後・宮津の邸宅から山深い味土野に隠します。

1年後、諸将を大坂城のまわりに置いて忠誠を誓わせたい秀吉は、忠興にこう言います。「そなたの奥は行方不明とか。不自由であろう、わしが媒酌してやる。女は味土野という山奥におるわ」。秀吉はすべて知っていたのです。

さらに「そなたの屋敷は、玉造に決めよう。新邸成ったあかつきには、遠慮なく妻子を呼び寄せよ」。
こうしてあの地に、細川邸が造られたのですね。

細川屋敷跡の写真


http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/11798/13686/84840116

|

歴史秘話ヒストリア、きょうから案内役が井上アナに

衣装担当が篠原ともよ、予告動画も漫画チック。つい先頃まで「表千家茶道講座」におしとやかな着物姿で登場していた井上アナがド派手な衣装で出演?
きょうのテーマユニーク。


http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/historia/

|

さすが<真田丸>ブーム、大阪の陣 地形散歩申込みは倍率5倍超


大阪歴史博物館主催の「なにわ考古学散歩 地形からみた大坂の陣攻防」に参加を申込んでいたのですが、落選通知が来ました。
5月の日曜日ごとに、研究者の案内であちこちまわる本格的なもの。「真田丸」ブームもあり、こういうイベントは人気がありますね。
定員30名に、160名を超える応募があったそうです。

葉書の最後には、9/17~11/6まで開催されるNHK大河ドラマ特別展「真田丸」のPRも。

|

04/21/2016

きょうのNHK BSP<こころ旅>は、山梨の桃畑

3年前、お父さんのガン治療帰りに桃の収穫中、火野正平さんのロケ一行と出会った娘さんからお便りをもらって、火野さんが現地を再び訪問します。桃の花がピンクの絨毯のように美しい・・・

「父はあの後、亡くなりました。今度、また山梨をまわられることを知り、ぜひ桃の花いっぱいのあの畑も訪れて下さい」。当時放送されたビデオには、お父さんから桃の実のちぎりかたを教えてもらって収穫する火野さんの姿と、お別れのとき飛んできて握手する娘さんが映っていました。

たまたま車で通りかかった近所のおばさんから「お父さんの葬式に、<こころ旅:>のビデオが流れました。娘さんは結婚してこちらには住んでいません」。ちょっぴりがっかり?した火野さん。

3月下旬、「あら川の桃」で有名な和歌山線沿線を電車で通過した時、左右の車窓に続いた桃の花を思い出します。

|

これ関西弁?


facebookの言語を「関西弁」にしていますが、コメント着信の連絡が、「××さんが自分の書くでーについてええやん言うてるで」に変わったことに気付きました。以前は「書くでー」じゃなかったけど、なんだっけ?

|

その表現、重なっていますよ


日常会話の中で、ついつい言ってしまいそうな間違った使い方です。

1.読経をあげる 、2.従来から、3.景気回復に冷や水をさす、4.積載物が一方に偏る
いずれも間違い。同じ意味の言葉が重なっています(重語)。

正しくは、1.読経する(「読経」は「声をあげて経を読む」行為)、2.以前から(「従来」は「以前から今まで」。「から」が入ると重語になる)。3.水をさす(「冷や水(をあびせる)」は相手の意気込みをくじくような言動をする」という意味なので、例文の場合、意味が通じない)、4.片寄る(「偏る」は「中立でなくなる、標準からずれる、偏在」)。
4/21付産経新聞夕刊「日本語知っ得メモ」から。

|

アブ一匹だけ 乗せて 飛行機が飛んだ、こんなことが?!



http://www.sankei.com/west/news/160421/wst1604210059-n1.html

|

04/20/2016

講演<加島屋久右衛門と黄金茶碗> その1


4/19(火)10:10~11:30、大阪市住吉図書館で開催された講演会に参加しました。講師は、奈良県立大学教授 野高宏之氏。
加島屋を起源とする大同生命の方もお見えになっていました。

野高先生と加島屋のかかわりは、奈良の寧楽(ねいらく)美術館から所蔵している黄金茶碗の鑑定を依頼されたことから。箱書きに「明治元年11月、長州藩の山県弥六と白根多助が、銀談(金を借りる打ち合わせ)のために来阪し、黄金茶碗を贈った」と書いてあるが、これは事実だろうか?というわけです。
野高先生は、広岡家や関連の古文書を調査され、加島屋の当主・広岡久右衛門が長州藩(萩)藩主・毛利敬親から、拝領したものであることに間違いないことを確認されました。
先生は、「長州藩藩主が、なぜ黄金茶碗という異例の品物を加島屋当主に贈ったのか」について、研究論文にまとめられています。この日の講演はその内容がテーマです。

今年、黄金茶碗が寧楽美術館で5年ぶりに公開されたようです。残念ながらすでに終わっていますが・・・(産経新聞、毎日新聞の記事参照)


http://www.sankei.com/west/news/160114/wst1601140018-n1.html

http://mainichi.jp/articles/20160115/ddl/k29/040/578000c

ついでながら、こういう大きなテーマがなぜ大阪市立中央図書館でなく、直接関係なさそうな住吉区の図書館で開かれたのか、住吉図書館の方(もしかすると館長?)に聞いたところ、
「ぼくが先生を存じ上げていたからです。それと実は、ドラマであさの姉・はつが嫁いだ山王寺屋のモデル・天王寺屋は住吉区遠里小野の出なのです」。

|

<365日の紙飛行機>で大阪環状線+関西空港線の駅名


初音ミクの声で、ちゃんと歌になってる!

https://www.youtube.com/watch?v=pzUyqs1PWgo&index=4&list=RDptj03bORmgY

|

庚申信仰とその美術


4/28に大阪歴史博物館で講演会が開かれます。
講師は、四天王寺執事・四天王寺大学客員教授・南谷恵敬氏。
「大阪の人々に親しまれている庚申まいり」とは何か? よく知りませんので聴きに行ってこようかな。

Img_20160419_0004


|

造幣局の鋳造場玄関だった旧桜宮公会堂


泉布館の隣に、造幣局(当時は造幣寮)の鋳造場玄関、その後、明治天皇記念館玄関、桜宮公会堂があります。
現在は、レストランや結婚式場として利用されています。

P1180197


P1180201


P1180203


P1180196


|

造幣局の迎賓館だった泉布観


現在は道路を挟んで造幣局正面の真ん前にあるのが、かつて造幣局迎賓館だった泉布観(せんぷかん)。明治天皇も3回泊まられています。泉布簡と命名されたのも明治天皇です。
何年か前から一般公開日に、応募して当選した人が内部を見学できるようになりました。現在、構内に入って外から見るだけならOKになったと、前造幣博物館長さんの講演会(住吉図書館、3/24)で聞いて、3/31に造幣博物館見学前に寄りました。


P1180191


P1180189_2


P1180207


|

けさの<曽野綾子の 透明な歳月の光>


日本人に欠けたサバイバル力を回復させなければ、というテーマの文章です。またいつものように、皮相的な理解で紋切り型の批判をする人が出てくるでしょう。そんなこともあってか、最近、Web版に曽野さんの執筆記事が転載されなくなったような気がします。「読みたければ、お金を払って新聞を購読して」ということかな。

ところで、写真は記事の前半部分。日本のマスコミは、権力批判はするけど、いいところをほめない。まるで野党の政党機関紙みたい。 オスプレイ投入への批判は、災害救助の妨害だし。

S_img_20160420_141528


|

東海道は57次? 最終地 守口宿がアピール


東海道は53次じゃなくて、伏見、淀、枚方、守口が追加されて、57次になっていた?
4/20付産経新聞記事。


S_img_20160420_114233


|

新ドラマ<重版 出来!>がおもしろい


元気とパワーを与えてくれるドラマです。次々登場しつつある春の新ドラマの中では、いまのところベストかな。
生き方と仕事への取り組みについて、考えさせてくれます。
第2話は、出版社の新人・黒木華のポジティブで行動的な動きが、書店から幽霊営業と陰口を叩かれていた先輩ダメ男性社員を目覚めさせる物語。(インターネット「ティーバ」でも見られます)

http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/

|

大阪市立美術館80周年記念特別展 王羲之から空海へ


4/12~5/22 大阪天王寺公園内 大阪市立美術館にて。
書聖たちの傑作、大阪に集結!
日中に名筆 漢字とかなの競演
月曜日は休館です。Img_20160419_0003


|

真田幸村、九度山から大坂城へ駆けつける を実体験するイベント

足に自信があれば、応募したいところですが・・・

幽閉先の九度山から抜け出して、大坂城に駆けつける行程を自分の足で歩こうというイベントです。一度には無理ですから、6回に分けて幸村を偲びながら観光ガイドと歩くウォーキング企画。

第1回 5/14 九度山から紀の川を目指す、第2回 6/11 幸村・最初の難関! 紀見峠越え、第3回 7/2 奥河内到着! 楠木正成の戦術を学び、徳川撃退の秘策を考案、第4回 9/24 ここからが正念場! 幸村・狭山路から堺へ、第5回 10/29 堺で軍装を改め、大坂へ北上、第6回 11/26 入城目前! 天王寺からいざ大坂城へ!

Simg_20160419_0001


Img_20160419_0002


|

04/19/2016

500円玉用財布が出てきた


冬用の衣類から春用に替えて良かったこと。無くしたと思っていた「500円玉用財布」がポケットから出てきた。

Img_20160419_193349


|

三毛猫 フク がもたらす福

出雲大社の迷い猫発見のニュースは見ましたが、その後日談があったとは・・・
それにしても、なんと立派なフクちゃんの姿勢。


http://www.sankei.com/west/news/161213/wst1612130002-n1.html

|

Windows10に切り替えたのはいいけれど


なんの予備知識もなく切り替えて、はたと困ったのが、「パソコンの終了の仕方がわからない!」
いままで使っていた 7 のように、スタートメニューがでてきません。どうしたらシャットダウンできるのかわからず、しばらく困りました。

検索して調べると、「スタートボタンを右クリック→シャットダウンまたはサインアウト→シャットダウンの順に操作」すれば、いいことがわかって解決。

操作方法や画面表示の違いだけでなく、新しい機能も追加されているでしょうから、勉強しなくては・・・

|

04/18/2016

大阪の女=おもろい は大いなる誤解?


日文研教授の井上章一氏が、産経新聞夕刊に「大阪まみれ」という連載を執筆していますが、「大阪の女=おもろい」という見方は、昔はなかった。新しくこしらえられたものだ、という説を述べています。
きょうの記事はその続き。作家の谷崎潤一郎の文章「私の見た大阪及び大阪人」(1932)を引用しています。
彼は関東大震災に見舞われ、関西に逃げてきて、東京に帰らず、阪神間に新居をかまえました。その谷崎は・・・

<関西の婦人は凡(すべ)てそういう風に、言葉数少なく、婉曲に心持を表現する。それが東京に比べて品よくも聞え、非常に色気がある。・・・猥談などをしても、上方の女はそれを品よくほのめかしていう術を知っている。東京語だとどうしても露骨になる・・・>

大阪の女たちは、抑制のきいた静かな物言いを好むというのですから、昨今の大阪女性のイメージとは、正反対のおばちゃんたちです。

いくら船場あたりの上品な奥様やお嬢様が多く移り住んでいた阪神間で暮らしていたとはいえ、「谷崎の表現のなかに、今日的な見方がまったく触れられていないということが、当時、大阪女性の陽気な開放性を強調する一般通念は、まだできていなかったと言うしかない」。

さすが、井上先生。おもしろい事実を指摘しています。

|

Windows10に更新


昨夜23時過ぎから1時間半あまりかけて、Windows7から 10にアップグレードしました。完了まで何もすることなし。そのあとパスワードを登録したり、若干のインプット作業があるだけ。

多少デザインが変わりましたので、まだ慣れませんが、今のところ問題は出ていません。昔使っていたソフトの中には、使えないのがあるかもしれませんが、毎日使っている画像処理や動画作成ソフトはそのまま使えそうなので、一安心。アンチウイルスソフトは、事前に拡張料金を払ってWindows10対応版に更新しました。
有料化する前には更新しようと思っていましたので、今回の「強制予約」方式はその踏ん切りのきっかけにはなりました。

|

真田幸村と戦国わかやま物語


大河ドラマ「真田丸」を機に、和歌山県が観光PRに力を入れています。これは九度山や高野山等の真田幸村ゆかりの史跡を中心に、大阪や信州上田の史跡・真田幸村系譜等を A4 32ページのオールカラーで紹介した無料の豪華観光パンフレットです。

Img_20160418_075858


|

テンシバ(天王寺公園エントランス)、開業6カ月の入場者が4倍 208万人に


開業6カ月の入場者数が前年比4倍になったそうです。広大な芝生広場に変わり、有料から無料になり、遊べる施設やレストラン、コンビニができ、イベントが増えた効果です。これから外人用のゲストハウスなども造るそうです。
近くのあべのキューズモールもリニューアルし、100店舗が入れ替わり。ディズニーストアやスヌーピーショップも登場します。
天王寺・あべの地区は、10年前とは様変わりです。

|

04/17/2016

けさの読売新聞西部本社紙面



http://www.yomiuri.co.jp/feature/shimen/20160416-OYT8T50017.html?from=ytop_navl

|

人間最大の悪は鈍感


今朝、テレビをつけたら野村元監督が話していました。
「人間最大の悪は鈍感。なーんにも気がつかない。感性のある男は、(気がついて努力するので)必ず伸びる。阪神も(金本新監督の超変革で)いい方向に向かっていますよ」
こんなことも。
「組織はリーダーの力量以上には伸びない」
次々、体験に裏付けられた名言が出て来るのは、さすが。

|

04/16/2016

本能寺の変


いま読んでいる「細川ガラシャ夫人」(三浦綾子)、玉子(ガラシャ)の父・明智光秀が本能寺で織田信長を討ったとの知らせが、細川家に届いたところです。
このあと、光秀が安土城を攻めて、織田方が大勢亡くなります。この時の血で染まった材木を使って修理されたのが、先週4/8に行った湖西線マキノの海津大崎・大崎寺の阿弥陀堂。
3/20と3/27には、高槻で高山右近像や基督教会、しろあと歴史館で高山右近の業績展示を観ました。
さらに3/21には、大阪市玉造で、細川ガラシャの邸宅跡とマリア聖堂(教会の入口にガラシャと右近の像、教会内正面中央にマリアさま・ガラシャ・右近をテーマにした大きな絵があります)を訪ねました。

このところ、明智光秀・細川ガラシャ・高山右近づいています。
もちろん、去年から引き続いて、「あさが来た」および「真田丸」の史跡めぐり・講演会・講座・展示会参加も大きなテーマです。

|

受験の季節が終わったら 安売りしてた

「勝っぱえびせん」 by Calbee

Img_20160416_160958


|

造幣局講演会と造幣博物館見学記 その8


世界のコインにもいろいろあるもので、いちばんビックリしたのは超有名かつレアなバイオリン付きコイン。もちろんコインに封入されているミニチュアのバイオリンですから、取り出して演奏できるわけではありません。
ストラディバリ「レディブラント」(木製レプリカが封入されたコイン)

P1180294


|

04/15/2016

三重県の全国ブランド


4/15付産経新聞の「迫るサミット 三重 目指せメジャー県/全国ブランド多いのに・・・情報発信に課題」という記事が掲載されています。「三重県が誇るモノ・コト」という表には、伊勢神宮・鈴鹿サーキット・鳥羽水族館(国内唯一 ジュゴン)・あご湾(リアス式海岸、真珠)・ナガシマスパーランド(国内2番の広いアミューズメントパーク)・伊賀流忍者・松阪牛・伊勢海老・天むす(名古屋でなく、津発祥)・赤福餅・おやつカンパニー(ベビースターラーメンなど)・井村屋グループ。
最近、私も井村屋の「やわもちアイス」のファンですが。

|

また載ってる、<加島屋久右衛門と黄金茶碗>


けさの産経新聞「メッセージボード」に、4/19の講座「加島屋久右衛門と黄金茶碗」(大阪市立住吉図書館)の 案内がまた載っています。今まで中央図書館の行事予定は新聞記事で見たことがありますが、区の図書館はあまり記憶がありません。しかも2回も。別に新聞社主催でもないのに。
講師は、中央図書館で毎年古文書初級講座の講師をされている(私も去年、一昨年続けて受講しました)奈良県立大学の野高宏之教授。
「あさが来た」は終わりましたが、まだまだ関連イベントは続いています。

|

04/14/2016

朝ドラの名ヒロイン、相次いで民放ドラマに登場

昨日から日テレ系で始まった「世界一難しい恋」、「あさが来た」の波瑠さんが出ています。恋愛偏差値最低のセレブ社長 大野智が、一目惚れする途中入社の女子社員役。一方、4/17からフジテレビ系でスタートする「Our House(わたしたちのいえ)」には、「マッサン」のシャロやん(シャーロット・ケイト・フォックスさん)が登場します。父子家庭の大家族に、アメリカからやって来た新しいママ役として。セーラー服姿の芦田愛菜とのやり取りは? ほっこりするドラマだそうです。
どちらも楽しみ。

朝刊をみると、きょうからフジテレビ系で始まる「早子先生、結婚するって本当ですか?」には、ちょっと古くなりますが、「ゲゲゲの女房」の松下奈緒さんが主演です。

|

04/13/2016

WIN10へ強制切り替え?

パソコンをONにしたらいきなり「あなたのパソコンのWin10への切り替えは、4/15(だったかな)23:00~です」という表示が出ました。MSが勝手にWin10に切り替えてしまう方針を打ち出したことを知っていましたので、「ついにわが家のパソコンも・・・」。

今まで使っているソフトがすべて互換性があるかのかどうか? 最近よく使っている、MSの動画作成ソフトは大丈夫でしょうか。昔、愛用していたMSの写真加工ソフトが、OSのグレードアップに伴ってサポート中止になり、困ったことがあります。だからちょっと心配。

ウイルスソフトは、ソースネクストの「ゼロ ウイルス セキュリティ」を使っていますが、そのままでは Win10に使えず、1,598円払って拡張しました。これで現在のパソコンが壊れるまで(たとえOSが変更になっても)追加料金なしでずーと保証されます。もともと毎年更新のソフトだったのですが、ある時、追加料金なしの10年間保証(自動更新)へと進化し、今回、パソコンが同じなら一生保証になりました。もっとも今までパソコンを買い替えても継続できましたが、今後は新たに契約する必要があります。

|

これは怖い! 高所平気症


2,3日前に43階から 6歳の女児が転落死亡した建物は、1年前に入院していた病院の窓から毎日眺めていた近くのタワーマンション。

http://www.sankei.com/west/news/160413/wst1604130047-n1.html

|

上野・寛永寺は延暦寺、不忍池は琵琶湖。江戸につくられた上方テーマパークだった


けさ(4/13)の産経新聞で「へーえ」と思ったのがこの記事。上野・寛永寺が比叡山延暦寺の丸写し、実際に幕末まで延暦寺の座主が寛永寺の住職を兼ねていた、不忍池は琵琶湖に見立てられ、境内にミニ清水寺までつくられた・・・知りませんでした。

Img_20160413_100833


|

加島屋ゆかりの黄金茶碗! この記事はまずい


今朝の産経新聞・大阪総合面に、19日に住吉図書館で開催される講座「豪商・加島屋久右衛門と黄金茶碗」が紹介されています。先着50人しか入れないのに、こんな大きな記事にされると困る?なあ。


Img_20160413_100815


|

04/12/2016

安土城の血の板材が琵琶湖湖北に残っている

日本さくらの名所100選の海津大崎の大崎寺で珍しい歴史の遺物を観ました。
阿弥陀堂に「安土の血天井」と書いてありました。説明文によると・・・

天正10年6月2日、明智光秀が主君織田信長を京都本能寺に殺害したのち、信長の居城安土城を攻めました。城を守っていた蒲生賢秀は信長夫人、幼児らとともに日野城に逃げます。襲撃の目的が達せられなかった光秀は、せめて金銀を奪って家臣に与えようとしたため、攻撃は惨を極め、城に残っていた信長の家臣たちは、みな奮戦の後、切腹して果てました。

豊臣秀吉は、この時戦死した人々の菩提を弔うため、その忠血で彩られた城材を使って、大崎観音堂の修繕をし、法要を営みました。
これが「安土の血天井」と呼ばれ、その後、阿弥陀堂に移されたそうです。

そのほか、湖北には水害から家々を守るために造られた石積みや、その功労者の顕彰碑がありました。歴史に彩られた集落ですね。(「義経の隠れ岩」はきのう紹介しました)

Sp1180556


Sp1180557


|

04/11/2016

義経の隠れ岩


海津大崎にあった岩。義経が都落ちしたとき、この岩に隠れたそうです。謡曲「安宅」にもでてくるとか。

Sp1180525_2


Sp1180526


|

和歌山県JR橋本駅ホームの椅子は 紀州材


3/30に橋本駅のホームで座った椅子は、厚さ6cmもある紀州材でつくられた旅行者用椅子。ホームにたくさん設置されていました。
地元の木材を使った、心温たまる椅子でした。

Sp1180159


|

白いイチゴ


きのうスーパーの果物売り場に「白いイチゴ」が並んでいました。「淡雪」という品種でした。イチゴはやっぱり真っ赤でなくちゃ、と思いながら見るだけで帰ってきました。

ネットで検索すると、最近、白いイチゴは話題になっています。糖度が高く、甘いそうです。
「淡雪」だけでなく、「白イチゴ」「雪うさぎ」「天使の宝」等、名前もいろいろ。

http://item.rakuten.co.jp/ookiniya/awayuki2p/

|

動画 たま駅長のTAMADENに乗った


「3分間で早わかり! たま駅長のTAMADENに乗って2016 03 30」

https://youtu.be/pdcMYFb3D5w

|

きょうから<てるてる家族>

2003年、NHK大阪制作の朝ドラ「てるてる家族」のBSP再放送が スタートしました。作家・作詞家 なかにしれいさんの一家をモデルにした、なかにしさんの小説が原作です。石原さとみさんがヒロイン。二女が歌手(いしだあゆみがモデルで、演じるのは上原多香子)、長女がフィギャースケート五輪代表(紺野まひる)など超一流のみなさんです。
石原さとみさんは四女役ですが、宝塚音楽学校を出て、パン屋になるという変わり種。モデルは、元歌手のお母さん石田ゆりかな。

ドラマのお父さん役は、岸谷五朗、お母さん役は浅野ゆうこ。その他、今はなき桂米朝さんや大村昆さん(こちらはお元気)など懐かしい顔ぶれがいっぱい。

|

海津大崎(マキノ)で買ったもの

でっち羊羹、花見団子、草餅。

Sp1180602jpeg


|

04/10/2016

自民大敗65議席減、民進74議席増


今朝の新聞に掲載されている「週刊現代」4/23号の広告見出しです。「7/10 衆参W選挙 意外な結末」という予測記事です。
いよいよ衆参同時選挙が、現実味を帯びてきた? もっとも週刊誌の選挙記事ほどあてにならないものもありませんので、予想結果が正しいかどうかは、開票までのお楽しみ。

|

記述式入試の採点は、これで解決できる


今朝の産経新聞「古典個展」欄に、大阪大学名誉教授・加地伸行先生がお書きになっています。
「今後の入試は、暗記では対応できない記述式に移行すべきである。採点人員不足で時間的に対応できないという反論には、各大学に山ほどいる名誉教授を動員せよ」というもの。阪大の場合、837人いるそうで、そのうち200人も動員すれば、採点は1日で完了する。「名誉教授の大半は、暇をもてあましている。1日だけご苦労いただけませんかと頼めば、みんな喜んで来る」。
「長い人生を生きた名誉教授たちの老身は、常緑樹の松・柏(しょう・はく)に譬えられよう。ほんの1日、世話になった元勤務先のために協力することだ」。そして最後の締めは、「松柏の姿は、霜を経(ふ)るもなお茂る」と。

現段階でのAI活用より、よっぽど現実的だと思うけど。

|

やわもちアイス わらびもち


facebookで「やわもちアイスに、新製品出たよ」、と教えていただいた「わらびもち」。
アイスとわらびもちとはユニークなコラボです。
ぷるんと弾力あるわらびもち。噛み締めるとほのかな甘味が広がってきます。和三盆風味の黒蜜ソースに京きなこ・・・。

美味しい和風スイーツがまたひとつ登場しました。しかも税込100円前後と格安。

S_dsc_0417


|

<真田丸>、きょうから大坂編に突入。紀行の音楽も変わる

大坂登場は、もっと先かと思っていましたが・・・
真田丸の史跡巡りなど、大阪・玉造周辺は、今年何回も出かけました。和歌山県九度山にも3/30に2度目の訪問(最初は2年前の真田幸村シンポジウム)をはたし、あとは大阪東部の真田幸村ゆかりの地を訪れなくては。


http://news.myjcom.jp/drama/story/20160409dyo00m200012000c.html

http://news.myjcom.jp/drama/story/20160409dyo00m200011000c.html

|

04/09/2016

動画 真田幸村の九度山散策2016


「3分間で早わかり! 真田幸村の九度山散策2016 3 30」
https://youtu.be/AQNI50ui028

|

動画 国宝石清水八幡宮・エジソン・飛行神社の街


京都府八幡市は国宝石清水八幡宮とエジソンと飛行神社の街。3/27に訪問してカメラに収めた映像を3分間にまとめました。

「3分間で早わかり! 国宝石清水神社・エジソン・飛行神社の街2016 3 27」
https://youtu.be/YBh65-Y8MNQ

|

動画 日本さくら名所100選 海津大崎 2016

昨日満開宣言の出た滋賀県高島市マキノ町の海津大崎、満開初日の桜です。あわせてマキノの史跡も収録しました。

「3分間で早わかり!日本さくら名所100選 海津大崎2016」
https://youtu.be/hjUXK_vKnBU

|

日本さくら名所100選のひとつ、海津大崎でお花見

大阪の桜は、きのうの雨風でかなり散ってしまいましたが、琵琶湖の北、海津大崎(滋賀県高島市マキノ町海津)のソメイヨシノはきょうから満開です。
琵琶湖岸延々4kmにわたり、華麗な桜のトンネルができていました。
おかげできょうの歩数計は、20,650歩です。

これで今年の春の旅行計画5プランはすべて達成です。
1.広島のお墓参り。
2.四国の2人の孫に会いに。
3.たま駅長のたま大明神に手を合わせた後、九度山に足を伸ばし、真田幸村の史跡と真田ミュージアム巡り。
4.「徒然草」でも有名な石清水八幡宮にお詣り。
5.前々から行きたかった海津大崎の桜の花見。

P1180583


P1180540


P1180537_2


P1180507_2


P1180504_2


|

04/08/2016

造幣局さくらバス


大阪市営バス、つい最近まで「大阪城さくらバス」を運行していたと思ったら、きょうから1週間は「造幣局さくらバス」です。
従来の路線バスの臨時バスを増やすより、ストレートで分かりやすいですね。

Sp1180605


|

04/07/2016

罵詈雑言を言っているのは? でも有権者は左右されない


今朝の産経新聞「阿比留瑠比極言御免」です。


http://www.sankei.com/politics/news/160407/plt1604070002-n1.html

|

インドと中国の違い


4/7付産経新聞「石 平のChina Watch」。
<中国が「野蛮国家」のイメージを毎日のように世界に拡散させているに対し、インドはアジアの平和国家と民主主義国家としての評判を確実に高めている>。


http://www.sankei.com/world/news/160407/wor1604070020-n1.html

|

朝日、毎日の皇室敬語がなってない!


新聞紙面(大阪本社)の見出しは、「朝日の皇室敬語用法にもの申す」 。Webの方がストレートです。


http://www.sankei.com/column/news/160407/clm1604070004-n1.html

|

似てる? 似てない? 五代友厚像

今朝(4/7)の産経新聞大阪総合面の記事です。

「大阪市内には五代像が5ヵ所ありますが、うち1ヵ所は非公開」、として4つの写真が紹介されています。
私は5つ見たことがありますが、最後の1つは、今年「起業家ミュージアム」の特別展会場に出品されていた胸像。撮影禁止でした。あれが新聞記事の「非公開」の1体だったのかどうかわかりませんが・・・。

S_img_20160407_101039


S_dsc_0413


|

04/06/2016

ダイソーの万年筆

ダイソーに行ったついでに、万年筆を探しました。書道にも万年筆にもお詳しい大学教授が、facebookでお薦めの品ですから間違いないはず。なるほど書きやすいですね。
DIMEの付録の万年筆は書きやすいのですが、いつも買っているペリカンのカートリッジはやや高め。こちらは本体と同じく、インク5本で108円と格安。
あれ、もしかすると長さも形もよく似てるので、DIMEの万年筆にも使えるのかな?
ただ、問題がひとつ。最初、カートリッジが本体に入りませんでした。カッターナイフでカートリッジの周囲を少し削ると入りましたが。

S_img_20160406_093528


|

ホワイトボードノート


最近、facebookで話題になっていた「ホワイトボードノート」、大阪市内のダイソー5店(梅田、あべの橋、平野、住吉、淀屋橋) を回ってどこにもなし。一番店舗面積の広い平野店のスタッフの男性に「置いてありませんね」と言ったのですが、きのう行ってみるとちゃんと並べてありました。レジでその人に「取り寄せてもらってありがとうございました」とお礼を言うと、覚えていたとみえ、「いえいえ、どうも」と、にこやかに応じてくれました。

S_dsc_0408


|

04/05/2016

中之島「蛸の松」、かつての蛸のような枝振りを観たい方は


以前、中之島にかつてあった「蛸の松」の記事を書きましたが、大阪市立図書館のデジタルアーカイブに当時の絵が収録されています。
図書館のHPから「デジタルアーカイブ」→「蛸の松」で検索すれば、「写真浪花百景 上編 中編」が出てきます。その12枚目に、長谷川貞信の絵がでてきます。(勝手にここに引用できませんので、あしからず)

もう一枚「蛸の松の夜の景色」という絵があるはずなのですが、検索に引っかかりませんね。なぜだろう?

|

広岡浅子の父・久右衛門は黄金の茶碗をもらっていた


「あさが来た」のモデル・広岡浅子の義父・加島屋久右エ門は、長州藩主・毛利敬親から黄金の茶碗をもらっていました。
そのいきさつについて、学術論文を発表された奈良県立大学・野高宏之教授がお話されます。
4/19 10:10~11:30 大阪市立住吉図書館
先着順50名、無料

野高先生は、大阪市立中央図書館で、毎年開催される古文書初級講座の講師としてお馴染みです。

Simg_20160405_0001


|

たま駅長の駅舎、たま神社、たま大明神


たま駅長はすでに天国に召され、2代目のにたま駅長は公休日で出勤されておらず、定席は空席で残念でしたが、たまをイメージした駅舎(たまミュージアム貴志駅)、ホームにたま神社、いちご神社、おもちゃ神社があり、「たま大明神」の石碑まであるという見どころ満載の駅でした。なお、駅舎、たま電車等のデザインを手がけたのは、有名な水戸岡鋭治氏。

貴志駅は貴志川線の終点です。帰路、和歌山方面からやってきた折り返し電車から韓国人観光客2団体がどっと降りてきたのにはびっくりしました。たま駅長は海外でも有名だとは聞いていたものの・・・
たま効果さまさまです。
(3/30(水)訪問)

Sp1180037


P1180035_2


P1180027_2


P1180026_2


P1180021


|

TAMADEN


たま電車、すなわちTAMADEN。たま駅長で有名になった和歌山電鉄貴志川線を走っているユニークな電車です。
ほかにいちご電車、おもちゃ電車(OMODEN)もあります。
私は貴志までTAMADEN、和歌山への帰りにOMODENに乗りました。
どちらも幼児が中に入って遊べるサークルがあります。TAMADEN車内には、ねこの本を集めた本棚(ねこの絵本やドラえもん、赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズ等)やドラえもんの人形を集めた棚など驚きの備品がいっぱい。もちろん、座席にもねこの形をした背板があったり、ねこの絵ををデザインしたソファなど楽しい仕掛け満載です。
OMODENには、おもちゃがたくさんありました。

廃線の危機にあった和歌山電鉄を蘇らせた、ねこの駅長「たま」やTAMADENの投入など、経営者のアイディアが光っています。そしていまも乗客を増やそうと、写真のようなキャンペーンを。

Tamadenp1170987


Tamadenp1170988


Tamadenp1170991


Tamadenp1170992


Tamadenp1180002_2


Tamadenp1180008


P1170986


|

造幣局講演会と造幣博物館見学記 その7


名画のカラーコインもあります。

2012年、神戸市立博物館で開催された「マウリッツハイス美術館展」で、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を観ました。憂いを秘めた瞳がこちらをじっと見つめているような気が・・・。引きつけられるようなまなざしです。ラピズラズリを砕いて作った高価な顔料ウルトラマリンで描かれた青色のターバン、目や真珠、口にくっきり浮かぶ白い部分・・・光の効果が印象的です。想い出のこの絵もコインになっていました。
もう1枚、ルノワールの「眠る浴女」も紹介しておきましょう。

P1180302_2


P1180304_2


|

04/04/2016

重要文化財 泉布観


大阪の造幣局(当時は造幣寮)の応接所として建設された泉布観(せんぷかん)は、明治天皇も3回行幸され、貨幣を意味する「泉布」と館を意味する「館」から天皇によって命名された、大阪府に現存する最古の洋風建築です。国の重要文化財です。以前は毎年春分の日前後のみ一般公開されていましたが、2013年から外観は常時公開、内部は特定の日に人数限定で(予約抽選)公開しています。
隣接する旧桜宮公会堂(旧造幣寮鋳造所正面玄関)もレストラン、結婚式場として、一般公開されています。

P1180191


P1180189


P1180207


P1180197_2


P1180201_2


P1180203_2


|

造幣局講演会と造幣博物館見学記 その6


造幣博物館には、面白い世界のコインがたくさん並んでいます。
写真の順に、
マリリン・モンローやプレスリーの肖像画コイン
サメの化石の入ったコイン
本物のチータのDNAを封入したコイン
島の砂入りコイン

Sp1180282


P1180281


P1180283_2


Dnap1180306_2


P1180285


|

造幣局講演会と造幣博物館見学記 その5


造幣局は創業当時、貨幣を造るために必要な硫酸、ソーダ、電力、ガス等を自給自足していました。日本の化学工業は、造幣局内の工場からはじまったともいえます。造幣博物館には、それらの実物設備や模型が展示されています。
また、工場操業にはお雇い外国人がべらぼうに高額な給料をとって指導していました。一人を除いて、嫌われ者だったようですが・・・。
同じような話は、官営八幡製鉄所でもありました。昔、所史編纂の仕事をしたとき、所内報(新聞)第1号からすべて目を通したことがあります。そこにはお雇い外国人が日本人を馬鹿にして、いじわる(操業方法を教えてくれなかったり、嘘を教えられたり)した生々しい回顧談も出てきました。当時の人は、「ちくしょう、負けてなるものか」と歯を食いしばって奮起したそうです。
造幣局でも同じようなことがあったようです。博物館にそんな展示はありませんが・・・

写真は、造幣局の技術が生かされている分野、硫酸煮沸かし器、ソーダ製造設備模型、圧印機模型、縮長機、日本人技術者のつくった天秤・時計。

なお、おもりを動力とする時計は、現在も博物館1階入口に設置され、動いています。毎時、時の数だけ鐘を叩いて時刻を知らせます。おもりが下に着地すると、スタッフがまた上まで引っ張り上げるのだそうです。

P1180266


P1180250


P1180252


P1180259


P1180261


P1180257


|

<そこまで言って委員会>に 村田前同志社大学学長復活


「安保法案に賛成したら、現役学長が異例の落選」として話題になった同志社大学の村田前学長がめでたく?「そこまで言って委員会」に復活です。
辛坊さんにあの話題を振られると、「まあ、いろいろな考え方がありますから」。

プーチンが後釜を決めていて、それが日本のCMにも出ていた女子体操の有名な選手で、二人の間には子供も二人いる、という話題には驚きました。

ところで放送後、よみうりテレビのサイトで、番組の内容が(多分、1カ月分まとめたダイジェスト版でなく)観られるようになったようですね。

|

関大に「なにわ大阪研究センター」

http://www.sankei.com/west/news/160404/wst1604040017-n1.html

|

柴崎友香(ともか)さんの<その街の今は>

2014年に芥川賞を受賞した大阪出身の女流作家。この年に「大阪建築 みる・あるく・かたる」を倉方俊輔大阪市立大准教授(建築史)と共著で出版。
上記本の出版直後、柴崎さんと倉方先生の「大阪建築・・・」に関連した講演と対談を大阪市立中央図書館で聴きました。

3月に大阪の街歩きをしたとき、歴史ある建築物をたくさん見学しました。街歩きには、やはりガイドブックが要るなということで、今回、この本を購入しました。

ついでに大阪の街をテーマにした柴崎さんの小説「その街の今は」が図書館にあったので、借りてきて読みました。この本は、第23回織田作之助賞大賞、第57回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞しています。

<帯から>
「わたし、昔の大阪の写真見るのが好きやねん。その、どきどきの中毒みたいな感じやねん」
過ぎ去った時間の上に再生し続ける街の姿に、ざわめく28歳の気持ちを重ねて描く。
各紙絶賛。期待の作家が新境地を拓く最新作。

芥川賞作家らしい純文学です。


S_img_20160330_061341


|

04/03/2016

AIの模試好成績は、半数の高校生が教科書も理解できないから


「計算や暗記が得意でも、文章を理解するのは苦手」な人工知能が、模試で多くの国公立大や私大に合格できる成績を出すのか? 実は中高生の日本語理解力は、「半数が教科書を理解できないレベルだから」・・・

http://www.sankei.com/column/news/160403/clm1604030004-n1.html

|

造幣局講演会と造幣博物館見学記 その4


よく時代劇で、千両箱をらくらくと抱えて飛び回ったり、大判・小判を投げるとチャリーンと音がしていますが、あれは嘘ですね。
造幣博物館に千両箱(の実物模型)が置いてありますが、20kgあってけっこう重い。軽々とかついで屋根の上を走り回るのはいささか無理なのでは?
講演会の時、実際の金貨に触らせてもらいましたが、落としてもチャリーンという音はしません。ぼてっという鈍い音がするだけ。チャリーンはブリキ製だそうです。金貨も金含有量が変わると音が変化します。

博物館に行くと、なんと時価7,086万円の金塊、時価190万円の銀塊の本物(と書いてある!)が置いてあり、触れます。人の多い「さくらの通り抜け」の期間、警察の指導で博物館が閉館になるのは、このためかな?

写真は、千両箱、金塊・銀塊、同時価表示、桜宮から造幣局を望む明治時代の絵。

Sp1180273


7000p1180274


7000p1180275_3


P1180249


|

04/02/2016

大阪城公園の桜が満期


4/2 午後3時ごろ。

Sp1180439


P1180443_2


P1180442_2


|

<あさが来た> スタジオセット公開


3/28~4/10 NHK大阪放送局で公開されている「あさが来た」のスタジオセット。けさドラマの最終回が放送されたこと、近くの大阪城公園の桜が満開になったこと、しかも土曜とあって、別記事にも書いたように大変な人出でした。こんなに多くの人が押し寄せたのを観たのは、初めて。
いつもなら10分?ごとにガイド付きツアーがスタートするのですが、今回はそんなものはありませんでした。(今年はやめたのか、人の多さに危険を避けるため諦めたのか?)

P1180420


P1180385


P1180390


P1180393


P1180396


P1180404


P1180409


P1180413


|

大阪ならでは?四天王寺学園小学校の「変わる! 宣言」


今朝の新聞にユニークな全面広告掲載したのは、四天王寺学園小学校。来年4月、「四天王寺小学校」に校名を変更し、「6ヵ年完結型小学校」へと一新するそうです。すなわち、「有名国私立難関中学校への入学 を目指す」 、「四天王寺中学校への特別推薦制度導入 」、「徹底した英語教育でファンクショナル・バイリンガルを育成」、「大学入試制度への先取り授業を展開する探求型学習」。
自分のところに、中学校があるのに、「有名国私立難関中学への入学を目指す」というのですから・・・

Img_20160402_192149


|

<あさが来た>、スタジオセット公開が前代未聞?の大にぎわい

午後2時にNHK大阪に到着、建物の外に数十メートルの列ができていました。毎年朝ドラのスタジオセット公開には来ていますが、こんなことは初めて。建物に入ってもくねくねいったり来たりでセットの入り口まで数百メートル。15:30、外に出たときには170人が中に入れず、長い列を作っていました。

「あさが来た」の人気がいかに凄かったか、よくわかります。きょうが最終回だったことも影響しているでしょうし、すぐ近くの大阪城の桜が満開(明日から天気が悪くなりそう)、しかもきょうは土曜日。好条件が重なって、こんな人出になったのでしょう。


S_img_20160402_143749_11


Sp1180423


|

国宝岩清水八幡宮・エジソン・飛行神社の街 その7


最後は、知る人ぞ知る、「飛行神社」です。有川浩さんの小説「空飛ぶ広報室」に取上げられ、テレビドラマでも、いなぴょん(新垣結衣)が大活躍した感動のお話です。
飛行原理を発見し、飛行機の開発に尽力した航空界のパイオニア・二宮忠八。ゴム動力によるガラス型飛行器や、人が乗れる玉虫型飛行器を考案しました。
その彼が、大正4年(1915)、自宅に創建したのが飛行神社。平成元年、飛行原理発見100周年を記念して建て替えられました。
時間がなくて、資料館に入れなかったのは残念でした。
最後の最後にもうひとつ。松花堂弁当発祥の地は八幡なんですね。これも時間がなくて、松花堂庭園・美術館には寄れませんでしたが。

Sp1170860


|

造幣局講演会と造幣博物館見学記 その3

造幣局[創業時は造幣寮)は、大阪・東京・広島の3カ所にありますが、本局(Head Office)は大阪です。東京(今年埼玉に移転予定)・広島(宮島~広島の間)は支局。大阪は硬貨、勲章等すべてのものを造っていますが、広島は1~500円硬貨、東京は勲章とプルーフ貨幣のみの工場。ただし、金属の溶解~圧延は広島のみ。

なぜ大阪に本局が置かれたのでしょうか?
その理由は、「大阪遷都論があった」「王政復古の大事業に貢献した大阪財界に対する配慮(維新政府は、京・大阪の商人から莫大な金を借りていた)」「当時、江戸の治安が悪かった」「大阪が天下の台所で経済の中心であった」。

ドラマでは、五代友厚が造幣局を誘致したような設定になっていましたが、彼は役人ではありませんし、そうした権限はありませんでした。彼は薩摩藩の武器調達を通じて、グラバーとも知り合いだったため、香港のイギリス造幣局が経営に失敗してつぶれ(銀含有量を減らしたのが原因)、機械が売りに出されている情報をいち早く入手、貨幣製造機械を輸入した人物です。利にさとい彼は、西成の別宅(正妻のいる本宅は、現在の日銀のある場所)に金銀分析所を造り、巨万の富を得ました。これがその後の活躍の資金となります。
もっとも数日後に、熱烈な五代ファンの集まりで講演をすることになっている某氏は、「どいうふうに話そうか、ちょっと悩んでいます」と言っていましたが・・・

写真は、五代が輸入した圧印機のひとつ。造幣博物館に屋外展示されています。

P1180241_2


P1180240


|

<あさが来た>が終わった


菜の花畑の新次郎とあさ、感動的なシーンで終わりました。

この半年あまり、このドラマのおかげで広岡浅子、五代友厚を中心に幕末から明治かけての激動の日本、大坂・大阪についてずいぶん勉強させていただきました。ゆかりの地巡りや教育委員会主催の講演会、ドラマスタジオセット見学、大同生命・大阪取引所・起業家ミュージアム・造幣博物館等での展示会、大阪市内の五代友厚像5体訪問やお墓詣り。住吉図書館では五代友厚の手紙(古文書)を解読する講座も。もっとも参加したくてもできなかったNHKホールでの出演者のトークショーや神戸大学での学術講演会もありました。そうそう地下鉄・バスのラッピング車両にはついにお目にかかれなくて残念でした。

大阪あげて盛り上がった半年でした。それに乗っかって、私自身も大いに楽しみました。あらためて今回の朝ドラに感謝です。

一方、再放送の「どんど晴れ」は 加賀美屋乗っ取り騒ぎも大詰め、引き続き来週も放送が続きます。

|

04/01/2016

国宝岩清水八幡宮・エジソン・飛行神社の街 その7


石清水八幡宮のお土産として有名な「走井餅」、山の上の広場で女の子が売っていましたので買いました。一ノ鳥居前に本店があり、駅前でも売っていました。
創業1764年、大津の地の「走井(はしりい)」という名水を使って餡餅をつくったのがはじまり。その後、京都・やわたの地に引き継がれたという歴史のある和菓子です。
走井の名水で名剣を鍛えたという故事にちなみ、刀の荒身の形をしているのですが、水平にして持ち帰ることはできませんでしたので、帰宅した時には、店頭とは似ても似つかぬ形になっていました。

写真は、「やわた走井餅老舗」本店、走井餅。

P1170846


|

国宝岩清水八幡宮・エジソン・飛行神社の街 その6


本殿のうらに回ると、校倉と若宮社があります。
本殿の東に、「1円玉」に刻まれている「おがたまの木」がありました。

1p1170825


P1170827_2


|

あのコアラが亡くなった

3/26に孫といっしょに天王寺動物園に行ったとき、点滴を受けていた国内最高齢コアラ「アルン」が3/31に亡くなりました。
けさの産経新聞記事です。
ご冥福をお祈りします。
次回、天王寺動物園に行ったら、動物慰霊碑にお詣りしましょう。

Sp1180383_2


|

中之島図書館リニューアルイベント

中之島図書館が、本を借りる・資料を調べるという従来の図書館から、文化を創造・発信する図書館にリニューアルしました。

中之島図書館の建物、図書購入資金を寄贈したのは、住友家の第15代住友吉左衛門友純氏。住友吉左衛門氏といえば、東北帝大の本田光太郎博士が発明した、当時世界最強の保持力を誇ったKS磁石鋼のKSは、研究費を提供した「住友吉左衛門」の頭文字を表しています。

きょうは、大阪府の広報担当副知事「もずやん」も出席して、「フルート三重奏」、「建物ガイドツアー」、「特別展示/地図と写真でふりかえるなつかしの大阪」、「安田泰幸画伯の水彩スケッチ展」が開かれました。
52年間閉じられていた2階正面玄関から入ると、たまたまJ-COMがテレビインタビューを受けていた女性(偉い人?)が、丁寧にいろいろ説明しながら「スケッチ展」会場まで連れて行って、厚さ10センチくらいはありそうな分厚い、まっさらなサイン帳を拡げて、ここにサインをしてくださいと言われ、「えっ!」。トップバッターで書きこむ羽目に。
切手のデザインや雑誌の表紙などに、世界中の風景画などをお描きになっている有名な画家さんだけに、どこかで観たことのあるような気のする絵がたくさんありました。

写真は、中之島図書館正面、中央ホールの階段、ガイドツアー、中之島図書館のクリアファイル(絵は安田泰幸氏)。

Sp1180382


P1180350


P1180360


Photo


|

<あさが来た>プロデューサーが心に留めてきた 3つのこと


いよいよ明日で最終回ですね。半年間楽しませていただきありがとうございました。
NHK大阪放送局のスタジオセット公開見に行かなくては・・・

http://www.sankei.com/west/news/160401/wst1604010007-n1.html

|

JR大阪駅のオアシスは春の花に衣替え


中央口南の「都市のオアシス」、先日まで菜の花だったのに、3/31に通ると、いろとりどりの春の花に衣替えしていました。

P1180181


P1180178


P1180176


P1180174


P1180172


P1180169


P1180168


P1180167


P1180166_2


|

« March 2016 | Main | May 2016 »