« 造幣局講演会と造幣博物館見学記 その6 | Main | 造幣局講演会と造幣博物館見学記 その7 »

04/04/2016

重要文化財 泉布観


大阪の造幣局(当時は造幣寮)の応接所として建設された泉布観(せんぷかん)は、明治天皇も3回行幸され、貨幣を意味する「泉布」と館を意味する「館」から天皇によって命名された、大阪府に現存する最古の洋風建築です。国の重要文化財です。以前は毎年春分の日前後のみ一般公開されていましたが、2013年から外観は常時公開、内部は特定の日に人数限定で(予約抽選)公開しています。
隣接する旧桜宮公会堂(旧造幣寮鋳造所正面玄関)もレストラン、結婚式場として、一般公開されています。

P1180191


P1180189


P1180207


P1180197_2


P1180201_2


P1180203_2


|

« 造幣局講演会と造幣博物館見学記 その6 | Main | 造幣局講演会と造幣博物館見学記 その7 »