« TAMADEN | Main | 広岡浅子の父・久右衛門は黄金の茶碗をもらっていた »

04/05/2016

たま駅長の駅舎、たま神社、たま大明神


たま駅長はすでに天国に召され、2代目のにたま駅長は公休日で出勤されておらず、定席は空席で残念でしたが、たまをイメージした駅舎(たまミュージアム貴志駅)、ホームにたま神社、いちご神社、おもちゃ神社があり、「たま大明神」の石碑まであるという見どころ満載の駅でした。なお、駅舎、たま電車等のデザインを手がけたのは、有名な水戸岡鋭治氏。

貴志駅は貴志川線の終点です。帰路、和歌山方面からやってきた折り返し電車から韓国人観光客2団体がどっと降りてきたのにはびっくりしました。たま駅長は海外でも有名だとは聞いていたものの・・・
たま効果さまさまです。
(3/30(水)訪問)

Sp1180037


P1180035_2


P1180027_2


P1180026_2


P1180021


|

« TAMADEN | Main | 広岡浅子の父・久右衛門は黄金の茶碗をもらっていた »