« <あさが来た>プロデューサーが心に留めてきた 3つのこと | Main | あのコアラが亡くなった »

04/01/2016

中之島図書館リニューアルイベント

中之島図書館が、本を借りる・資料を調べるという従来の図書館から、文化を創造・発信する図書館にリニューアルしました。

中之島図書館の建物、図書購入資金を寄贈したのは、住友家の第15代住友吉左衛門友純氏。住友吉左衛門氏といえば、東北帝大の本田光太郎博士が発明した、当時世界最強の保持力を誇ったKS磁石鋼のKSは、研究費を提供した「住友吉左衛門」の頭文字を表しています。

きょうは、大阪府の広報担当副知事「もずやん」も出席して、「フルート三重奏」、「建物ガイドツアー」、「特別展示/地図と写真でふりかえるなつかしの大阪」、「安田泰幸画伯の水彩スケッチ展」が開かれました。
52年間閉じられていた2階正面玄関から入ると、たまたまJ-COMがテレビインタビューを受けていた女性(偉い人?)が、丁寧にいろいろ説明しながら「スケッチ展」会場まで連れて行って、厚さ10センチくらいはありそうな分厚い、まっさらなサイン帳を拡げて、ここにサインをしてくださいと言われ、「えっ!」。トップバッターで書きこむ羽目に。
切手のデザインや雑誌の表紙などに、世界中の風景画などをお描きになっている有名な画家さんだけに、どこかで観たことのあるような気のする絵がたくさんありました。

写真は、中之島図書館正面、中央ホールの階段、ガイドツアー、中之島図書館のクリアファイル(絵は安田泰幸氏)。

Sp1180382


P1180350


P1180360


Photo


|

« <あさが来た>プロデューサーが心に留めてきた 3つのこと | Main | あのコアラが亡くなった »