« 久宝寺緑地シャクヤク園 再訪 | Main | 梅棹忠夫先生の旧邸訪問 »

05/05/2016

大念仏寺の万部おねり


5/5 シャクヤクを見た後、大阪市平野区の大念仏寺に寄って、伝統行事「万部おねり」を見てきました。話には聞いていましたが、観るのは初めて。阿弥陀仏が極楽浄土から25の菩薩を従えて、亡くなる人を迎えに来る、という厳かな儀式。
たくさんの人が見守っていました。

<HPから>
「万部おねり」の歴史
  「万部おねり」とは聖聚来迎会と阿弥陀経万部会が融合された融通念佛宗総本山大念佛寺最大の伝統行事の通称名です。
 聖聚来迎会は無量寿経の中の「その人、寿(いのち)が終わる時にあたって、私は極楽浄土から二十五菩薩を従えて、その人を迎えに来るであろう」という阿弥陀仏の願いを具体的に表現した儀式であり、貞和五年(1349)3月15日「観音様の蓮台に乗り、阿弥陀如来のお導きに従って、生身のまま往生の本懐を遂げるまでの儀式を営んでみたい。聖聚来迎の様相を実際にこの眼で見、また世の多くの人々にも見ていただきたいものだ」と中祖法明上人自ら行者となり、臨終不退、一念往生、上品上生を遂げるまでの法明上人の堅固な意思により始まったことを起源としています。
 「阿弥陀経万部会」は江戸時代第四十九世尭海上人の頃、「阿弥陀経を一万部読誦して、極楽往生と檀信徒の先祖供養」を願いとしてはじめられました。

Sp1190327


S3


|

« 久宝寺緑地シャクヤク園 再訪 | Main | 梅棹忠夫先生の旧邸訪問 »