« 沖縄の 黒糖アガラサー | Main | 江戸時代の浮世絵に描かれていたスカイツリー »

06/23/2016

沖縄の ちんすこう


ちんすこう(金楚糕)とは、「琉球王朝時代から沖縄県で作られている伝統的な菓子のひとつ。小麦粉、砂糖、ラードを主原料とした焼き菓子。ビスケットのような食感と、控えめの甘さが特徴である。日本茶やコーヒーのお茶請けに限らず、アイスクリームの口休めやトッピングにも用いられている」。(wikipedia)
40年余り前、新婚旅行で沖縄を訪れた時にも食べました。
あべのハルカス近鉄本店の「めんそーれ沖縄展」で、当時なかった「雪塩ちんすこう」を購入。

S_dsc_0535


|

« 沖縄の 黒糖アガラサー | Main | 江戸時代の浮世絵に描かれていたスカイツリー »