« 動画 大阪国際消防・防災展 合同訓練 | Main | 動画 大阪国際消防・防災展 消防体験ゾーン »

06/11/2016

真田信繁の九度山脱出/<大河ドラマ 真田丸の世界>収録 その4

NHK大阪ホールで収録された番組「真田丸の世界」の中で、監視の目をかいくぐって信繁一行はどのようにして九度山から脱出したのか、が話題になりました。
北川館長「周辺の村々の人数百人を呼んで大宴会を開いた。全員酔いつぶれたところで、乗ってきた馬や籠を奪って大坂へ向かった、と書く古文書(後述)もあるが、酒飲まん人もいただろうし、全員酔いつぶれたというのは疑わしい。すぐ浅野家臣が駆けつけたが、地元の人たちは「信繁がいなくなったのは3日前」とうそをついて追跡をあきらめさせた。九度山の人々が信繁を助けたのだろう」

旭堂南陵さんの講談「幸村の九度山脱出」を聴いたことがあります。たしか花火を上げて300人が堂々と山を下りたといういかにも講談らしいストーリーでした。

司馬遼太郎さんは「城塞」(昭和44年7月から昭和46年10月にかけて週刊新潮に連載)の中で次のように書いています。
<蓮華定院の法事に、村々の長百姓を集めて酒宴を開き、夜もふけたころ、脱出の決意をみなに告げ、堂々を出て行った。百姓たちがあとあと浅野家から責めらるのが気の毒と、「われらを(かたちだけ)包囲せよ」と勧めます。また馬の所持を禁じられていたため、百姓どもの乗ってきた馬を金を出して買い、「盗んだことにせよ」>

写真は、九度山脱出を記した古文書「先公実録」等の一部です。2年前、九度山で開かれた「九度山 真田フォーラム」で北川氏が講演されたときの史料の一部です。

20160611


1_20160611


|

« 動画 大阪国際消防・防災展 合同訓練 | Main | 動画 大阪国際消防・防災展 消防体験ゾーン »