« 読売新聞速報/正倉院展レクチャー その5 | Main | すみよしスイーツ/すみよし歴史ガイド養成講座 その16 »

09/22/2016

来てよし 観てよし 住みよし区のバッグ→クリアファイル/すみよし歴史ガイド養成講座 その15


きょうはおもしろいものを入手しました。住吉区役所の名入りプロピレン袋。もらったときは中に資料が入っていますが、自宅に帰ってミシン目に沿って切り離すとクリアファイルに変身します。
「来てよし 観てよし 住みよし区」の文字が入っています。

なお、住吉の語源について、住吉大社のHPに次のように記述されています。
<神功皇后が住吉大神をお祀りされる際、それに相応しい土地をあちこちと探しましたが、この地を見つけた時に、「真住吉」との託宣を得られました。よってこの地を住吉と名づけて鎮座しました。
この「住吉」は、スミヨシと読みますが、古くは「スミノエ」と読みます。スミノエの「エ」とは、今でも関西圏では、良い事を「ええ」(良い)というのと同じで、神さまが「住むのに良い」という意味です。神さまの御心にかなう土地ということで住吉といいます。また、住吉大神は祓の神さまでもあり、昔の住吉の海岸は水が美しかったということもあり、まさに「澄み良し」という意味もあるのです>。

Sp1020612


Sp1020613


|

« 読売新聞速報/正倉院展レクチャー その5 | Main | すみよしスイーツ/すみよし歴史ガイド養成講座 その16 »