« 文枝会長あいさつ、彦八アドバルーンどこに?/彦八まつり その5 | Main | 動画 幽霊博物館&わたの博物館 »

09/04/2016

巨大な潜水艦に驚く/大和ミュージアム その5


スーパー?店内を突っ切って大和ミュージアムが目の前に現れたとき、右手を見ると巨大な潜水艦が・・・長さ76.2m、幅9.9m、深さ10.2m。まわりの車が小っちゃく見えます。「てつのくじら館」という海上自衛隊呉資料館(入館無料)だそうです。
てっきりコンクリートでできた模型だとおもったら、なんと本物! 昭和60年に進水した「あきしお」、平成16年に除籍し、国内最大のクレーン船で陸揚げされ、展示されたそうです。

潜水艦といえば、昔、シカゴの科学産業博物館(Museum Science & Industry) で観た小さなドイツのUボート(Undersee -boot)を思い出します。最近の潜水艦のバカでっかいこと、驚きました。

ちなみにUボート見学記(1992.9.27)をめくってみると・・・
<徹底した実物展示主義はいかにもアメリカらしさを象徴している。なにしろ館内にイリノイ州南部の炭鉱が実物大で再現され、第二次世界大戦で活躍したドイツの潜水艦Uボートが捕獲されてそのまま展示してある。まさに迫力満点だ。さらに実物の人体スライスに至ってはびっくり>
<有名なUボート、実物を見ると意外に小さい。英語説明のイヤフォーンを耳につけた後、列に並んで中に入る。狭い空間にたくさんのパイプや計器、機械が所狭しと並ぶ。わずかなスペースを有効活用してあちこちにベッドが設置されている>

Sp1010671


|

« 文枝会長あいさつ、彦八アドバルーンどこに?/彦八まつり その5 | Main | 動画 幽霊博物館&わたの博物館 »