« 兵馬俑はなぜ溝の中に並んでいるのか?/始皇帝と大兵馬俑 その9 | Main | 図書館で2冊借りてきました »

09/21/2016

実に久しぶり、テトラパック入り牛乳


今から50年ほど前、広島(当時高校生)では三角の形(四面体)をしたテトラパックと呼ばれる紙製の容器に入った牛乳を売っていました。単位容積あたりの包装材が最も少なくて済み、一枚の長い紙があれば容器を製造出来るという利点がありました。びんより経済的で衛生的、しかも持ち運びにも便利だと、注目されていました。
外国製の機械を輸入して製造していると新聞で読んだ覚えがあります。

その後すっかり姿を消したなと思っていたら、きょうあべのキューズモールのイトーヨーカ堂で開かれている「北海道フェア」で実に久しぶりに見ました。北海道の牛乳メーカー(北海道野付郡別海町にある、べつかい乳業興社)の製品で、昔と違って紙製でなく透明な柔らかいプラスチックのようなものでできています。中に入っている牛乳が外からよく見えるちょっとユニークなテトラパックでした。
買ってくればよかったですね。写真がないと、見たことのない人にはわかりづらいかもしれません。

|

« 兵馬俑はなぜ溝の中に並んでいるのか?/始皇帝と大兵馬俑 その9 | Main | 図書館で2冊借りてきました »