« 2016年の正倉院展 その1 | Main | 東大教授のこの発言は何? <もっとも大事なのは、相手を挑発して暴力をふるわせること> »

10/28/2016

2016年の正倉院展 その2

献物用の台が2基出陳されていました。花形や葉形に形作られた脚を「華足(けそく)」というそうです。
管楽器の「竽(う)」と「笙(しょう)」もありました。竽は笙のお化けみたいに大きいのですが、平安?時代に姿を消したので、大変貴重なものと書いてありました。後ろから観ていたひとが「あんなに大きいと、息を継ぐのが大変だから廃れたんじゃないの」。なるほど・・・
布に顔を描いただけの面(布作面 ふさくめん)もありました。

聖武天皇1周忌法要で用いられた大幡(だいばん=幟)は、今年の目玉のひとつ。全長15mあったと伝えられるもので、その大きさに圧倒されました。
天平伽藍のきらびやかさを想像させる、金属製の鈴や玉(たま)も多数展示されていました。

「金属生産」の展示コーナーには、和同開珎やアンチモン塊、鏡などがありました。会場には書いてありませんでしたが、アンチモンは銅の融解温度を下げ鋳造を易しくするとともに、完成品の強度を上げるために添加されたものでしょうか。さらに凝固時に膨張し、鋳造品が型通りの形状になるという性質まで知った上で利用したのでしょうか?
和同開珎は丸の中に正方形の穴が開いています。先日、国立国際美術館で兵馬俑展を観たとき、この貨幣の形は秦の始皇帝の発明によるものだと知ったことを思い出しました。

|

« 2016年の正倉院展 その1 | Main | 東大教授のこの発言は何? <もっとも大事なのは、相手を挑発して暴力をふるわせること> »