« September 2016 | Main | November 2016 »

10/31/2016

2016年の正倉院展 その4


きのうのNHK「日曜美術館」は、今年の正倉院展特集。その1で取り上げた今年最大の目玉「漆胡瓶」(しっこへい)の素地技法「巻胎(けんたい)」を実演していました。
もともと木を組み立てて作られていると推定されていましたが、軽すぎるため謎だったそうです。X線を透過すると、水平に線が多数現れたこと、板と板が階段状になっていたことから、巻胎という技法だとわかったそうです。
写真はNHKテレビから。まず木のテープを巻いていきます。次に指で推して木をずらし、成型します。いくつも作ったパーツを組み合わせます。

この後、全体に漆を塗って固めます。続いて表面に銀の文様(動物や植物)を貼り付け、上からさらに漆を塗り、文様の部分の漆だけ刃物で剥ぎます(象嵌=ぞうがん)。この加飾法を銀平脱(へいだつ)といいます。

1p1030536


2p1030530


3p1030539


4p1030533


|

カルビーのクレーム対応

https://news.nifty.com/article/magazine/12179-20161031-20445/1

|

幸田成友<江戸と大阪>

江戸時代の二大都市、江戸と大阪の歴史を経済中心にコンパクトに叙述した古典的著作。昭和9年冨山房から発行され、何度かの改訂を経て、1995年新たに冨山房百科文庫として刊行されました。
著者の幸田成友(しげとも)氏は幸田露伴の弟。大阪市史編纂室の初期の業績のほとんどは同氏が一人で研究されたものです。

江戸時代の江戸と大阪のことについて実に細かく実証的な記述がされています。例えば、
1)町人は徒歩が通例。1662年の江戸の触書に、「近頃無断で町人が乗り物に乗ったり、若い者が乗るという噂がある。行く先で病気になり、やむを得ず乗物で帰ったら、当日または翌日、御番所へ参り、その段を帳面に付けよ」とある。乗り物に乗ることのできるのは、50歳以上の男子・病人・女・小児・医師・僧侶くらいに限られる。1674年には「断りなく駕籠に乗るものは、本人はもちろん、駕籠の持ち主、かごかきまでみな処罰する」との法令も。(84ページ)

2) (大阪の川に土砂がたまって詰まり、廻船が兵庫や西宮に停泊するようになったので大さらえすることになった)天保の大さらえは大阪の衰微を救済する川さらえと解釈せられ、非常な人気で、町々隊を組み、幟を立て、鳴り物入りで競って土砂を運搬した。あまり騒ぎが激しくてついに町奉行所から静止を加えたほどで、その時の土砂を積んだ山を天保山といい、幕末ここに砲台を築いた。(47ページ)

3) 御城米輸送に当たる民間の船は、白い四半に大きな朱の丸をつけ、その脇に船名を書いて立てた。日の丸は幕府の船印で、これがやがて日本の国旗となった。(130ページ)

ドラマ「重版出来」で話題になった「出来」(しゅったい)という単語もあちこちに出てきます。「土居や濠までも立派に出来」(15ページ)

先日、三笠宮さまが「薨去(こうきょ)」されましたが、将軍のときもこの言葉を使うんですね。「将軍家治の薨去」。
(235ページ)

Sp1030523


|

10/30/2016

BKワンダーランド

NHK大阪放送局の「BKワンダーランド/ようこそ”べっぴんさん”ワールド」へ行ってきました。
いつもどおりT-1スタジオで、「べっぴんさん」のスタジオセットを観てきました。見学用にコンパクトにまとめてありましたので、放送で現れる建物配置とは異なっています。

ここ1年、NHKの視聴者サービスに熱意が感じられませんね。以前は、一生懸命イベントを盛り上げようという心意気を感じたものですが、今年の春・秋は手抜きバージョン?
T-1スタジオも見たのはごく一部ですし(昔は、広いT-1スタジオ全体にいろいろな場面のセットを作ってすべて見られたことも)、T-2スタジオの展示も特に見るべきものはなし。以前は8KなどNHKの最先端技術も披露していたのですが・・・

文字放送のお出かけガイドも、去年まで充実していましたが、いまではNHK主催のイベントしか表示されませんので見なくなりました。

Sp1030498


Sp1030502


Sp1030503

Sp1030520

Sp1030515


Sp1030520_2


Sp1030500


|

10/29/2016

2016年の正倉院展 その3

今年の正倉院文書には、和泉監(いずみのげん 和泉国のこと)と摂津国の正税帳(しょうぜいちょう=決算報告書)が出陳されています。これらから当時各地にあった正倉院の規模等がわかります。
その他、日本で最も古い戸籍のひとつも展示されています。

写経所の上申書は、労働環境改善を訴えています。
・写経すべき紙数に対して経師(書写担当)の数が多すぎるので調整して欲しい。
・仕事着が壊れ、洗っても臭いがとれない。交換して欲しい。
・月5日の休暇を確実に与えて欲しい。
・胸が痛み、脚がしびれている。3日に一度、薬分として酒を支給して欲しい。
・以前毎日支給されていた麦を出して欲しい。

もっともこうした文書を当時の正直な現場の声とみていいのか? 正倉院に残っているということは、当然上司のチェックも入っているはずなので何らかの裏があるのか・・・解釈はさまざまでしょうね。

|

きざみ奈良漬


正倉院展で奈良に行ったときに買ってきた「きざみ奈良漬」です。おいしいですね。店によって味が違うような気がします。これは近鉄奈良駅構内で購入したもの。

Sp1030390_2


|

収穫の多かったきょう一日/日文研一般公開 その1

きょうは朝早くから大阪を出て京都・桂に出かけたかいがありました。じつに収穫の多い日でした。

あの井上章一教授と磯田道史准教授にお会いできたのですから。生の井上先生を観たのは3回目。知研関西セミナーと今年春の「司馬遼太郎記念学術シンポジウム」、そしてきょうの「国際日本文化研究センター一般公開/日文研データベースで遊ぼう」。

磯田先生はNHK BSPの「英雄たちの選択」等でいつも拝見していますが、今年、静岡文化芸術大学教授から日文研に移られたばかり。もちろん目の前で観るのは初めて。

わたしがきょう参加したのは、「日文研データベースで遊ぼう」(司会 井上先生。磯田先生等5人の先生方がそれぞれデータベースを使って面白い話題を提供)、「教員によるセンター施設案内」(私の回は韓国史専門の松田教授の案内で、全館を50分かけてまわりました。さすが図書館は圧巻!)、「浪曲を聴く会」(日文研30周年プレイベント、京山幸枝若、京山小圓嬢師匠)。

もうひとつ忘れてならないのが、ツアーが13:30過ぎまでかかったので遅い昼食をとった「レストラン<赤おに>」(これがあっと驚くメニュー。ふつうまずこんなシェフが作る、こんな料理を食べるチャンスはありえません。超貴重な食事でした。あとで写真を付けて紹介します)。


Sp1030399


|

ブラタモリ、大阪初上陸! 来週から2週続けて放送

https://www.nhk.or.jp/buratamori/yokoku.html

|

10/28/2016

うめきたガーデンは花いっぱい


期間限定の「うめきたガーデン」は都会のオアシス。グランフロント大阪北館の西隣です。花の香に包まれて幸せなひとときを過ごしました。7,500平方メートルの敷地に10万株以上の花畑、滝も花咲く丸太小屋もあります。来年3月20日まで。入場料 大人1,000円。
カエルやウサギ、ワニ、ライオンなどのオブジェも・・・

何枚かの写真では表現しきれません。あとでフォトムービーにしますのでそちらでどうぞ。

|

東大教授のこの発言は何? <もっとも大事なのは、相手を挑発して暴力をふるわせること>

http://www.sankei.com/politics/news/161027/plt1610270012-n1.html

|

2016年の正倉院展 その2

献物用の台が2基出陳されていました。花形や葉形に形作られた脚を「華足(けそく)」というそうです。
管楽器の「竽(う)」と「笙(しょう)」もありました。竽は笙のお化けみたいに大きいのですが、平安?時代に姿を消したので、大変貴重なものと書いてありました。後ろから観ていたひとが「あんなに大きいと、息を継ぐのが大変だから廃れたんじゃないの」。なるほど・・・
布に顔を描いただけの面(布作面 ふさくめん)もありました。

聖武天皇1周忌法要で用いられた大幡(だいばん=幟)は、今年の目玉のひとつ。全長15mあったと伝えられるもので、その大きさに圧倒されました。
天平伽藍のきらびやかさを想像させる、金属製の鈴や玉(たま)も多数展示されていました。

「金属生産」の展示コーナーには、和同開珎やアンチモン塊、鏡などがありました。会場には書いてありませんでしたが、アンチモンは銅の融解温度を下げ鋳造を易しくするとともに、完成品の強度を上げるために添加されたものでしょうか。さらに凝固時に膨張し、鋳造品が型通りの形状になるという性質まで知った上で利用したのでしょうか?
和同開珎は丸の中に正方形の穴が開いています。先日、国立国際美術館で兵馬俑展を観たとき、この貨幣の形は秦の始皇帝の発明によるものだと知ったことを思い出しました。

|

2016年の正倉院展 その1

全体的にゆったりした展示という感じがしました。出陳点数が少ないのかな? いつもギューギュー詰めに展示されているのに、空白のスペースがあったりして。
最初の展示室でいきなりガラスケースの中にあったのが、象牙の笏(しゃく)。覗き込んでいた二人連れの女性に、「正倉院展レクチャー」で仕入れた話題「笏は公式カンニングペーパーなんですって」と言うと、「うわー、おもしろい!」。
「出入(しゅつにゅうちょう)帳」もありました。正倉院文書が入口付近に展示されているのは珍しいですね。正倉院に収められた宝物の出入りを記録した重要文書。薬が多数、納められていたことがわかります。病気の人に与えたとの記述が出てきます。道鏡に屏風を貸し出したり、戦争時に武器を貸し与えたとの記録も。

北倉は光明皇后が大仏に献納された宝物、国家珍宝帳、種々薬帳などが納められていましたが、中倉は東大寺の資財(法要の仏具、諸堂の什具)、南倉には薬物や造営関係の実務用品が収納されていました。

今年一番の目玉「漆胡瓶」(しっこへい)が中央付近にデーンと展示されていました。ペルシア風の水差しです。名前そのままで、「漆」の「ペルシア」の「瓶」です。おもしろいのはこの瓶の製法。巻胎(けんたい)という漆工芸の素地技法が用いられています。細い木や竹の薄板の円い輪を積み重ねる輪積みか、板をコイル状に巻いていく巻き上げによって成型した後、漆で塗り固めます。
表面の文様(動物や植物)は、平脱(へいだつ)という漆工芸の加飾法を用いています。金・銀・錫などの金属製の裁文(さいもん=文様形に切り抜いた板状のもの)を漆面に貼り、全面に漆を塗って裁文の部分の漆を剝ぎ取ります。
写真は漆胡瓶がデザインされたポスター。

Sp1030374


|

三笠宮さま薨去(こうきょ)

三十年くらい前、体育の日(だったのでしょうか)のイベントが北九州・平尾台で行われました。私は前日夜、小倉を出発して平尾台まで夜通し歩き、夜明けにへとへとになって到着しました。最後は(アスファルト道路ですが)山登りみたいな坂道がずっと続きました。
そこに三笠宮ご夫妻がお見えになり、開会のあいさつをされたと記憶しています。娘二人は朝、バスで上ってきて合流しました。

昨年12月、明治以降の皇族では初めて100歳を迎えになられたそうですね。謹んでご冥福をお祈り致します。

なお、皇太子をはじめとする皇族がお亡くなりになることを薨去(こうきょ)といいます。天皇・皇后・皇太后(先代天皇の妃)・太皇太后(先々代天皇の妃)の場合は「崩御(ほうぎょ)です。
ただし、正しい表記をしているのは産経新聞だけ。読売・朝日・毎日・日経はすべて「逝去」と書いています。
安倍首相の謹話にも、「国民は、殿下の一層のご長寿を願っていましたところ、思いもむなしく薨去(こうきょ)されましたことは誠に哀惜に堪えません」と出てくるのですが・・・

http://www.sankei.com/life/news/161027/lif1610270067-n1.html

|

10/27/2016

奈良国立博物館地下通路を通ってなら仏像館へ


奈良国立博物館で「正倉院展」を観た後、地下に下りてなら仏像館へ。いままでいつも南側出口から池の横を通って出ていましたので、地下に下りたことがありませんでした。
広いミュージアムショップやカフェ、さらになら仏像館までの通路には仏像に関する展示がいっぱい。たとえば写真はその一部です。仏像の手の形(印相 いんそう)の違いと意味を実物模型で展示したコーナーです。

なら仏像館とは?
<なら仏像館は、飛鳥時代から鎌倉時代にいたる日本の仏像を中心に、国宝、重要文化財を含む常時100体近くの仏像を展示する、国内の博物館では、もっとも充実した仏像の展示施設です。2016年5月にリニューアルオープンしました。渡り廊下でつながれた青銅器館には、中国古代の青銅器(坂本コレクション)を展示しています>。

海老名さんの仏像なぞり画きを理解できるように、「仏像を観る」というリーフレットを入手しました。500円寄進して。この本は仏像の知識を分かりやすく図解してあるので役に立ちそう。

Sp1030377


Sp1030389


|

奈良100年バーガー


毎年、正倉院展期間中に会場でしか食べられない「奈良100年バーガー」、初めて食べましたがおいしかったですね。
このバーガーには、肉は入っていません。その代わり 揚げ天(ごぼうと玉ねぎ入り)、レタス、刻み奈良漬とタルタルソースがたっぷり。
なぜ「100年」なのかを聞いたところ、「奈良のかまぼこ屋・魚万が創業100年を記念して、正倉院展の期間中だけ販売するバーガーを開発しました。そこで<奈良100年バーガー>と名付けました」。

S100p1030378


S100p1030379


|

きょうの奈良


奈良公園の鹿(2枚)、紅葉、若草山。

Sp1030380


Sp1030384


Sp1030381


Sp1030383


|

奈良 中谷堂の高速餅つき


実演はしてなかったので買ってきただけ。相変わらず行列ができる繁盛ぶり。1個130円(税込み)。

なお、実演を見たい方は次の動画でどうぞ。

https://youtu.be/fkxLUrkbJBY

Sp1030385


Sp1030387


|

近鉄奈良駅 紫舟さんの<何と無>


広場の上にひろがる「奈良天平のくもの糸、何となく無常の風が吹く」。

Sp1030361


Sp1030369


Sp1030370


|

10/26/2016

動画 世界遺産 慈尊院・丹生官省符神社

3分間で早わかり! 世界遺産 慈尊院・丹生官省符神社2016

https://youtu.be/JbvhaEogQaA

|

根幹部分を間違えて記事にするとは・・・

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161026-OYT1T50083.html?from=ytop_main7

http://www.sankei.com/life/news/161026/lif1610260027-n1.html

|

べっぴんさんと真田丸


いよいよファミリア創業のルーツともいうべきシーンが始まりました。西洋おしめの次は、エイミー(シャーロット・ケイト・フォックス)から「この子が大人になって自分の子供にも着せたいと思うような特別な服」を頼まれたすみれは、女学生時代の友達二人と新なチャレンジに乗り出します。

ところでシャーロットの住宅シーンは、神戸の旧ハッサム住宅というところでロケしたようですね。ももいろクローバーZの百田夏菜子(良子役)さんももうすぐあの部屋に登場します。

真田丸の最終回収録が近づいてきました。10/29だったかな。最後はどうなるのでしょう? 北川先生もまだ聞いていないとおっしゃっていましたが、本当かな? 番組スタート当初「フィクションですから、夏の陣で 豊臣が勝つなんてことも?」なんて煙に巻いていた番組関係者がいましたが、まさかそこまでの冒険はしないでしょうね。でも、秀頼・信繁が薩摩に落ちのびるなんてことは・・・それもありえないか。いかん、いかん、九度山真田フォーラムの余韻がまだ残ってる。

|

10/25/2016

紀ノ川? 紀の川? 吉野川?


フォトムービー「3分間で早わかり! 世界遺産 慈尊院・丹生官省附(にうかんしょうぶ)神社」を作ろうと地図をながめていたら、同じ川が奈良県では吉野川、和歌山県では紀の川、紀ノ川。
さらに調べると、河川法では「紀の川」だけど、国土地理院の地形図では「紀ノ川」(ノは小さいカタカナ)。
上流の奈良県では吉野川ですが、河川名を案内する標識には水系名の「紀ノ川」を併記する・・・

京都の高野川(東)と賀茂川(西)が出町柳付近の賀茂大橋で合流して鴨川になったり、長野県で千曲川が新潟県に入ると信濃川に変わるようなものでしょうが、ややこしいなあ。

|

世界遺産 九度山の丹生官省符神社

慈尊院境内から急な石段119段を登った高台にあります。弘法大師空海が慈尊院を建立した際、その守り神として地元ゆかりの神を祀って創建した神社です。
丹生官省符神社(にうかんしょうぶじんじゃ)の御祭神・狩場明神(かりばみょうじん、高野御子大神)は、白黒2頭の犬を放ち、弘法大師を高野山まで導いたと伝えられます。安産・子授け祈願、縁結びの神様として古くから尊崇されています。

なお、急な石段には手すりがついていますが、慈尊院の向かって左側に坂道がありますのでこちらを利用する人も多いようです。

P1030111


P1030113

P1030118

P1030122


P1030121_3

S1030127


|

世界遺産 九度山の慈尊院


古くから弘法大師空海の御母君公の御寺として知られる九度山の慈尊院。こんなに立派なお寺とは思いませんでした。さすが世界遺産です。女人禁制の高野山に対して、「女人高野」と呼ばれて親しまれています。
「子宝・安産・育児・授乳・病気平癒」を祈願する人が全国からやってきます。最近は特に「乳がん平癒」祈願に参拝する女性が多いそうです。

ここの絵馬は非常にユニーク、立体のおっぱいがついています。正式には「乳房型絵馬」。有吉佐和子さんの小説「紀ノ川」にも出てきます。
南海電車の九度山駅から徒歩約30分です。

P1030081


P1030098


P1030104


P1030129


P1030093


P1030095


P1030099


|

九度山みやげ

九度山といえば富有柿。慈尊院近くの農家の軒先で大きな柿4~5個入った袋を、なんと格安の100円で無人販売していました(1枚目の写真右の柿)。2枚目の写真はその無人販売所。1枚目左の2個入りは、道の駅で買った2個480円(+税)の通常品。
3枚目の写真は柿の葉寿司。九度山の柿の葉寿司はすべて売り切れ(前回も製造元までいったけど売り切れでした。今回も)。道の駅で売っていたのは「本場奈良の柿の葉寿司です」と言っていたもの。10個で1,100円(税込み)。

さすが柿の郷・九度山です。道の駅には「柿のパン」「柿のミルク」「柿のソフトクリーム」などの幟がはためいていました。
さらに「柿のオーナー募集」の看板も。1本25,000円で、200個くらい収穫できる見込みだそうです。

Sp1030198


Sp1030139


Sp1030197


|

九度山のバス料金箱


どこに料金(九度山駅から道の駅まで100円、10分)を入れるのかと思ったら、運転席の横に神社の賽銭箱みたいな箱が。六文銭のマーク入りです。隣にも六文銭のついた兜が・・・

P1030041


|

出演者と団扇/九度山真田フォーラム その3

Simg_20161025_0001


Simg_20161025_0002


Img_20161025_0003


|

プログラム/九度山真田フォーラム その2


開演・映像
第1部 史料にみる「豊臣秀頼・真田幸村の薩摩落ち」(北川央氏、大阪城天守閣館長)
第2部 講談 秀頼一党の薩摩落ち(旭堂南陵氏、講談師・大阪芸大客員教授)
第3部 南北戦争「夏の陣後も幸村は生きたのか?」
(北川氏、旭堂南陵氏、桜花昇ぼる氏=旭堂南桜、元OSK日本歌劇団TOPスター=、朝香櫻子氏=OSK日本歌劇団特別専科=、リピート山中氏=笑いと涙の吟遊詩人=、小日向えり氏=歴ドル・信州うえだ観光大使)

|

10/24/2016

うどん県のさぬどんと親切な青鬼くん


JR大阪駅で香川県のPRにせいを出す「さぬどん」と「親切な青鬼くん」。
さぬどんはうどんのリュックを背負っています。「みならい」という文字も。

P1030020


P1030018


P1030022


P1030015


|

その場で3,000万円当選がわかるスクラッチくじ


新発売の「レッツボーリング!」スクラッチくじ。1等賞金3,000万円です。その場で削れば当選がすぐわかります。
そのかわり10枚(3,000円)買って、300円しか当たっていないこともすぐ分かります。大事にタンスにしまって発表まで楽しむ人には不向き?

P1030013


|

真田幸村生存説、講談師の作り話ではなかった!/九度山真田フォーラム その1

10/23(日)は朝から和歌山県九度山町へ。真田幸村(信繁)が14年間幽閉された土地です。「九度山真田フォーラム2016」に参加するためでした。私が九度山を訪問するのは3度目です。最初は3年前 「九度山真田フォーラム2013」に参加。2度目は今年3月、幸村の史跡と真田ミュージアムめぐり。
今回は午後のフォーラムの前に、前回行けなかった世界遺産の慈尊院と道の駅を訪問し、柿の郷・九度山かの柿を買ってくるのも大きな目的でした。

それではまず、10/24付産経新聞記事(webにも)から。
驚いたのは、南北戦争で北軍(=夏の陣で秀頼・幸村は戦死した)総大将の北川央・大阪城天守閣館長が、南軍(夏の陣で戦死したのはダミーでその後も生きた)総大将 講談師旭堂南陵師匠の主張を裏付けるような古文書を次々紹介されたこと。まさに敵に塩をおくるような事態に。幸村と秀頼が冬の陣以後も薩摩で生き延びたという話は講談師が作った訳でなく、当時の宣教師がヨーロッパに送った文書にも記録され、日本人の古文書も多数存在します。NHK BSPのドラマ「妻はくの一」(主演 滝本美織、現在、再放送中)にも登場する松浦(まつら)静山は、秀頼生存の噂を書き記した文書を何回も書き、詳しく検証した結果、最終的に生存していると判断しています。これほど生存説が世の中に信じられていたとは・・・おかげで北軍応援団だった歴ドル・上田市観光大使の小日向えりさんは、南軍応援団に宗旨替えしてしまいました。

http://www.sankei.com/west/news/161024/wst1610240051-n1.html

|

メタセコイア、発見・命名は大阪市大 故三木茂博士

先日、人間国宝・竹本住太夫さんと大阪市大学長のトークを聴い田中記念館のそばに記念のプレートがありました。

Dsc_0175


Dsc_0176


|

10/22/2016

田部井淳子さんのご冥福をお祈りします

2年前に講演を聴きました。その時の記録を読み返しました。

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/11798/13686/79678176

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/11798/13686/79678194

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/11798/13686/79742044

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/11798/13686/79797872

|

秋の天丼


幟に誘われて。

Dsc_0188


Dsc_0187


|

ここがおもしろい! 正倉院文書 その2


講座開催日の翌日、読売新聞朝刊に掲載された速報です。詳報は11月上旬の特集記事で。

Dsc_0189


Dsc_0190


|

10/21/2016

マスコミは平等に取り上げないと・・・沖縄の異常空間


http://www.sankei.com/politics/news/161020/plt1610200026-n1.html

|

真田丸展 つづき

出口に近いところにお地蔵さん、通称真田地蔵がちょこんとおいてありました。真田信繁を安居神社(現在)あたりで討ち取った西尾久作(仁左衛門)某が信繁を弔うために福井に建立した地蔵です。
(ただし、西尾にはなんの褒美も与えられませんでした。討ち取ったのは影武者だったためという説もあります)。

東京会場では、スペースの関係で表しか観られなかったそうですが、大阪では地蔵の周りを一巡できるように配置されていました。
裏には「元和元寅年 大機院真覚英性大禅定門 五月初七日 西尾氏立之」と刻まれていました。

草刈正雄さんの音声ガイドを聴きながら、古文書のくずし字と翻刻文を読み比べながら観ていた(ろくに読めないくせに?)ので、2時間40分もかかってしまいました。

|

やっと真田丸展へ

会期も後半に入った10/20、大阪歴史博物館で開催中の「真田丸展」に出かけてきました。島津家久が国許に宛てて大阪夏の陣の顛末を伝えた「某条書案」(ぼうじょうしょあん、なにがしじょうしょあん)がいよいよ10/19から展示されたからです。
国宝のため展示期間が短いのと、大阪会場限定展示だからでしょうか、音声ガイドにも入っておらず、解説カードに書かれた「国宝」の文字も小さく控えめで、うっかりすると見逃してしまいます。隣で観ていた女性の集団が「これ国宝だって!目立たない字でさりげなく書いてあるわね」と驚いていました。

全長3メートル60センチもある大きな巻物ですが、展示ケースでは有名な「真田日本一(ひのもといち)之兵、いにしへよりの物語ニも無之由、惣別これのミ申事ニ候」の箇所が広げてありました。

古文書がたくさん展示されていましたが、1枚の紙に上半分と下半分で文字の向きが逆で、折り目が多数入った「折り紙書状」をあちこちで目にしました。「なんでこうなってるんだろ?」と不思議に思う人がどれだけいるかわかりませんが、私はプレ講座でこの秘密を教えていただきました。実際に真田信繁が病床の昌幸の代筆をしたと考えられる折り紙書状(コピー)を使って、折り方や読む順番を教えていただきましたので、実物を観てちょっと感激しました。

|

平尾誠二氏の言葉


http://www.sankei.com/premium/news/141120/prm1411200009-n1.html

|

10/20/2016

文学部の逆襲

文系軽視の風潮に敢然と挑戦し、大阪市立大学文学部・同研究科が企画するユニークなシンポジウムです。
私はこの日、狭山博物館に行く予定が入っているので参加できませんが・・・。

工学部卒の私ですが、大阪市大文学部・同研究科の授業にはよく出席します。落語・文楽など。自宅からバス1本25分で気軽に行けますし。
きのうも人間国宝・7世竹本住太夫さんと学長(長年、住太夫さんの主治医だそうです)のトークを聴きに出かけました。ありがたいことですね。雲の上の人のお話を目の前で聴けるなんて。
しかも無料です。8月の文楽講座 全日3日間(市大の先生の講義だけでなく、文楽の超一流の太夫さん方=浄瑠璃・三味線・人形遣い=も参加され、文楽の実演もありました)は3,000円でした。今回はその特別編として案内状が送られてきました。

入口に住太夫さんへのメッセージ受付があり、「あとでご本人に届けます」と書いてあったので、きのうfacebookとブログに書き込んだ「7世竹本住太夫 私が歩んだ90年」の読後感を書いてきました。途中、カメラマンが「メッセージを書いている人の写真もご本人にご覧いただきますので」と写真を撮られました。

Img_20161020_0001


|

<地味にすごい! 校閲ガール>に出てきた<オシャかわ>


10/17に「最近の<かわいい>言葉を紹介したばかりですが、きのうの「地味にすごい! 校閲ガール」に新たな<かわいい>言葉がでてきました。主人公・石原さとみさんを評する社内女子社員たちのことば「オシャかわ」。
オシャレでかわいい、かと思ったら「校閲のような地味なところでオシャレをしても無駄。かわいそうな女」という意味だそうです。

もうひとつ、校閲の先輩・江口のりこさんを評して「テツパン」。鉄のパンツをはいていそうな堅い女。もっともテツパンは貞操帯を意味する言葉で、本来、十字軍の兵士がパートナーの純潔を守るためにはかせた「愛された女性だけが身に付けたもの」だそうですから意味は真逆。

|

驚愕! 詐欺が地場産業と化した国


http://www.sankei.com/column/news/161020/clm1610200005-n1.html

|

こういう良心的な学者も韓国にいた


http://www.sankei.com/premium/news/161020/prm1610200004-n1.html

|

きょうの<べっぴんさん>はみどころいっぱい


やっと出てきました。5代目おけいはんの 畦田(うねた)ひとみさん。すみれが麻田靴店の片隅を借りて手製の雑貨を売りはじめた時、最初にのぞきに来た時計屋の時(とき)ちゃん。夏に本人から直接「<べっぴんさん>に出ます」、「役は?」と聞くと「ときちゃんです」(聞き間違いだと困るので、そこまではfacebookやブログに書きませんでしたが)。なかなか出てこないなあと思っていたところでした。畔田さんは朝ドラ「あさが来た」にも女中役として初出演を果たしています。今回は2度目。去年、大手前大学芸術学部を卒業した新人です。

最初に写真入れを買ってくれた外人にヒントをもらって作ったおしめを自宅に届けに行くと、その夫人は「マッサン」のシャーロット・ケイト・フォックスさん。エリーが今回はエイミーとして。
日本式のおしめはエイミーから拒否されますが、これがファミリアの乳幼児用衣類の発想へ繋がっていくのでしょうね。

|

10/19/2016

空前の落語ブーム到来?


朝刊のテレビ欄を見ていたら、NHK総合22:00「クローズアップ現代+」は「平成落語ブーム到来!? 深夜の大行列の秘密は」、22:50「新番組 落語ザ・MOVIE」と落語番組が2本。

後者は 今年3月と7月に開発番組(多分)として放送したものが大好評だったので、レギュラー番組に昇格したのでしょう。以前、NHKのモニターをしていたとき、時々「これは開発番組です。評価をお願いします」と番組が指定されたことがありました。続編が次々作られた「植物男子ベランダー」も そのひとつじゃなかったかな。
「落語ザ・MOVIE」は俳優が落語家の語りに合わせて口パクで登場人物を演じ、見ている人をリアルな落語の世界に導く、というユニークな番組です。落語初心者にうってつけ? 3月と9月の試験放送を観て、「これは面白い。レギュラ番組になるだろうな」と思っていました。

レギュラー第1回の「お見立て」は花魁の喜瀬川(前田敦子)が自分のもとに通ってくる田舎の大尽をあの手この手で追い返そうとします。

|

10/18/2016

<七世竹本住大夫 私が歩んだ90年>、人間技とは思えない!

Sdsc_0005


あすは大阪市大「上方文化講座2016 特別編/人間国宝 竹本住太夫×大阪市大学長 荒川哲男/人間国宝が語る人生論 苦労のすすめ」を受講します。その準備として読んだのがこの本(講談社、2015.11.28)。前回、大阪市立中央図書館で、竹本住大夫×落語作家・小佐田定雄さんの対談「文楽よもやまばなし」を聴いた11/25には会場で販売していました。
この本は、明治大学教授(2名)が、住大夫さんの自宅を5回x3~4時間訪問し、インタビューの結果をまとめたものです。
じつに細かい記録がつづられています。人名やその後の消息、演目、年月など信じられないくらい・・・。当時の新聞や雑誌を調べても到底出てこないようなささいなことも。インタビュアーが「はじめに」にこんなことを書いています。
<本書を読み進める読者諸兄は、住大夫師匠の超絶的な記憶力に舌を巻くことだろう。あらゆる頁のあらゆる話題は、年号から演目、人名、出来事に至るまで、一切メモや記録に頼るものではなく、すべて我々の質問にその場で即座に師匠の口をついて出て来たものばかりである。卒寿を迎えた人物の記憶力とは思えない膨大なしかも詳細なものであることを考えると、私には師匠の「記憶力」が、その「努力する才能」と、どこかで一つに繋がっているように思えてならない>
いや、まったくそのとおり。驚くべき人間国宝です。
ますます明日の講座が楽しみになりました。
なお、本が出版された時点では「住大夫」さん、今年から表記が変更となり「住太夫」さんになりました。
---------------------------------------------------
(注)2016.03.14 日経新聞
 文楽協会と日本芸術文化振興会は14日、人形浄瑠璃文楽の語り手である太夫の芸名表記「○○大夫」を「○○太夫」に戻すと発表した。4月2日に初日を迎える国立文楽劇場(大阪市)の公演から変える。芸名で「太」の字の点が復活するのは約60年ぶり。
 語り手一同から、江戸前期に義太夫節を創始した竹本義太夫と同じ表記にしたいと申し出があった。芸名表記が「太夫」から「大夫」になった理由は諸説あるが、戦後屈指の名人として知られる豊竹山城少掾(やましろのしょうじょう)が提唱したとの説が有力。1953~54年に「大夫」に統一し、三味線や人形遣いと並ぶ職分としての表記は「太夫」と使い分けていた。
----------------------------------------------------
もうひとつ、この本で知った住太夫さんの意外な一面。弟子に超厳しい指導をするあのお師匠さんが「動物が大嫌い。怖い。旅館に虎の掛け軸や衝立があると、夜中にうなされた。宝塚劇場に行くと隣にあった動物園から猛獣が押し寄せてくるのではないかと心配した」・・・。


|

三ツ矢サイダーと住吉大社の関係


住吉大社のFBで初めて知りました。

http://www.asahiinryo.co.jp/mitsuya-cider/sp/gallery/mame03.html

|

薬用石鹸、米国で販売禁止、日本ではどうなった?


薬用石鹸が販売されて以来、愛用してきたひとりとして驚愕の「殺菌効果なし、免疫系に悪影響。アメリカでは販売禁止」の情報。その後どうなっているのでしょう?

http://healthpress.jp/2016/09/post-2572.html

|

ボブ・ディラン、ノーベル賞辞退でもなさそうだけど。なぜ沈黙?

文学賞発表中継を朝日新聞のサイトで見ていて、「ボブ・ディラン」と聞こえてきたので「えっ、ミュージシャンに?」と驚きましたが、いまだに本人と連絡が取れていないんですね。連絡を断念した、っていったい?
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20161018-OYT1T50006.html?from=ytop_main3

|

死刑廃止、朝日新聞社説に公開質問状


10/18付産経新聞1面記事。

Img_20161018_081756


|

10/17/2016

廃止された ちん電住吉公園駅の今

阪堺電気軌道(地元では親しみをこめてちん電と呼びます)の住吉公園駅は昨年、廃止されました。その跡地はどうなっているのでしょうか。

駅舎の外観はそのまま。いまでも入口に宝くじ売り場があります。
もとの改札口に行く途中に、ちん電写真館(ちん電といっしょの記念写真が撮れるのだと思います)。ができていました。ホームと線路はコインパーキングになっています。

Dsc_0124


Dsc_0126


Dsc_0127


Dsc_0158


|

最近の<かわいい>言葉


今朝の産経新聞で知った新しい言葉です。

ぐうかわ= ぐうの音も出ないほどかわいい
ゆめかわ= 夢のように(メルヘンチックな様子に対して)
ぎゃんかわ= 衝撃を表す「ぎゃん」という擬音つけた「かわいい」
げろかわ= 嘔吐するほどの衝撃を受ける
めっかわ= めちゃくちゃかわいい

|

国立文楽劇場あたりの写真

順に、ロビーの文楽人形のオブジェ?、同 くいだおれ太郎の文楽人形、劇場前の二つ井戸跡、少し西にある谷崎潤一郎「蓼食う虫」の石碑。

Dsc_0090


Dsc_0091


Dsc_0093


Dsc_0097


|

住吉大社/升の市

写真順に、信州上田のりんご シナノスイーツ 4個 500円、同 おやき 6個 1,000円、和歌山県九度山の種無し柿 (大きさもバラバラ、見かけもよくありませんが)6個で300円)、ならんで手入れた升、大阪ガスのコーナーでくじをひいて当たった1等賞品(20本)のLEDランタン(色が変わっていく)。 昔の度量衡のはかりの展示から穀物用、液体用、液体用升の検定器。

従来、配布用升には「住吉大社」と「干支」が刻印されていたのですが手違いでしょうか、今年は入っていませんでした。干支を12種類揃えようと毎年並んでそろえていた人から苦情が続出するのでは? もっとも 1,000円で売っている人がいるという噂を聞いたことがあるので、希少品にならないようやめたのか? 今年で3個目だったのに残念です。

Dsc_0161


Dsc_0162


Dsc_0165


Dsc_0163


Dsc_0166


Dsc_0167


Dsc_0168


Dsc_0107


Dsc_0116


Dsc_0115


|

住吉大社/宝之市神事、キティちゃん

きょうは御田の稲を刈り取って神様に献上し、感謝する日です。

早朝、激しい雨が降っていたため、いつも若い着物姿の女性がたくさんいるのですが、今年は少なかったですね。10:15くらいまで住吉公園の升の市に出ていたため、今年は御田での神事は見られませんでした。

住吉大社が初めてらしいご夫婦や赤ちゃんを抱いたお宮参りの集団に「反り橋の左に大きなキティちゃんの絵馬がありますよ、できたばかりの」と言うと、「ありがとうございます! 行きます!」。喜んでキティちゃんといっしょに写真を撮っていました。

Dsc_0098


Dsc_0099


Dsc_0100


Dsc_0102


Dsc_0132


Dsc_0137


Dsc_0141


|

きょうの<真田丸>は九度山脱出


昼間観た琵琶の演目の中に、「木村重成」がありました。きょうの大河ドラマ「真田丸」に出て来ました。ドラマ終了後の「真田丸紀行」に今でも現役の「太閤下水」が紹介されました。地下鉄谷町4丁目駅の近くに見学用窓があります。
きょうのドラマのハイライトは九度山脱出。屋敷陽太郎さんと三谷幸喜さんがどんなふうに描くのか、興味がありました。結局、古文書に記録されているものとも講談が描くのとも違う脱出劇でしたね。

|

きょうは同窓会?


<街歩き+大阪市立大学教授の講演>に行こうか、琵琶を聴きに行こうか、と迷っていたのですが、結局、国立文楽劇場で琵琶を聴くことに。受付で封筒を出すと「○○先生からのご案内ですね」。えっ、先生? 彼女はそんなに偉かったのか・・・。

中学の同級生3人(その先生+奈良からやって来た女性+私)が、ロビーでにわか同窓会。去年広島県三原市で開催された同窓会に欠席したので、同級生の消息をいろいろ聞きました。かつてテレビの経済番組にレギュラー出演していた男が最近、離婚して再婚したという情報は衝撃的でした。70歳で、ひとまわり若い嫁さんもらったというのですから。さすがに女性連中はあきれて?いました。

|

あちらもこちらもブーメラン

http://www.sankei.com/west/news/161016/wst1610160043-n1.html

|

こうして数字に騙される、全国学力テストの見方

http://www.sankei.com/column/news/161016/clm1610160008-n1.html

|

この教育界にしてこの学生あり


http://www.sankei.com/premium/…/161016/prm1610160021-n1.html

|

10/16/2016

ここがおもしろい! 正倉院文書 その1


きょうは読売大阪ビルの「ギャラリーよみうり」で、講座「ここがおもしろい! 正倉院文書」を受講しました。講演は2テーマ、最初は宮内庁正倉院事務所技官・佐々田悠氏の「正税帳にみる正倉院の世界」。おもしろかったのは、「正倉院文書は8世紀の東大寺写経所帳簿 ≒反故の集合」という解説。

律令公文類は国家理念を反映した「外向き文書」、保管期間は最大30年。その後は裏を利用するために払い下げられました。これを利用したのが、現場の運営のための「内向き」帳簿だった写経所文書。

律令公文類には、戸籍や正税帳(しょうぜいちょう)があります。正税は正倉で管理した稲穀やえい稲(+酒)で、田租や出挙(すいこ)の利益からなります。正税帳は正税の出入りを記した諸国の財政収支報告書です。今年の正倉院展には、和泉監(いずみのげん、監=国)や摂津国の正税帳が出陳されます。
諸国にもあった正倉院の実態がわかる記述もあります。

正倉院の北倉=光明皇后が大仏に献納した宝物、国家珍宝帳(宝物のリスト)
中倉=東大寺の資財(法要の仏具、諸堂の什具)。
南倉=薬物、造営関係の実務用品 → (高麗)人参や大仏に塗る砂金 今年、これらの出入りを記録した「出入帳」が出陳されます。

|

10/15/2016

新装なったJR大阪駅前バスターミナル とスカイウオーク


JR大阪駅前のバスターミナルが 10月に新しくなりました。 スカイウオークもできました。

Dsc_0087


Dsc_0086


|

チキンラーメン炒飯


別にチキンラーメンをポキポキ折ってチャーハンに入れているようには見えません。感触的にはチキンラーメンとチャーハンを食べてるような感じもしますが・・・
上に乗っている黒っぽい塊は、明治・大正・昭和・平成の天皇陛下もお召し上がりになった「住之江味噌」(製造元 住吉大社東参道の池田屋)です。

Dsc_0083


|

メロディアンの甘酒


最近、愛飲している甘酒。生姜入り1リットルパックを初めて見つけたので買ってきました。今まで買っていた普通の1リットルパックとともに。

Img_20161015_192617


|

日本をひどい国と力説すれば評価される報道界の悪弊


http://www.sankei.com/column/news/161015/clm1610150004-n1.html

|

10/14/2016

facebookで過去の記事を検索する方法

http://munesada.com/2015/08/14/blog-5775

|

朝日新聞部数急減で苦境に


週刊ポストが全社員に配布された社外秘資料を取り上げています。

http://news.livedoor.com/article/detail/12146077/

|

10/13/2016

シャープのプラズマクラスターで増毛効果?

http://www.sankei.com/west/news/161013/wst1610130086-n1.html

|

新聞・テレビの報道が嘘八百になる理由

hhttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/49808

|

没後20年司馬遼太郎展が開催されます


10/13付産経新聞1面。北九州からスタートし、大阪、高知、横浜を回ります。
入場料が書いてないなあ。

Img_20161013_112947


|

想像を事実にする新聞記者


http://www.sankei.com/west/news/161012/wst1610120056-n1.html

|

民進党が支持されない理由


http://www.sankei.com/premium/news/161013/prm1610130004-n1.html

|

10/12/2016

ルイ・ブライユを知らない? 小学生でも知ってる有名人だよ


これは初耳です。

http://www.sankei.com/west/news/161011/wst1610110002-n1.html

|

風変わりなドラマが始まった


MBSの火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」、冒頭から「情熱大陸」そのもの。主人公・森山みくりをよくよく見れば新垣結衣。葉加瀬太郎のテーマ音楽まで流れてきたけど、あっ、これドラマの中? そのうち「プロフェッショナル 仕事の流儀」風シーンもテーマ曲付きで。もっともこちらはすぐに中断。まあ、「情熱大陸」は自局(MBS)制作だけど、「プロフェッショナル」はNHKの番組だからねえ。

ストーリーもユニーク。プロの独身男に、契約結婚を申し込んだ「大学院で心理学を専攻し、就職試験に全敗。派遣社員も首になった無職の女(新垣結衣)」がこの男と事実婚を始めます。
いったい、今後どんな展開が?

|

読売新聞に詳報が/正倉院レクチャー その11


先日の正倉院レクチャー大阪の詳報が、10/10付読売新聞(大阪本社)に3面使って大きく紹介されています。

Dsc_0070


Dsc_0067


Dsc_0068


Dsc_0072


|

10/11/2016

炭酸飲料の吹き出しを防ぐ


これもきょうの「あさイチ」のスゴ技Qです。
PETボトルを静かに横に寝かせます。25℃のとき20秒あまり。

これで吹き出しが防げる理由は次のとおり(「あさイチ」ホームページから)
<炭酸飲料が吹き出す原因は、飲料の中に溶けている二酸化炭素です。刺激が加わると二酸化炭素が細かい泡となります。ふたを開けると、この泡が膨張し、周りの水分まで一緒に巻き込みながら浮き上がるので、吹きこぼれにつながります。
そこで、ペットボトルを横に寝かせると、水深が浅くなり、吹きこぼれの原因となる泡が早く水面に上がります。さらに、空気と接する表面積が広くなるので、泡が抜ける場所が増えます。この2点から、横に寝かせるだけで、短い時間で吹きこぼれにくくなるのです>
なお、番組中では缶ビールにも適用できると言っていましたが、ホームページには「缶については、この方法が有効かは、検証できていません」と書いてありますから期待できないかもしれません。

|

瓶の蓋を楽々開ける


今朝の「あさイチ」のスゴ技Qで紹介していた、道具を使わず簡単に開けにくい瓶の蓋を開ける方法。
こうすればより強い力(1.3倍)を出せます。近畿大学谷本道哉准教授が勧めるその方法とは・・・
1.瓶を胸の前に持ち、左手で上から蓋を握り、右手は瓶を握ります。
2.手首をひねらず、腕を伸ばしていくと、蓋が開きます。

NHK「あさイチ」のホームページに詳しく書いてあります。
力の弱い女性にこそオススメのビンのふたの開け方。
「腕を伸ばしながら、ふたを開ける」こと。腕を曲げたときよりも、伸ばしたときの方が大きな力をかけられるためです。
腕を曲げるよりも伸ばして力を入れた方が、およそ1.3倍の強い力が発揮されます。
さらに腕を伸ばす動きに加えて、より開けやすくするための3つのポイント。
1.「左手でふたを握る」。ビンのふたは反時計回りに動かすと開く。左手でふたを持つと、うでを伸ばしながら開けることができます。
2.「手首と腕を一緒に動かす」。手首をひねると、腕の力がビンに伝わりにくくなります。
3.「脇を開け、下向きに押すように伸ばす」。脇を締めていると、ひじを伸ばしにくいので脇は開けます。さらに、腕を下に向けて押すようにすると、胸の筋肉も使うことができるので、さらに効果的。

|

チキンラーメンのチャーハン

Dsc_0080


|

広島のはっさくジュース

Dsc_0079


|

10/10/2016

芝川家と教育~広岡浅子と竹鶴政孝・リタ/帝塚山学院100周年記念文化講演会 その2

芝川家当主の千島土地株式会社代表取締役社長・芝川能一氏から、芝川又平(5代)、芝川又右衛門(6代)、芝川又四郎(7代)、芝川又之助(8代)と広岡浅子(あさが来た)、五代友厚、竹鶴政孝(マッサン)・リタや帝塚山学院との関係について写真や地図、契約書、設立趣意書等を駆使して説明がありました。

さすが大阪を代表する財界人だけあって、多方面で活躍されています。
なお、広岡浅子と五代友厚は実際はあまり接触がなく、ドラマはフィクションだそうです。またドラマの野々村は再婚していましたが、モデルになった芝川又四郎は再婚もせず、5人の子供を育てました。リタは上の3人の女の子に英語を教えました。

現在もレトロ建築として知られる御堂筋そばの芝川ビルは、芝川家の資産管理ビルとして造られたそうです。余ったスペースで戦前は花嫁修行学校を経営していました。卒業生は3,000人。

講演内容は大変面白かったのですが、残念だったのは帝塚山マダムらしきひとりのご婦人が、スマホ(フラットなデジカメ?)ですべてのスライドをガシャ、ガシャとホール中に響きわたる大きなシャッター音を鳴り響かせながら撮影していたこと。撮影禁止ではなかったのですが、数分ごとにあんな耳障りなシャッター音を出すとは非常識。

|

井上章一・磯田道史両先生に会える催し


国際日本文化研究センター(日文研、京都市西区)が、10/29(土)一般公開されます。写真はけさの産経新聞文化面記事。「京都ぎらい」の井上先生、NHK歴史番組に頻出の磯田先生が登場されるようですから、これは大盛況でしょうね。アクセスがあまりいいとはいえないようですから、バスに乗り損ねると大変?

Dsc_0066


|

北九州銘菓

久しぶり。

Dsc_0065


|

きょうは、帝塚山学院100周年記念文化講演会 その1


住吉区民ホールで、講演会がありました。

最初に帝塚山学院理事長のあいさつ、続いて雑誌「上方芸能」を1968年から2016年まで発行してきた木津川 計氏が「帝塚山派文学学会」について紹介しました。

「今日ほど大阪の格が下がり、ゆがめられたことはない。東京人は、大阪人はいつもボケとツッコミで会話するとか、オチが必ずあるとか、女はヒョウ柄の服装で歩いているとか本当に思っている。大阪にいてそんなもの見たことありますか?」

「街の格は、文化のストックがあるか? 景観に文化性があるか? で決まります。大阪からの情報発信が問題。50年代=がめつい、60年代=ド根性、70年代=ドケチ、80年代=ド派手、90年代=ハレンチ・・・」

「帝塚山学院の教員や学院に関わりをもっていた帝塚山派の作家たちの文学は、ゆがめられた大阪像と違って、含羞(がんしゅう)を帯びています。これらの文学を顕彰し、正しい大阪の姿を世に広めたいと、1年前に帝塚山派文学会を発足させました」。

参考<設立時の広報から>
 昭和の時代に住吉の地には「帝塚山文化圏」とも呼ぶべき香り高い文化の世界が存在しました。中でも、藤澤桓夫・長沖一・伊東静雄らの戦前からの文学活動に、庄野英二・庄野潤三・石濱恒夫・阪田寛夫らの新進作家が加わり、大阪文学の大きな流れを形成しました。
 その中心地にある帝塚山学院の創立100年迎えるに際して、その文学者たちの研究と再評価のために「帝塚山派文学学会」が発足します。

|

10/09/2016

きょう真田幸村誕生 !

大阪城天守閣館長・北川央氏の予言を何回も講演会やトークショー、NHKの番組収録で聴いてきましたが、いよいよその通りになりますね。これまで着々とその線でストーリーが作られてきました。兄・信幸が家康の命により、真田家の諱(いみな)の一字「幸」を外されたため、真田一族で「幸」名乗るものがいなくなりました。そこで信繁が夏の陣の前、「幸村」と名前を変えることを宣言したのではないか。これが北川氏の説でした。北川氏は旭堂南陵氏、桜花昇ぼるさん、 朝香櫻子さんとともに高野山蓮華定院にある真田信之の墓を調査、そこに「信幸」と刻まれていることを発見し、兄も死ぬ前に元の「信幸」に戻していたことを知ります。これを見て、「信繁も夏の陣前に幸村と改名したに違いない、と確信した」とおっしゃっていました。その説がNHKを動かしたということでしょう。

ところで 10/10 は真田幸村が九度山から脱出し、大坂城に入城した日です。この日は、上田城と大阪城が友好関係を締結した日でもあります。大阪城では10/8から様々な記念行事が行われています。昨日はすみよし歴史ガイドの会合と講演会、きょうは帝塚山学院100周年の講演会(マッサン関連の話をマッサンを援助した芝川家御当主がされます)があります。明日は大阪城に行きたいけど、いまカメラが使えないからなあ。

|

10/08/2016

きょうは大阪市立大学岸本直文教授の講演会


テーマは「帝塚山古墳はどこまでわかっているか」。最新の研究も含めた内容でした。
帝塚山古墳は、大阪市内に現存する唯一の古墳です。ちゃんと前方後円墳の形が残っています。
岸本先生は、新たに3段築成案を紹介され、実際は現状よりもっと大きかった可能性があることを示されました。
いつも古墳の入口から見るだけですので、今度中に入れるチャンスに参加し、頂上まで登ってみたいものです。

|

明治・大正・昭和・平成の天皇に(美智子妃殿下にも)愛されてきた池田屋の味噌

きょう住吉大社東参道と熊野街道の交差点にある、有名な味噌屋・池田屋さんに行きました。19代当主・90歳のご主人と30分以上立ち話。来月、学生時代の友達に会うとき、有名な住吉の名物としてお土産に持って行こうと思ったのですが、高級品のイメージがありすぎて自分で食べたことがない。まずは味見してからと出掛けてきました。

「まあ食べて見てください」と勧められ、絶品のおかず味噌として知られる「住之江味噌」(住吉と書いて昔は<すみのえ>と読みました)、「柚味噌」を試食しました。なるほど、並みの味噌とは違います。言葉で表現しにくいふかーい、ふかーい味です。ご主人のお勧めは、焼きナスに住之江味噌、温かいご飯に住之江味噌を乗せて食べる。確かにいくらでも食べられそう。

店には元禄時代の巨大な木製桶や味噌をかき混ぜて作るときのヘラ(硬い栗の木で出来ていますが、3年使うとすり減って小さくなっています)、宮内庁からのお礼状(明治時代の見事な毛筆で書かれた書状)などが飾ってあります。

建物全体が有形文化財です。市が400万円持ってきて、家の内部も修理して下さいと言われたそうですが、内部まで文化財に指定されると、他人に入り込まれて私生活が覗かれるので外観だけにし、お金は突き返したとか。
どうやらお金もうけは眼中にないようです。あちこちの百貨店から販売させて欲しいと言ってきたそうです。以前はT百貨店で数千万円の売上があったそうですが、いまは基本的に住吉大社そばの店だけで販売しています。「買うのは100gにしようかな、200gにしようかな」と思っていたら、「家族は何人ですか?」、「2人です」と言うと、「ああそれなら100gにしなさい。常温保存でいつまでも持つ。賞味期限を書かなきゃいけないので、一応40日にしていますが・・・。よその有名な味噌でも調味料(味の素)を入れているが、うちの住之江味噌は米味噌(大豆)と砂糖、胡麻しか使っていない。添加物を一切含まない伝統的な製法で作っています。いまでも大豆を煮て火を止めるタイミングは、呼びに来るので90歳の私が判断します。その後、すりつぶした胡麻を加えて余熱でじっくり加熱します」。

「住之江味噌」100g 617円、「柚味噌」100g559円。 なお、柚味噌は白味噌が入っているので冷蔵庫保存だそうです。

Dsc_0052


Dsc_0056


Dsc_0058


Dsc_0057

Dsc_0061


Dsc_0055


|

10/06/2016

みんなで大合唱<トトさんの名はじゅうろべえ、カカさんはおゆみと申します>/ハッピーエイジング&ソナエ博 2016秋 その2


文楽の人形遣い・豊竹英太夫(はなふさたゆう)さんと講談師・旭堂南陵さんの対談、司会は亀岡典子産経新聞文化部編集委員でした。

現代の文楽は3人遣いですが、近松のころは一人遣いでした。近松はもともと講釈師から文楽の作家になった人です。
江戸のヒーローはかっこいいのに対して、上方は仕事はできるが遊女とふらふら遊ぶという男ばかり。近松は人間愛をテーマに、現代に通じる伝統芸能を書いています。旦那の浮気、人を許す愛情、相手の女性も許す・・・こうしたストーリーが名作として残っています。江戸時代でもありえないことを文楽にして人々を楽しませてくれました。
といった話から、「文楽の師匠はとにかく怖かった。細かい修正箇所が100も200もあり、足が冷たくなって寝られなかった。内弟子になって3食作って掃除もした。師匠はとにかく稽古をつけてくれない。気配・雰囲気をかぎとって行動する。師匠の茶碗がカラになりそうな瞬間を狙ってご飯をよそう。すべてが修行だった。今の弟子は言ったことしかやらない。時代が変わった。メールでお稽古をお願いします、と言ってくる。褒めて伸ばすのはアマチュア、プロは泣いて(怒られて)伸びる」と修業の話も。
文楽も講談もみんな長生き、人間国宝の竹本住太夫さん(10/19に大阪市大特別授業で対談を聴きます)は93歳、南陵さんの先々代はあと1週間で90歳という日に予言通り亡くなった。
長生きする秘訣は、声をだすこと。三味線は教えるとき大声を出すし、人形遣いは声をださなくても足腰を鍛えられる。
最後に、英太夫の音頭で大声を張り上げる訓練がありました。
<トトさんの名はじゅうろべえ、カカさんはおゆみと申します>、これを大声で十回くらい繰り返したでしょうか。傾城阿波鳴門(けいせいあわのなると) の名場面ですね。2年前くらいに阪急うめだ(だったと思う)で開催された「文楽展」でハイライトを演じていました。大阪・玉造の真田丸顕彰碑から坂を下ったどんどろ大師に像があります。

終わった後、下りのエレベーターでいっしょになった司会の亀岡典子記者にご挨拶。「いつも新聞紙面で記事を読ませていただいています」「あら、いまの対談をご覧になっていたんですか?」。文楽や歌舞伎など古典芸能担当の専門記者です。昔から署名記事はよく目にしていますが、お目にかかったのは初めて。

|

琵琶の演奏会


中学時代の友達が「錦心流琵琶秋季演奏会」の招待券を4枚送ってくれました。10月16日(日)11時開演、会場は大阪市 国立文楽劇場小ホールです。
残念ながらこの日は、熊野街道を歩いた後、大阪市立大学教授から「熊野街道と住吉」の講演会を聴く予定が入っています。
せっかくの招待券ですので、興味をお持ちの方がいらっしゃればお送りしますが・・・

壇の浦、山科の別れ、石童丸、西郷隆盛、俊寛、道成寺、大江山、巌流島、井伊大老、木村重成、桶狭間 などどこかで聞いたことのあるような演目がずらり並んでいます。
琵琶法師は知っていても、琵琶の演奏会を実際に観たことのある方は少ないのでは?
わたしも2年前?同じ友達からチケットをもらって文楽劇場で鑑賞したのが最初でした。

|

<べっぴんさん>にマッサンのエリー登場


大阪制作の朝ドラでヒロインを演じた女優さんが続々出てきますね。シャーロットのほかに、菅野美穂(39)、三倉茉奈(30)など。

http://www.sankei.com/west/news/161006/wst1610060064-n1.html

|

サムスンのスマホ、リコール後も機内で発煙


http://www.sankei.com/economy/news/161006/ecn1610060019-n1.html

|

新妻聖子、カラオケNo.1三連覇 驚異の100点への3曲メドレー


https://www.youtube.com/watch?v=n58YJcTXYWQ

https://www.youtube.com/watch?v=tsbRNt1U0-c

https://www.youtube.com/watch?v=y9GH0DIIfZ4

|

10/05/2016

今夜も生でさだまさし、あべのハルカスから


今週土曜日夜(10/09 日曜日0時05分~1時35分)は、あべのハルカスから実況中継です。高さ300mの展望台から本来ない場所に現れる謎の幽霊通天閣も紹介されるかな?

http://www4.nhk.or.jp/masashi/

|

井上章一先生の<関西人の正体>


なにやら怪しげな本ですが、この本こそ井上先生の2016年新書大賞受賞作「京都ぎらい」(朝日新聞出版、2015.9)や現在、産経新聞夕刊に連載中の「大阪まみれ」の底本みたいな本です。
その証拠に、10.3付「大阪まみれ」のテーマは「京都生まれのノー〇ン喫茶」(新聞紙面では〇の部分に「パ」と書いてあります)とほぼ同じ記事が、「関西人の正体」にも出てきます。
 
多くの人がなんとなく大阪発の営業と受け止めているが、断じて違う。自分が京大の学生だった頃、研究室で話題になり、コーヒー1杯250円(1979年春)払って見に行った。大阪の「あべのスキャンダル」が話題を呼びだしたのはもっと後。生き証人として、京都の方が大阪よりはやかったと、言い切れる。

という内容で、大阪への不当な偏見をしりぞけようと健筆をふるっていただいています。
初めから終わりまで、「関西人も知らない 関西人のホンネ」でつづる知的エッセイ。関西人に貼られたレッテルを敢然とひっぺがしてくれます。

Dsc_0051


|

発火爆発スマホだけでなく、爆発破裂洗濯機も


電化製品も恐ろしい!

http://www.sankei.com/world/news/161005/wor1610050009-n1.html

|

きょうの<こころ旅>は わがホームグランド

NHK BSP 日野正平さんの「にっぽん縦断こころ旅」、奈良から西日本縦断の新しい旅がスタートしています。きょうは天王寺公園・市立美術館前で通天閣・あべのハルカスを眺めた後、地下道を通って阪堺電気軌道(ちんちん電車、地元の人は愛情を込めてちん電と呼びます)の天王寺駅前駅で超低床車両(堺トラム)「青らん」に乗りこみ住吉鳥居前駅で下車、そこからチャリオくんに乗って、大和川で鉄橋を渡るちん電を眺め、浜寺公園駅まで移動。

堺トラムは現在3編成(青らんの他に、茶ちゃ、紫おん)あります。3万円寄付したら車内のプレートに名前を刻んで貰えたとは知りませんでした。お手紙は、2014年8月、愛する夫(60歳)を肺癌で失った奥さんが、主人の名前で3万円寄付しプレートに名を刻んでもらったという内容。「青らん」と出会うたびにご主人を思いだし、勇気付けられるそうです。

日野さんが「チン電」のチンを高く発音するのは非常に違和感がありました。「ちん電」はフラットな発音で言ってもらわないと。

|

10/04/2016

あっ、きのうで真田丸展前半が終わり、展示替えだった


7/22の真田丸プレ講座第1回のとき、「真田信繁の書状が5点も観られる機会は二度とない。ただし、10/3までの前半とそれ以降の後半では展示替えがあるので、5点とも見るには前半、後半とも見て頂かないといけません」といわれたのを偶然、当時のブログを見直していて発見。
しまった。きょうから後半だ。
まあ、いいか。写真と翻刻文は5点ともプレ講座で観たので。

|

新しい大阪ラーメンです


今回の「大阪ラーメン」は、どんぶりに変わりました。大阪王将も協力しています。

Dsc_0050


|

新しい大阪ラーメンです


今回の「大阪ラーメン」は、どんぶりに変わりました。大阪王将も協力しています。

Dsc_0050


|

10/03/2016

高齢者免許返納率 大阪2年連続1位


平成27年の65歳以上の自主返納率は、1位 大阪 3.21%、2位 東京 3.06%、3位 兵庫 1.94%だそうです。
大阪の返納者数は、24年に7,118人でしたが、27年は最多の2万9451人。28年のデータには私も加わります。

|

神戸風月堂の<冷やしぜんざい>


先日、あべのハルカス近鉄本店で赤福の<冷やしぜんざい>(伊勢でも限られた店のみ)を食べようと出かけたら、すでに赤福茶屋は影も形もありませんでした。最終日を間違えていました。
ということできのうは、同じ百貨店にある「神戸風月堂」(こちらは常設店)の<冷やしぜんざい>を。赤福の<冷やしぜんざい>もおいしそうだったので食べたいなあ。来年は伊勢に行って食べてこようかな。(今年の夏は、鳥羽で<赤福氷>を食べました)。

Dsc_0046


|

今年は行けるぞ、正倉院文書講義/正倉院展レクチャー その10


参加証が届きました。3年前から正倉院展開催に合わせてその年の展示内容に沿った学問的な講義が聴けます。
去年は開催情報を入手できなかったのか、抽選に落ちたのか出かけた記憶がありません。
2年ぶりの参加、楽しみです。

Img_20161003_0001


|

立体模型を造って細部を検討した?/正倉院展レクチャー その9


設計図はあったのだろうか?という話が出ました。ただ紙だけでは細部がわかりにくいので立体模型(様=ためし)を造っただろうとのことでした。100年ぶりの正倉院改修時も模型を造ったそうです。
サグラダファミリアも、ガウディが30分の1の模型を造っています。

|

大木から校倉造りの校木を造ってみた/正倉院展レクチャー その9


会場入り口に京都美術工芸大学の学生が、大木から校木を実際に当時の工具で再現したものが展示されていました。
正倉院が造られた当時、まだノコギリも表面をつるつるに仕上げるヒラカンナもありませんでした。斧、楔、木槌、チョンナ、ノミ、ヤリガンナだけで造るのですから大変です。
正倉院の校木は直径1m20cmの巨木から円周方向に6本の柱を切り出したそうですが、再現は直径80cmの大木を用いたそうです。

なお、正倉院には北倉、中倉、南倉がありますが、校倉造りは北倉と南倉だけ、中倉は板壁です。
もうひとつ、現在、正倉院の中に宝物は保存されていません。昭和になってできたコンクリート造りの別の倉庫(東宝庫、西宝庫)に収納されています。

去年は「校倉造りの効能は嘘」と大々的な解説があり、いささか衝撃を受けました(小学校で習ったあれは何だったんだ!)が、今年は正倉院の建築がテーマのひとつになっていたこともあり、校倉造りと、唐櫃、勅封が保存に効果を上げてきた、というマイルドな説明でした。

Sp1020481


Sp1020485


|

こんなにあった、蓮舫氏の過去の二重国籍発言

http://www.sankei.com/column/news/161002/clm1610020004-n1.html

|

10/02/2016

乙女文楽を初めて観た/ハッピーエイジング&ソナエ博 2016秋 その1

今回チケットが入手できたのは、「南陵の元気塾(人形浄瑠璃の魅力にせまる トークライブ<豊竹英太夫さんと語る(旭堂南陵さん、亀岡典子産経新聞文化部編集委員)>、乙女文楽(人形遣い桐竹繭紗也さん)」、生き方講演会(作家・高野山本山布教師 家田荘子さん 「プラチナ世代の愛と性」、スペシャル対談「供養の心」=家田荘子さん、イオンライフ社長、タージン=)とセミナー1件。
残念ながら、ビリー・バンバンコンサートはチケットが手に入りませんでした。
文楽は生でもテレビでも観たことがありますし、今年の大阪市立大学の文楽の授業「ひらかな盛衰記」に出席しました。今月は人間国宝・竹本住太夫さんと大阪市立大学長の対談も聴きに行きます。
文楽はすべて男性が人形遣い(ふつう3人で動きを分担)、浄瑠璃、三味線を演じます。これに対して、乙女が人形をひとりで操る乙女文楽があるんですね。昭和初期に大阪で始まったそうです。もちろんわたしが生で観たのは初めて。演目は静御前でした。終わった後、人形の構造や一人でどのように動かしているのか、さまざまな仕掛け・工夫を解説していただきました。
詳しいことはこちらのサイトでどうぞ。

http://otome-bunraku.jp/

Photo


|

10/01/2016

黒ライオンといっしょに写真を撮った、ガオー


中之島公園の芝生に現れた黒ライオン。トーヨータイヤの廃タイヤ80本を韓国の芸術家が切り刻んで、制作した芸術作品です。実にリアルで迫力満点。
ガオーとうなったところでシャッター押してもらったのですが、孫娘が写真でよく見せる「ガオー」の表情の怖さにくらべてなんとやさしいこと。
公開はあすまで。中之島公園バラ園の東、芝生のエリアです。

Trimdsc_0026


Dsc_0015

|

かかりつけ薬局・薬剤師は決めた方がいい?


薬との正しい付き合い方の最後の話題は、最近導入されたかかりつけ薬局・薬剤師の話。

知られていないのが、「同意書に署名すると、指名料がかかり、毎回負担金が20~100円(健康保険の種類によって異なる)増える」ということ。
その代わり、24時間薬の相談ができます。勤務表がもらえて、連絡先を教えてもらえるそうです。

|

« September 2016 | Main | November 2016 »