« たこ焼き7個でたった100円!/大阪市大大学祭 | Main | ブラタモリ/大阪はなぜ日本一の商都になったか がおもしろかった! »

11/05/2016

大阪市立大学ツアー その1


きょうは「すみ博2016 すみよし観光ツアー/大阪市立大学の構内を巡る」に参加して(参加費500円)きました。
都市研究プラザ 水内教授と文学研究科 北村教授の案内で20数名が構内をまわりました。

JR杉本町駅を出発して、杉本町周辺および大阪市立大学、米軍キャンプの歴史→田中記念館およびメタセコイアの植生観察→米軍閲兵台跡→学内の植生を観察→五代友厚像→1号館(モダニズム建築の特徴)→1号館と本部棟の間の地下構造解説→旧第1書庫(モダニズム建築)→学術情報総合センター屋上(屋上庭園からキャンパス、周辺を眺望)

学術情報総合センターは370億円かけて建設され、蔵書数は370万冊。先週行った日文研が50数万冊でしたから、大阪市大の蔵書はたいした数です。大阪市の良き時代に金をかけてもらったようです。同じころ改築された阿倍野区の医学部、病院の投資額は2,000億円だったそうです。

解散してから一人で「南部ストリート」を歩きました。ノーベル賞を受賞された故南部陽一郎氏は渡米前、大阪市大理論物理学教授をされていました。同氏のノーベル賞受賞を記念して作られた道でしょう。
なお、ノーベル賞を受賞した山中伸弥京大教授も、医学博士を取得したのは大阪市立大学。その後、奈良先端科学技術大学院大学で iPS細胞の開発に成功し、京都大学へ移りました。

写真は南部ストリート。

Sp1030696


Sp1030702


|

« たこ焼き7個でたった100円!/大阪市大大学祭 | Main | ブラタモリ/大阪はなぜ日本一の商都になったか がおもしろかった! »