« 南海河内長野駅付近の「高野街道」 | Main | 南海電車の格安切符自動販売機 »

11/13/2016

須藤英二さんのフルートコンサート

魂を揺さぶるような澄んだフルートの音色、空気の振動が聴き手に伝わってきます。CDや大会場では味わえません。個人邸宅のダイニングに椅子を並べた、こじんまりしたコンサートならではの音色でしょう。

杉原邸のホームコンサートも今年で6年(回)目。私は2回目から参加していますので、5回連続参加です。今年も30数名参加していました。
なかにはツイッターで「須藤さんのフルートを是非聴いてください」という記事を見て、マイカーを2時間走らせて八日市からやって来た親子の方も。
私にとっては、フルートだけでなく、毎年、この日しか会わない昔の同僚2人との語らいも楽しみのひとつです。

写真は演奏中の須藤氏。写真撮影およびブログ掲載の許可をいただきましたので。なお、音は著作権上問題があり、著作権協会から請求書が来るかも?ということなので遠慮します。須藤氏のHPから多くの曲の一部が聴けますのでそちらでどうぞ。


http://ei1961.sakura.ne.jp


きょう聴いた曲は、北の国から、風笛(かざぶえ、朝ドラ「あすか」のテーマ、歌詞なし、宮本文昭のオーボエ演奏)、櫻舞う頃( 中島美嘉)、椰子の実、コスモス、愛燦々、太陽がいっぱい、情熱大陸(ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の「みくり」=新垣結衣=を思い出しました。葉加瀬太郎 作曲)、時の流れに身をまかせて、明日(あした、平原絢香)、もみじ、中山道、ジュピター(平原絢香が歌って有名になったが、もともとはクラシック「惑星組曲」)など17曲だったかな。

Sp1040363


Sp1040365


|

« 南海河内長野駅付近の「高野街道」 | Main | 南海電車の格安切符自動販売機 »