« WINTER FLOWERS | Main | 東京発情報を信じるな(Cybozu Days 2016 その2) »

12/07/2016

共に生きる(Cybozu Days 2016 その1)

12/6(火)、グランフロント大阪で開催された「Cybozu Days 2016」に参加しました。以前勤務していた企業で、同社のグループウェアを使っていたことがあります。今は特に関係ないのですが、申し込んだら受講票がとどきましたので。

テーマは「共に生きる」。離職率28%だった同社が、組織や評価制度を見直し、ワークライフバランスに配慮し、社内コミュニケーションを活性化して多様な生き方を可能にした結果、今や離職率は4%以下に低下。そうした成果を社の理念に掲げて、社業に取り込んでいる点がすごい。民間企業が、「共に生きる」をテーマにカンファレンスを開くというのも異色。

東証1部上場の大会社で、「在宅勤務可」「時差出勤可」「労働時間選択可」「副業許可」「最大6年までの育児休暇、介護休暇制度」「自分を成長させるための転職や留学のために最大6年の休暇制度」「子連れ出勤可」などを認めている職場はほかに例がないのでは?

しかもただのお題目でなく、青野社長さん自ら育児休暇を3回取得したそうです。
「100人いれば、100通りの生き方がある」、なるほどねえ。日本の企業もどんどん変わる?


|

« WINTER FLOWERS | Main | 東京発情報を信じるな(Cybozu Days 2016 その2) »