« 家庭で起きる子供の事故 | Main | 世論調査 ポスト安倍は安倍 »

12/21/2016

プーチンは、長門の旅館で料理をほんとうに食べたのか?


12/21の産経新聞に、曽野綾子さんが面白い文章を書いています。「ニューズウィーク 日本版」12月20日号によれば、プーチン氏の外国旅行前は、厳重な諜報機関の下見が行われます。バスルームで、生物兵器による危害が加えられないか、エレベーターは安全か。なんとタオルやシーツ、化粧品までロシアから持ってきたものを使うそうです。毒殺を避けるため、たとえ国家元首が用意した食材でも、決して口にしません。「晩餐会席でも、プーチンは食事に手をつけない。訪問先の国に失礼だとは考えもしない」。

「ニューズウィーク」通りとすれば、大谷山荘でもプーチン氏は、料理を眺めて愛でるだけで、ほとんど一口も食べなかったのでは?というわけです。日本のマスコミは調べられるのに、 こういう点は報道してくれないと苦情も。メニューにふぐまで許された日本とロシア間には、通常ではない関係ができているのか、「ニューズウィーク」がでたらめなのか・・・私も知りたい。

|

« 家庭で起きる子供の事故 | Main | 世論調査 ポスト安倍は安倍 »