« 岡山桃太郎像、衣類は優しさ? いたずら? | Main | これも表現の自由? »

02/08/2017

曽野綾子さんの「夫の旅立ち」

きょうは休載かと思っていたのですが、いつも通り連載「曽野綾子の透明な歳月の光」(産経新聞)を見つけました。

<たくさんの人たちの配慮に包まれて、夫はこの世を去った。口も態度も悪い人だったから、改めて感謝もしなかっただろうけれど、彼の生涯が平穏そのもので明るかったのは、よき人々の存在に包まれていたからである>
<死の朝の透明な気配を私は忘れない。(前夜から病室に泊まっていたが)夜明けと共に起き出してモニターの血圧計を眺めた。何度も危険な限界まで血圧が下がっていたが、その朝は63はあって呼吸も安定していた。朝陽が昇り始め、死はその直後だった>
<病室は16階だった。西南の空にくっきりと雪をかぶった富士が透明に輝いており、自動車も電車も通勤時間に合わせて律儀に走り回っていた。それが夫の旅立ちの朝であった>

改めてきょうの見出しを眺めると、「何もかも平穏な冬の朝」。夫・三浦朱門さんの「妻をめとらば曽野綾子」に、「あとは野となれ 山となれ」と返した妻・曽野綾子さん。

曽野さんが一生に一回しか書けない夫への追悼の名文です。

|

« 岡山桃太郎像、衣類は優しさ? いたずら? | Main | これも表現の自由? »