« 醍醐寺霊宝館/今年は<醍醐の花見>に その5 | Main | 懐かしいテレビ番組やタレントが続々、<ひよっこ> »

04/12/2017

火野正平の「にっぽん縦断心旅」は広島県

昨日は高校時代、通学時に自転車やバスで通った御幸橋が出てきました。橋のたもとに震災の記念プレートができているんですね。高校卒業してから行ったことないなあ。

きょうのお便りは、68歳の人から送られてきた直筆の手紙。懐かしい風景は、子供のころ見ていた東広島市安芸津町赤崎から見た三津湾の絶景。赤土を生かしたジャガイモの名産地です、安芸津町は酒蔵が多く、タコも有名などと紹介していました。

赤崎のホボロ島は当時、松の繁る立派な島だったのですが、今や波間にわずかに岩礁がのぞくだけという憐れな姿になっていることも。原因は波による侵食ではなく、虫に食べられたから。10年?くらい前に大きな話題になりました。私はその頃、親戚の葬式のため安芸津から大崎までのフェリーに乗って、すぐそばを通りましたが、昔の勇姿が姿を消していることにあっけにとられました。

60年前通っていた小学校は三津湾に面しており、ホボロ島も近くに見えました。
きょうの番組で、正平さんは広島駅から新幹線で東広島駅まで移動し、駅前から安芸津行きバスに乗車、途中、市の畑で下車して自転車で赤崎を目指していました。「朝版」はそこで終わり。続きは夕方の「とうちゃこ版」ですね。きょうは夕方も見よう。

|

« 醍醐寺霊宝館/今年は<醍醐の花見>に その5 | Main | 懐かしいテレビ番組やタレントが続々、<ひよっこ> »