« 猫の食パン | Main | シンポジウム楠木正成考 その1 »

05/29/2017

播磨路バス一日研修旅行 その1

5/28(日)は「すみよし歴史案内人の会」の研修バス旅行で、兵庫県西脇・加西・小野を回りました。住吉大社の権禰宜さんも参加されました。参加者31名。

西脇市の日本のへそ公園、加西市(北条町)の今年創建1300年を迎えた住吉神社・酒見(さがみ)寺・北条石仏=五百羅漢・古墳群の玉丘史跡公園・北条鉄道乗車(法華口駅の名物米粉パン)・鶉野飛行場跡、小野市の小野市好古館を観てきました。
兵庫県に住吉大社系の神社が227もあり、広大な社領があったと聞いてビックリしました。新潟に次いで社領の多かったのが兵庫県、3番目が福岡県だったそうです。海から遠く離れた地にも数多くの住吉神社が社領を持っていたことは、社殿に使う木材を加古川を使って供給してきたのでしょう。住吉大社の影響力の大きさをあらためて感じました。

|

« 猫の食パン | Main | シンポジウム楠木正成考 その1 »