« かつてはこう主張していた人たちだったが・・・(憲法9条) | Main | 「木×仏像 飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年」その3 »

05/01/2017

「木×仏像 飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年」その2

宝誌和尚立像の顔から顔が出る奇抜な像のほか、激しい動きのあるポーズなのに倒れることなく片脚で立っている驚きの蔵王権現立像など、珍しい木彫仏がいっぱい。木彫仏をそざいである「木」に注目しながら辿る珍しい展覧会です。

平安時代の「頭頂から低部まで、両腕を含めて一材から彫り出す一木造」がたくさん並んでいます。ただし、一木造りでは大きさに限界があります。そこで登場したのが寄木造り。中学校の歴史や美術で習った言葉ですが、いままでイメージがよくわかりませんでした。この展覧会には、東京芸大の寄木造りの標本が出品されています。寄木造りの仕組みを知る人がほとんどいないため、美術史の講義で使うために作った模型です。仏像を垂直方向に分割し、それぞれのパーツを嵌め込んで組み立ててありました。なるほど、これが寄木造りですか・・・。

|

« かつてはこう主張していた人たちだったが・・・(憲法9条) | Main | 「木×仏像 飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年」その3 »