« きょうの「産経抄」、憲法の空文化が進む | Main | 「たねや」、こだわりへのあくなき挑戦 その2 »

05/06/2017

「たねや」、こだわりへのあくなき挑戦 その1

5/3のMBS TV「おとな会 オトナ度ちょい増しTV」は、「おとななら和菓子を五感で楽しもう」。近江八幡の老舗和菓子屋「たねや」がテーマでした。

昨年、近江八幡にラ コリーナという名所が登場しました。「たねや」の本拠地です。HPにこう書いてあります。
<ラ コリーナ近江八幡は、自然を愛し、自然に学び、人々が集う繋がりの場。八幡山から連なる丘に、緑深い森を夢み、自ら木を植え、ホタル舞う小川を作り、生き物たちが元気に生きづく田畑を耕しています。
このような環境の中に、和・洋菓子のメインショップをはじめ、たねや農藝、本社、飲食店、マルシェ、専門ショップ、パンショップなど、ゆったりとした自然の流れに寄り添いながら、長い年月をかけて手がける壮大な構想。
これからの人と自然、共に生きる“いのち”の在り方をわたしたちは見つめ、ラ コリーナ近江八幡から世界へと発信してゆきます。ご期待ください>

私は昨年、2回ここを訪問しました。だれもがあっと驚く施設です。以前、厚生年金会館があった広大な土地を購入して造ったもの。昨年、ブログで紹介しましたので、詳しいことはそのルポを見ていただくとして、当時、社長さんはどんな人? どういう哲学からああいうユニークな施設を造ったのだろう? と不思議に思っていました。

この番組は、「たねや」のこだわり、経営哲学を紹介したじつに興味深い内容でした。和菓子に命をかける社長の哲学はさすがでした。

(続く)

|

« きょうの「産経抄」、憲法の空文化が進む | Main | 「たねや」、こだわりへのあくなき挑戦 その2 »