« May 2017 | Main | July 2017 »

06/30/2017

きょうで6月も終わり


けさは「ひなちゃん」(産経新聞の連載漫画)が茅の輪くぐりをするつばめさんを応援していました。私も大江神社でくぐってくる予定です。

大阪はきょうから夏祭りスタート。トップバッターが愛染祭りです。 11:30からあべのキューズモールでオープニングセレモニー、続いて公募されたべっぴんさん13人が愛染堂まで宝恵駕行列、境内で駕上げ等の行事があります。この祭りから大阪では浴衣解禁。これから住吉祭りの最終日8/1まで大阪は夏祭り一色に染まります。

愛染祭りは、カップルにとって小雨の方が縁起がいいそうです。もっともきょうは激しい雨になりそうです。私は歓迎できませんねえ・・・。

|

動画200本以上制作


「3分間で早わかり!」シリーズを作り始めて3年半ほどになります。このほど一覧表を作ってみると、再作本数200本以上。もっとも非公開分(限定公開)を除けば200本を少し切ります。
リストを眺めていて、「あれ? 確かに取材し撮影したはずなのにタイトルがみつからない!」というテーマも。調べると、ブログで報告しただけで動画制作にまで手がまわらなかったものや、3分間にきちんと編集せず、中途半端な作品で終わっているものが見つかりました。

そんな作品に手を入れて2本紹介します。

3分間で早わかり! 大阪市大念佛寺万部おねり2016
https://youtu.be/ds47q-LXt3w

3分間で早わかり! 有名人の名がついた華麗なバラ2014
https://youtu.be/MKKcJBZdpNY

Photo


|

06/29/2017

ビートルズのチケットは当たったのか? 「ひよっこ」


みね子の話す奥茨城弁、かわいらしいですね。有村架純さんうまい。
今日の最後のシーン、郵便物の束をチェックする島谷のあの笑みの意味するものは? 有ったのか、なかったのか?

|

「埴生の宿」の埴生って何?

日本人のだれでも知っている歌「埴生(はにゅう)の宿」、きょうのNHK Eテレ「らららクラシック」が取り上げていました。日本の心を歌い上げたような曲ですが、原曲はイギリスのビショップ作「HOME SWEET HOME」。番組の中で、ソプラノ歌手森麻季さんが原曲(英語)と日本語で歌っていました。歌詞の意味するところは同じですが、日本語の歌詞の素晴らしいこと! 平安時代の日本文学を思わせるような巧みで上品な言葉、染み込んでくるような歌詞! こういう日本の抒情歌を教科書から排斥した文部科学省は、やっぱり前川前次官なみのろくでもない官庁だ。先日、東儀秀樹さんが演奏+講演会で「抒情歌の復活を!」と訴えていたのがよくわかります。
恥ずかしながらこの番組で「埴生」の意味を初めて知りました。「埴生の宿」とは、粘土だけで造られたみすぼらしい家のことだったんですね。そういえば埴輪の「埴」だ。

「埴生の宿」とは,床も畳もなく「埴」(土=粘土)を剥き出しのままの家のこと,そんな造りであっても,生い立ちの家は,「玉の装い(よそおい)」を凝らし「瑠璃の床」を持った殿堂よりずっと「楽し」く(=豊かで),また「頼もし」いという内容、だそうです。

|

06/27/2017

サービスのアイスコーヒーにつられて

KALDI天王寺店の前でアイスコーヒーをいただいたので(運が悪いと「只今の時間帯はコーヒーサービスは行っておりません」の札が出ています)、店内に入ってあれこれ買ってきました。いつも変わった食品が並んでいるので楽しい。

Sp1130857kaldi


|

「しびれそば」ってなんだ?

KALDIで買ってきた「冷やししびれ胡麻そば」、袋をよくよく眺めると、「豆板醤・ラー油・花胡椒による、しびれがアクセントの胡麻だれ。クセになる! 冷やしそばです」と書いてあります。

舌がしびれるのかな?

Dsc_0334


Dsc_0335


|

日本産さばだけど、原産国タイから輸入したさば水煮缶詰?

缶詰の缶を眺めていたら不思議な表記が・・・
「国産さばを100%使用」
「原材料名:さば(日本産)」
「原産国;タイ」
「輸入者;・・・」

日本近海で採ったさばをわざわざタイまで運んで、タイで缶詰にし、それを日本が輸入した?
日本国籍の漁船がタイ付近で採ったさばをタイで缶詰にして、日本が輸入した?

どちらなのでしょう?

Dsc_0337


Dsc_0336


|

動画 梅ジュースと梅ジャムの作り方


今年は従来の青梅の蜂蜜漬けをやめて、氷砂糖漬けから梅ジュース(シロップ)と梅ジャムを作りました。そこで来年以降のために、レシピを動画にしてyoutubeにアップしました。

MICROSOFTが動画編集ソフト「ムービーメーカー」の公開を中止(今年1月)したままだそうですので、突然パソコンが壊れて買い替えなければならなくなったときのために、代替ソフトを探して作ってみました。もっともこのソフトを見つけてダウンロードしてまだ数日ですので、全体像を理解しているわけではありません。

このソフトは、「無料」「日本語」「操作が容易」、しかも「ムービーメーカー」にない高度な機能(例えば動画のなかの人の顔にモザイクをかける)を豊富に持っているようです。もっとも「ムービーメーカー」で簡単にできたのにどうすればいいのかわからない(もしかするとできないかも)点もあります。

とはいえ十分使えますので、万一マイクロソフトがこのままソフトを供給してくれなくてもなんとかなりそう。
なお、「3分間で早わかり!」シリーズの体裁を維持するため、最初と最後の4秒間、合わせて8秒間は「ムービーメーカー」で作りました。(こういうTOP画面は代替ソフトにはつくれない?)


「3分間で早わかり! 梅ジュースと梅ジャムの作り方」

https://youtu.be/JUrg2qfIquM

|

06/26/2017

新緑あざやか、ちんちん電車の芝生軌道


あべのキューズモール前で。

Sp1130857kaldi


|

NHK BSP「SONGS/中島みゆきトリビュート


6/22放送の第426回は、島津亜矢、大竹しのぶ、クミコの3人が歌い(みゆきさんはビデオ)、そして中島みゆきの魅力を存分に語り合いました。

冒頭、「地上の星」を高らかに熱唱した島津亜矢「みゆきさんの歌には嘘がない。どんなときでも気持ちの中にしみこんでくる。心を全部さらけ出して、ぶつかって歌っている」。

大竹しのぶが最初に好きになったのは「わかれうた」。「タイトルからしてすごい。リズミカルなメロディ、なんだこの歌は!」。クミコ「みゆきさんの数々の造語、聞いたらだれでもすぐわかる。言葉の作り方が巧み」。

島津亜矢が歌った2曲目は「誕生」。「大きな愛の姿を歌っている」。

クミコは「世情」を歌いました。「シュプレヒコールという思いもかけない言葉を歌にして、新しい歌の世界を作り上げた。初めて聞いたとき、ああ、私はこういう歌を求めていたんだ、と思った。今までのカテゴリーにない歌」。

「中島みゆきを歌うこと」とは? 大竹しのぶ「みゆきさんの歌には一曲一曲テーマがある。その世界に入って歌っている」。その大竹が感情込めて歌ったのが「ファイト」。「社会の不条理と闘っている人への応援歌。自分も頑張ろう、という気になる」。

最後に3人がいっしょに「時代」を歌いました。ナレーション「みゆきさんがつむぎだす言葉は、常に人々の心に寄り添い、聴く人の心を揺さぶり続けてきました。時代を超えて歌い続けられる曲<時代>です」。

いちいち納得のいく発言、コメントでした。

|

「ひよっこ」、今後の展開は?


行方不明のお父さんになにがあったのか、きょうの放送でやっとわかりました。予想通りでしたが、これからどうなるんでしょう。みね子の前にいつ現れるのかな。

|

大阪城のお堀でトライアスロンの水泳


あそこで泳げるほどきれいな水質になってたんだね。

http://www.sankei.com/west/news/170625/wst1706250026-n1.html

|

06/25/2017

読売新聞に「この主婦は、もう来ません、と吐き捨てた」と書かれ、今後が心配なレゴランド


いろいろ手は打っているようですが、悪評は収まっていないようです。今後挽回できるのか、いささか心配。

いまをときめくUSJも、開業2年目には客足が落ち、破格のパスポート(半年間有効だったかな?)を売り出すなどの対策で回復させました。ただレゴランドは、開業当初から不振らしいからねえ。


http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170620-OYT8T50060.html?from=ytop_os1&seq=03

|

梅ジュースできた!

恒例になっていた「青梅の蜂蜜漬け」を今年はやめて、「梅ジュース」にチャレンジしました。なにしろ準備するのが「青梅」1kgと「氷砂糖」1kgだけ。しかもたった10日間で出来上がります。氷砂糖漬けにする前に梅を冷凍して組織を破壊しているため、わずか10日間でエキスがでて、透明な液が出来上がるのです。もっとも冷凍法は風味を若干損なうと書いてある本もありますが・・・

10日間で梅は取り出しましたので、これから梅ジャムを作ります。もっとも多少しわしわになっているので果肉部分がどれだけ取れるか・・・

ジュースの方はもう出来上がりですから、水で薄めて飲んでいます。さっぱりした、夏向きのおいしさです。

Sp1130828


|

大阪城のお堀を泳いでトライアスロン

|

住乃江味噌の池田屋が今朝の産経新聞に

6/25付産経新聞の「関西PLUS」の「老舗あり」に取り上げられています。買いにいくたびに、長話になる19代当主(89歳)が、作業場で醸造工程を説明する写真が載っています。

Sp1130830


|

生きた証ってなんだろう


http://www.sankei.com/column/news/170625/clm1706250004-n1.html

|

阿川弘之さんお別れの会


阿川弘之さんは高校の大先輩。高校生の頃、講堂で講演を聴きました。1年上の高校入試の国語の問題には、阿川さんの小説が使われていました。
そういえば佐和子さんは、最近結婚されたのでしたね。

http://www.sankei.com/life/news/151124/lif1511240032-n1.html

|

週刊誌の実販売部数ランキング

http://www.sankei.com/premium/news/170625/prm1706250018-n1.html

|

06/24/2017

真夜中の怪奇現象、その対策は?


わがやのテレビは以前から、スイッチを入れていないのに突然付く不思議な現象がまれに起きます。最初は激しい雷雨のときでしたので、雷起因の電磁ノイズなのかと思ったのですが、別に雷が鳴っていないときにも発生します。もっとも不規則の上に回数も少ないので原因がさっぱりわかりません。消し忘れだろうと疑われたりして。
しばらく起こらなかったのですが、最近2,3回続きました。1回は目の前で突然、切っていたテレビの画面が輝き、音声が聞こえてきたのでびっくり! まさに真夜中の怪奇現象です。さすがに気持ち悪くなり、ネットで調べたところ、同じような現象に悩んでいる人は少なくないようです。ベスト回答に選ばれていたのは・・・

<以前から有るこの手のご質問。大勢は外部からのノイズや違法無線の影響だとされている様ですが本当でしょうか?
私は20数年出張/社内修理をしていてこの内容の場合9割以上が何らかの故障などでしたが.....。
1).一番はリモコンの故障/冠水などで勝手に信号を出す場合。
 (ビデオのリモコンでもテレビをコントロールできる物がある。使わない時はリモコンを引出しなどにしまって確認するのも有りでしょう)
2).次がテレビ自体の故障。
 (最近は高機能マイコン仕様のテレビですので、このような故障は結構有ります)
3).少ないですが、インバーター蛍光灯などの照明で光がリモコン受光部に飛び込んだ場合。
(灯を消しておけば発生しないので判断できます)
4).そして最後が違法無線。
 (これは普段でも画面にノイズが出たり、ガァガァビィビィと音声にノイズが入ったりします)
5).電磁ノイズによるもの。
 (これは話では有る様ですが、月に200台以上テレビ/ビデオを見ましたが私は経験無しです--それほど珍しい環境/状況だと思います)>

結局よくわからないので、テレビの主電源を落として寝ることにしました。待機電力対策にもなるし。

|

苫小牧駒沢大が中国の手に落ちた。いずれは駒沢大も?


中国は日本の土地や水源をどんどん買いあさって侵食するだけでなく、大学まで乗っ取っている・・・。このままでいいのか?というシリーズ記事。こういう話は、朝日や毎日は載せない(取材しないから知らないのか)。苫小牧駒澤大学が無償で中国人に乗っ取られた驚きのストーリー。

http://www.sankei.com/life/news/170619/lif1706190008-n6.html

|

琵琶湖周航の歌 100年


NHKニュースでも取り上げていました。今朝は1カ月後の岡谷行き切符を買うために天王寺駅のみどりの窓口に行きました。「琵琶湖周航の歌」の作詞者・小口太郎さんは岡谷の人。諏訪湖岸に記念碑があるそうです。見てこよう。

http://www.sankei.com/west/news/170624/wst1706240031-n1.html

|

北で拷問の上、殺された米学生の拘束理由に驚く


北朝鮮に拘束された米国人大学生が昏睡状態で帰国後に死亡した事件、拷問を受けたのでは?と報道されていますが、今朝の産経新聞に拘束された理由が書いてあります。

<出国予定日にホテルで荷造りをした際、部屋にあった党機関紙、労働新聞で靴を包んだところ、金正恩委員長の写真に泥を付けたとして当局から厳しくとがめられた。北朝鮮で最高尊厳とされる金委員長の写真が載った新聞紙を粗末に扱うことは重罪とみなされる>

最近、平壌を訪問した関係者からの情報だそうです。

|

06/23/2017

不都合隠してフェイクニュースを作る新聞?


安部首相の関与を否定する文書が、こうすれば関与の証拠にできる? 本当なら珊瑚事件並み。

http://www.sankei.com/premium/news/170623/prm1706230005-n1.html

|

不都合隠してフェイクニュースを作る新聞?


安部首相の関与を否定する文書が、こうすれば関与の証拠にできる?

http://www.sankei.com/premium/news/170623/prm1706230005-n1.html

|

06/21/2017

漢字の書き順はひとつではない


典型的なのが「必」。私が小学校で習った漢字ドリルでは、まず「心」を書いて最後に右上から左下に書き下ろすという書き順(下図C)でした。当時私が使っていた漢和辞典もそうなっていました。
ところがその後、よく見かけるのはAの書き順。修正するのに苦労したものです。「飛」もドリルと別の本では違っていました。
きょうネットを見ていたら、「必」には3通りの筆順があり、大修館書店の「新漢語林 第二版」などは3つとも掲載しているとか。
昭和33年に文部省が「筆順指導の手引き」を作成した時、メンバーの書家が「自分の流派の書き順を採用しないなら切腹する」と騒いだため、けっきょく完成した手引きの冒頭文に「(手引きに載せなかった書き順を)誤りとはしない」という注釈を載せて、漢字によっては“複数の書き順を許容する”ことに。
その後昭和52年に書き順のルールはさらに緩められ、「上から下へ」「左から右へ」という大原則のみになりました。現代においても全体の約2割の漢字に、複数の書き順が存在するそうです。

Photo


|


1年あまり前から月に2回会っている人で、話もしているのですが、名字がよくわからない。他の人が「みなとさん」と声をかけているような気がするのですが、名簿を見ると「尹戸」となっています。これいったいなんと読むのだろう?

そこである人にメールで「いまさらですが、あの方の御名前は?」と聞くと「みなとさんです」。ええっ!? やっぱり。

そこで名前辞典を調べると、「日本に推定10人しかいない(最大100人以下)珍しい名字」。さらに「この名字の方にはいい人が多いようです。仲良くしましょう。あなたにもいいことがあります」、「男性なら~ 、女性なら美人が多いようです」などといいことばかり。全国に10人しかいないのにそんなことどうして調べたんだ?

確かにおだやかな方ですし、複雑で難解な江戸時代のお金の換算などに抜群の能力を発揮されています。これから仲良くしていきましょう。

|

動画 大阪市坐間神社のあじさい


3分間で早わかり! 大阪市坐間神社のあじさい2017


https://youtu.be/rEVrexVIz_4

|

酒強い人、痛風リスク2~3倍


今朝の産経新聞に載っていた防衛医大・名大チームの研究。アルコールを分解する遺伝子の働きが影響しているとのこと。「酒に強い体質の人は、酒を控えるだけでなく、食事にも気を付けて痛風の予防にも取り組んで欲しい」。

|

06/20/2017

ビブリオバトル/大阪大学司馬遼太郎記念学術講演会 その2

初めて耳にする言葉でした。2007年に京大から広まった輪読会・読書会、または勉強会の形式で「知的書評合戦」とも呼ばれているそうです。

公式ルールは、<1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。2.順番に一人5分間で本を紹介する。3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする>というものです。

今回は大阪大学の学内選考を勝ち抜いた5人の学生がサンケイホールブリーゼの聴衆700名を前に、決勝戦を戦いました。取り上げられたのは「司馬遼太郎作品」。

5人が取り上げた本は、「峠」「俄(にわか)」「関ケ原」「燃えよ剣」「空海の風景」。私が読んだことのない司馬作品ばかりでした。

みなさん、学生らしいフレッシュな感覚で、自分の体験を交えてユーモアたっぷりに、ぴったり5分間で本の紹介を行っていました。
私がうまいなと思ったのは、「俄」と「空海の風景」。会場全員の投票でも、1位のチャンプ本に輝いたのが「空海」、準チャンプ本が「俄」でした。

「俄」は幕末~大正を生きた、実在のやくざの親玉が主人公。司馬さんの他の歴史小説と違って、庶民感覚で書かれた読みやすい任侠小説だそうです。「義理と人情で世界は変えられる。阪大生に読んで欲しい。何か成し遂げたいがしんどい、という人に、覚悟を決めて取り組むことのすばらしさを教えてくれます。波乱万丈の人生、おもしろい人生を送りたい人はぜひ。自分が人生をかけようと思う人の背中を押してくれます」。
「私は安定した人生を送りたい。そういう人にも勧めますか?」という質問には、きっぱり「考えを改められます」。

この本は、桂南光さんも一押しで、何回も読んだそうです。「難波の侠客、自分のためより世のために生きる男。会話が当時の大阪弁で書かれており、全編痛快で、心地よい」。

司馬さんにこんなユニークな作品があったとは知りませんでした。さっそく読んでみたいと思います。

|

06/19/2017

大阪市立大学の文楽講座。今年は「祇園祭礼信仰記」


去年初めて参加しました。
3日間にわたって、「祇園祭礼信仰記」を徹底的に解説していただけます。文楽劇場に行かないとお目にかかれない超ベテランプロによる実演や座談会もあります。
桂春団治(もうすぐ襲名)さんの落語講座と共に、大阪市立大学の超人気講座(学生と一般市民が同時に受講)です。

講師は、竹本津駒太夫(太夫)、鶴澤清介(三味線)、桐竹勘十郎(人形遣い)【以上、人形浄瑠璃文楽座技芸員】、
久堀裕朗 (日本近世文学)、塚田孝(日本近世史)、三上雅子(現代演劇)、奥野久美子 (日本近代文学)【以上、大阪市大文学研究科専任教員】、大坪亮介(日本中世文学)【大阪市大文学研究科非常勤講師】という豪華版。

受講料は 3,000円。一般参加は100名(学生の受講者数により変化)、抽選で決まります。


Photo_2


Photo_3


|

新大阪朝顔市は 7/1~2です

Photo


|

今年の水は大丈夫?


梅雨だというのに雨は一向に降らず。マスコミが騒いでいないところをみると、水不足の心配はないのかな。何年か前、香川の地元紙をみると、天気予報とともにダムの貯水量の絵があってさすが水不足でよく話題になる県の新聞と感心したことがあります。

|

信州旅行

学生時代の友達O君を訪ねて、同じく学生時代の友人Mくんと来月諏訪方面へ行く予定。O君の案内で諏訪・松本・安曇野をまわった後、M君と二人でまだ行ったことのない上高地にも寄りたい。帰りは上高地から松本に戻って、名古屋へと思っていたら、O君から「上高地からバスで奥飛騨温泉・平湯経由で高山に出て、そこからワイドビューひだに乗って名古屋に出るルートもあるよ」というアドバイス。
なるほど、そんな選択肢もあったか。ということできょうはバスの時刻を確認していました。

|

神戸レーブ ドゥ シェフのクッキー

Sp1130802


|

地下鉄西梅田駅改札のてるてる坊主


駅員さんに聞いたら、「梅雨ですから」。

Sp1130801


|

メロンと花束

Sp1130808


Sp1130809


|

06/18/2017

きのうの昼食

ブリーゼのお手軽価格のお店で。850円。

Sp1130799850


|

門田隆将さんの意見に同感

「自己の主義主張都合のいい一方の情報だけを伝えて、都合が悪い情報は決して報じない新聞、そんなものは新聞とは呼ばない」、そんな新聞が大半の日本。
門田隆将さんの意見にいたく同感。
6/18付産経新聞の「新聞に喝!」

http://www.sankei.com/column/news/170618/clm1706180006-n1.html

|

大阪大学司馬遼太郎記念学術講演会 その1


昨日は高校の同級生とサンケイホールブリーゼへ。第21回大阪大学司馬遼太郎記念学術講演会に参加しました。今年はフランス文学者・鹿島茂明治大学教授による司馬作品を「家族類型から読み解く」ユニークな講演に続いて、大阪大学学生による司馬作品の書評を競うビブリオバトルの決勝戦、鹿島氏と桂南光、石野伸子編集委員の対談がありました。

ビブリオバトルは初めての見学。司馬作品の魅力を学生らしい新鮮な視点から伝えていました。皆さん、制限時間5分に1秒の誤差もなくぴったりおさめるスピーチにも驚き。桂南光さんのユーモアあふれる司馬遼太郎(脱線も多かったですが)トークも楽しみました。

今朝の産経新聞1面に速報が掲載されていました。
Img_20170618_075723_2


|

ニューヨークタイムズ、記事監視役を「AIと読者」任せに

自社のベテランより、AIと読者の方がまし? 今朝(6/18)の産経新聞より。

Img_20170618_075723


|

06/17/2017

動画 大阪市城北菖蒲園2017


6/4に城北菖蒲園で撮影しました。毎年、出かけていますが、まことに見事な花菖蒲です。澄み切った水たまりの中に、おたまじゃくしもいました。


3分間で早わかり! 大阪市城北菖蒲園2017
https://youtu.be/GdTo881gvII

|

「我こそは正義なり」ヅラする新聞・野党の御都合主義にうんざり


http://www.sankei.com/column/news/170617/clm1706170003-n1.html

|

06/16/2017

楠木正成シンポジウム in 河内長野


5/26に河内長野市で開催された「楠木正成シンポジウム」の詳報が、6/8付産経新聞に2面使って記事になっていました。
新聞ですから東儀秀樹さんのシチリキ、ショウの演奏は聴こえてきませんし、里中満智子さんの声も聞こえませんがお話の内容が要領よくまとめられています。

Sp1130742


Sp1130743


Sp1130744


Sp1130745_2


|

首相のリーダーシップあって当然だし、必要だ


国家戦略特区で成果を上げている福岡市長激白。「首相のリーダーシップは欠かせない」「民進党の戦略特区停止法案には耳を疑った」。

http://www.sankei.com/politics/news/170615/plt1706150064-n1.html

|

06/15/2017

韓国は大丈夫か?

http://www.sankei.com/west/news/170613/wst1706130007-n1.html

|

元愛媛県知事の壮絶な戦い、獣医学部を今治に持ってくるために


既得権益を守るため、獣医師会や文科省がやってきたこと・・・


http://www.sankei.com/politics/news/170615/plt1706150006-n1.html

|

発見の日々 その3/問屋はとんや、といや、それとも?

古文書講義録に、「問屋」という単語が多数出てくるのですが、現代の「とんや」と違って江戸時代の発音は「といや」。ここまでは常識なのですが、「両種物問屋」「諸問屋」など合成語になったときは?
「といや」は発音しにくいので、「りょうたねものどんや」のように「どんや」になるのではと思って、そう読んでいたのですが、文字にするにあたってあらためて調べてみると・・・

両種物問屋→日本最大の国語辞典「日本国語大辞典」では「りょうたねものどいや」、「国史大辞典」も同じく「りょうたねものどいや」。
諸問屋→「日本国語大辞典」は「しょどいや」、「国史大辞典」は「しょといや」。

そこで単独なら「といや」、語頭に別の語が入る合成語のときは「どいや」と記述することにしました。

|

民主党が推進し、民進党が潰そうとしている加計学園獣医学部


笑えない。

http://www.sankei.com/politics/news/170615/plt1706150007-n1.html

|

06/12/2017

古文書講座「近世古文書を読む(初級)」


テーマ「遠里小野の菜種油に関する古文書を読む」

Img_20170612_0001


|

百田尚樹さんの<殉愛>

やしきたかじんの晩年2年間を献身的に支え続けたさくらさんの感動的なノンフィクションです。

彼女は、たかじんより30以上若く、2人が知り合ったのはたかじんが発病する1ヵ月前。そして入籍はたかじんが亡くなる3ヵ月前でした。

たかじんの死後、「遺産目当てで近づいた」「たかじんは騙されて結婚させられた」「末期がんで正常な判断力を失ったたかじんを自由に操っていた」「悪女、女帝」「遺産を独り占めし、娘にも渡さない」「マネージャーを追い出した」などのこころない中傷記事があふれかえりました。ほんとうはどうだったのか? 詳細な闘病記録や取材をもとに、本書がすべてを明らかにしてくれます。

主治医のことばが、彼女の生の姿を伝えています。
<私の取材に対して久保田はこう語った。「長い間、医者をしていますが、さくらさんほど献身的に看病をした女性を、私は見たことがありません」。そして、断言した。「今後も見ることはないでしょう」>

|

産経だけプラス、朝日は対前半年 2.8%減、2016年後半の新聞購読数

昨日紹介した山本一郎氏の記事に関連して、新聞購読数の現状を見ると・・・。かつて1,000万部を誇っていた読売が今や900万部を切り、朝日も800万部から640万部に落ち込んでいます、以前の姿はみる影もありません。しかも加速度的に低落傾向が続き、朝日の場合、毎月3万部近く減っています。

http://www.garbagenews.net/archives/2141038.html

|

今週の花田紀凱の「週刊誌ウォッチング」

http://www.sankei.com/premium/news/170611/prm1706110017-n1.html

|

06/11/2017

山本一郎氏、「産経新聞が示すこれからの新聞の存在意義」

確かに他紙と比べて圧倒的に優れていると実感します。それと、自社の論調に沿う会見もそうでない会見も省略することなく、ほとんどしゃべったままの形で記事にすること(紙面でスペースがなければWebで)も特筆すべき特徴です。


http://www.sankei.com/column/news/170611/clm1706110009-n1.html

|

06/10/2017

井沢元彦さんの講演会に参加しました。梅ジュース作りも。

6/10は午前中、「すみよし歴史案内人の会」の定例会議。先日の研修バス旅行の動画3部作を作ったので上映しました。皆さんから好評でとくにクレームもなかったので、「限定公開」から「公開」に切り替えます。昨年入会した我々新人へのガイド訓練が始まるらしい。一人ずつ指導者が決まりました。ホームページ担当者が病気のため更新できなくなったため手伝って欲しい、との依頼も。HP作りはもうスッカリ忘れてしまったけど、簡単な既成ソフトを使ってファイルを貼り付けるだけらしいので、自分にもできるかな。ガイド用ジャンパー(2,000円)も受けとりました。

午後はバス3台乗り継いで、「井沢元彦さん講演会」に出席。
<「穢れ」や「言霊」を理解しない歴史学者の説く歴史は、真実からはずれておりおかしい。そもそも歴史区分からして間違っている。飛鳥時代は、他の時代と違って何十回も首都を移転している。世界的にも例がない。なぜ天皇が変わる度に首都を捨て、別の地に都を造ったのか? 歴史学者はその理由を知らない。日本人は死や血を穢れと考える。天皇がなくなった地は穢れに満ちており、捨てざるをえなかった。仏教を導入して、従来の慣習を打破し、初めて計画的で一ヵ所に整然とした恒常的な都・藤原宮を造ったのが持統天皇>

<賤ヶ岳の戦いで秀吉が柴田勝家に勝ったのは、佐久間盛政が無謀に突っ込んでいったためというのが定説だが、事実は前田利家の裏切り。なぜ事実が伝えられないのか。小瀬甫庵(おぜほあん)は前田家の医者、前田家の保護のもとに、秀吉を誉める「太閤記」を書いた。自分も息子もお世話になっている前田利家の悪口は書けない。しかも柴田も佐久間もすでに滅んでいるので、異議を唱える人はいない。さらに東大本郷の赤門は、前田家からもらったもの。貴重な歴史史料を豊富に所有する前田家の機嫌を損ねると、歴史学者は史料を見せてもらず、研究できない。当然、歴史学者は前田利家の悪口は書かない。歴史学者の歴史は、こうしたしがらみのもとで作られていく>

<大阪の人はバカにされていると怒らなければ。安土桃山時代ってなんですか。その他の時代はみんな都の地名なのに、桃山美術の桃山って。後半は秀吉が大坂で政治を行ったので、安土大坂時代といわなければおかしい>。1年前にも、井上章一先生から同じ話を聴きました。

以前井沢元彦さんの講演を聴いたときより、お元気にみえました。

帰りに青梅と氷砂糖を買ってきて、瓶の洗浄と乾燥、青梅の洗浄とアク抜き、 ヘタ 取り、乾燥。6/11朝、梅を冷凍庫に入れて24時間以上冷凍します。その後、瓶に氷砂糖と青梅を交互に重ねて10日後に梅ジュース原液が完成の予定。
去年まで青梅の蜂蜜漬けを作って引き続き、取り出した梅から梅ジャムを作っていました。今年はスーパー店頭で、展示用梅ジュースを漬け込んで展示しているお姉さんと話して、梅ジュースにチャレンジ。もっとも青梅と氷砂糖だけであれだけ多量の透明なエッセンスの液が出て、しわしわの梅になってしまうとジャムは作れそうにない・・・

|

新茶かまど

坂出のお菓子です。新茶をふんだんに生地と餡に練り込んだ和菓子「かまど」は初めてです。

Sp1130750


|

大阪市大のヤシよさらば

大阪市大杉本キャンパスの名物ワシントニアパームというヤシが29本すべて切り倒されます。
60年間で20mにもなり、倒木や落葉のリスクがあるため、やむを得ない処置だそうです。
お別れの会を催すそうです。


Sp1130751


|

久しぶりに近所の天ぷら屋

朝刊に入っていたチラシに150円割引の文句。迷わず昼食は天ぷら定食。割引後、540円。

P1130738


P1130739


|

動画 兵庫県加西市・小野市の見どころ その2 玉丘古墳・北条鉄道・鶉野飛行場跡・小野好古館


研修バス旅行3部作の最後です。
玉丘古墳一帯は古墳だらけ。周りを濠に囲まれた前方後円墳の中に入って最高地点に掘られた穴を観ることができます。
北条鉄道はユニークなローカル線。ホームに枕木応援団の名簿があったり、婚活相談所や米粉パン工房があったり。
姫路海軍航空隊の飛行場が加西市にあったというのも初耳でした。


https://youtu.be/aOZZvAiBnAI

|

動画 兵庫県加西市の見どころ その1 酒見寺・住吉神社・五百羅漢


研修バス旅行の2本目。
あっと驚く、今も脈々と受け継がれている歴史と伝統を観てきました。

https://youtu.be/nr0R59QFl9o

|

動画 日本へそ公園


先日、「すみよし歴史案内人の会」の研修バス旅行でまわった兵庫県西脇市の「日本へそ公園」の動画です。北緯35度、東経135度の場所がなぜ「日本のへそ」と言われるのでしょうか? 実際に私が持ち込んだGPSが示した緯度、経度は?
興味津々の愉快な記録です。
きょうの定例会議で上映しましたので、一般公開します。

https://youtu.be/SdE1SlE5JkQ

|

06/08/2017

京都からの帰りは、日本一豪華な特急料金不要のダブルデッカー車で


京阪電車の「エレガントサルーン 8000シリーズ ダブルデッカー(2階建て車両)」です。

Sp1130732


Sp11307288000


Sp1130729


Sp1130730


|

いつ見ても不思議な感覚に襲われる花です


6/4城北菖蒲園にて。

Sp1130593


Sp1130594


|

きのうの昼は京阪三条のドドールで


ミラノサンドBとアイスコーヒーです。650円。

Sp1130710


|

新商品/森永ミルクキャラメル味のガレット


懐かしい味がします。

Sp1130709


|

昨日は住友のふるさと京都へ(その2)

見学会のあとは、近くの「ホテル平安の森京都」で懇親会。1テーブルに6人位座って食事をしたのですが、隣に座った人はW製鉄所の元冷延工場長。大学の研究室にいた1年後輩S君が昔、同じ職場だったことを思い出して話すと、「ああいたいた。彼は自分の何年か下」。もう一人私の同級生O君のことも「知ってる、知ってる」。その話を耳にしていテーブルの反対側の人が、「あなたはO君と大学の同級生? 彼がアメリカ駐在になったとき、人事の担当者として面倒を見ていた。彼が関連会社の社長になったときは、仕事でお世話になった」。「彼は退職後田舎に引っ込み、氏子のS大社の祭にぜひ来てくれと言われている」。
帰りのバス中で、「同じマンションに住友金属OBがいる」と話すと、「ああ、系列会社K社の社長を されていた方ですね」と別の人。

現役の頃はライバル会社でお互い知らなかった方々、意外なところで人と人のつながりがあるものです。

|

昨日は住友のふるさと京都へ(その1)

6/7(水)は小雨のなか、京都・東山の麓 鹿ケ谷の住友有芳園、住友史料館、泉屋博古館(せんおくはくこかん)を訪れました。昔、在籍した企業の大阪地区OB会が開催した見学会です。
1600年代、住友家初代政友が僧籍を離れ、京都で書籍の出版と薬舗を開いたことから始まったのが住友家の事業。京都は住友家のふるさとです。

住友有芳園は、秀麗な東山を借景とし、風格ある邸宅を有する緑豊な日本庭園。なかには住友家歴代の祖霊と住友物故従業員の霊を祀る「芳泉堂」、住友400年の歴史資料を展示する「歴史展示館」(商売上の心得や先祖を大切にする姿勢等もよくわかります)があります。住友精神の象徴的存在ですので、住友の伝統精神を体得する場として社内研修や教育に使われているそうです。非公開ですのでふつうなかに入れませんが、今回、特に許されたのは、新日鉄と住友金属が合併してくれたおかげ。

道路を挟んで西側に、住友家が収集した中国青銅器の世界的コレクションを展示する美術館・泉屋博古館があります。こちらは一般公開されています。青銅の大きな太鼓が鋳造で造られていると聞いてびっくり。たいした技術です。古代中国で神聖な霊獣と考えられていた虎が、人を抱き抱えている青銅器も。日本で造られた国宝の青銅の鏡もありました。鏡面に仏像など細かな線刻画が描かれています。
別室では特別展「浅井忠の京都遺産」が開かれていました。

Sp1130736


Sp1130735


|

06/06/2017

発見の日々 その2/伊右衛門はイウエモンでなく、なぜイエモンなのか?

古文書講義録作成で頭を悩ませたのが「●右衛門」を発音どおりひらがなで書くと、「●うえもん」なのか「●えもん」なのか? 「石川五右衛門」は「ごえもん」であって「ごうえもん」とは言いません。お茶のブランド「伊右衛門」も「いえもん」と仮名を振ってあります。
一方、右でなくて左になると、「近松門左衛門」(もんざえもん)のように、「左」をはっきり読みますからややこしい。
はてさてどうしたものか?

いろいろ調べた結果、「母音を続けて2音発音するのは言いにくいので避けるようになった。ただし語頭の場合は問題ない」というルール。
もともと「右衛門」の「衛」は「え e」でなく、「ゑ we」でした。奈良時代には区別して発音されていましたが、言いずらいのでそのうち「えもん」になっていきました。

ということで、語頭になにもつかない「右衛門」は「うえもん」、語頭になにか文字●がある場合は「●えもん」と発音するのが一般的だそうです。

|

発見の日々 その1/繰り返し記号

古文書の講義録を作成する中、毎日、発見の日々です。

古文書には「そうらわば」という言葉がよく出てきます。私が翻刻文に「候ハゝ」と書いていたらところ、校閲していただいた先生からダメ出し。理由がわからなかったのですが、<平仮名の繰り返し記号は「 ゝ」ですが、片仮名の繰り返し記号は「ヽ」で違う>ということだったようです。

片仮名なんてほとんど自分で書かかないし 、見ることもあまりない。繰り返し記号が「ゝ」でなく「ヽ」だったとは・・・

|

オタマジャクシがいた!

何年ぶりだろ、オタマジャクシを見たのは! 城北菖蒲園の湿地にいっぱいいました。

Photo


|

北九州小倉の鹿肉入り餃子とホルモン

最近は野性動物のジビエ料理があちこちで話題になっています。6/4の城北公園フェアの露店でもジビエ餃子とジビエホルモンを売っていました。しかも「福岡の鹿肉」と書いてあります。
店のお姉さんに、「福岡のどこ?」と聞くと、「北九州の小倉です」。
「小倉南区なら昔、住んでいたところです」ということで、どちらも買うことに。もう一つ、鯖の燻製とやらも。

今や北九州市小倉南区の鹿もジビエ料理になる時代?


Sp1130612


Sp1130706


Sp1130707


Sp1130708


|

06/05/2017

Movie Maker の公開が今年1月に終わっていた


Microsoftが無償で提供してきた動画編集ソフト「Movie Maker」のダウンロードができなくなっているんですね。
無料で手軽な動画編集ソフトとして、私も大いに利用させてもらっていますが、提供打ち切りとは・・・
Microsoftは以前にも、無償提供していた画像処理ソフトを打ち切ったことがあります。パソコンを更新したら使えなくなり、別のフリーソフトに切り替えました。

何万円も出せば、プロ用の動画編集ソフトがいろいろありますが、そんな機能は要りません。簡単で使いやすい機能だけで結構。お勧めソフト(できれば無料)があればお教えください。将来、パソコン更新時に慌てないように準備しておかなくては。Microsoftが後継ソフトを無料で配布してくれればいいのですが・・・

|

坐間神社のアジサイ

6/4に出かけました。アジサイの季節に行ったのは2年ぶりかな。神官が境内で大切に育てているアジサイの鉢が並んでいます。(いかすりじんじゃ、通称ざまじんじゃ。全国の「渡辺」姓のルーツ)

Sp1130631


Sp1130632_2


Sp1130633_2


Sp1130634_2


Sp1130635_2


Sp1130644


Sp1130688_2


|

紫色の梅が枝餅

こんなものがあったとは知らなんだ。

(参考)2015.11のyahooニュース記事です。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11152710346


Sp1130466_2


|

城北ワンド

Sp1130477


Sp1130476


Sp1130478


|

古墳群の上を乱舞する不気味な龍をとらえた?

P1130116


|

ごま&ミルク


自動販売機で見つけました。なんともいえないドロッとした感触とゴマの香りがプンプン。健康になったような気がします。セサミン効果を期待しましょう。

Sp1130703


|

06/04/2017

古墳群の上を黒い龍が舞う

|

言論弾圧をしているのは?


記事にあるケント・ギルバートさんの発言は皮肉たっぷり。
図書館から借りている百田尚樹さんの「殉愛」、来週中に読み終わらないと。ちょっと時間がないなあ。


http://www.sankei.com/affairs/news/170604/afr1706040002-n1.html

|

06/03/2017

前川氏の座右の銘は「面従腹背」だって!

いまだにこんな男の肩を持つ新聞やテレビ、政党にはあきれます。テレビコメンテーターの「こういう貧困女性の助け方もあり得る」には耳を疑います。

めんじゅうふくはい
【面従腹背】
表面だけは服従するように見せかけて、内心では反対すること。

http://www.sankei.com/column/news/170603/clm1706030003-n1.html

|

どこが「正義の告発者」なのか



http://ironna.jp/article/6737

|

昨日は忙しかった


朝から孫の運動会へ。この幼稚園の運動会を観るのも今年が最後、上の孫が2歳になったばかりの年から続けて5年間通ったことになるのかな。来年は小学生になる下の孫が終始ニコニコしながら元気に行進したり、体操したり、走ったり。
残念ながら去年と同様、午前中で切り上げて京阪電車、地下鉄、バスを乗り継いで古文書研究会の勉強会へ移動。孫が得意なダンスが観られなかったのは心残りでした。

古文書は通常の講義の他に、私のまとめた講義録(後半部分)の校閲原稿をいただきました。従来の古文書解説本は翻刻文までで終わり。ところが私の作ったのは、すべて発音通りのかな表記まで入っています。これには先生もびっくりされ、「こんなの初めて見た」。あらためて当時の発音をいちいち調べ直して相当な時間を費やされたようです。もっとも録音が残っているわけではありませんから、本当の読み方はわかりません。屋敷陽太郎さんの「大河ドラマ真田丸」の時代考証の苦労話を思い出します。

夜は、午前中の運動会の動画を編集して(普通は後日見直すことも考え、コンパクな3分間におさめるのですが、せっかくの孫の成長記録ですから10分あまりに)youtubeにアップし、ひらがなの手紙を付けてママにURLを送信。

さあ、今日から古文書講義録の手直しで大忙しになりそう。もっとも城北公園のはなしょうぶも観に行かなくては。6/3、6/4が城北公園フェアです。2年前三陸から売りに来てその場で焼いていたイカの口(珍味 とんび)の味が忘れられないのですが、去年はもってきていませんでした。今年はいかに。

|

06/01/2017

日本を発信する英語サイト「JAPAN Forward」、今日からスタート

産経新聞の記事を中心に、良質の記事、評論、インタビューを英語でタイムリーに発信する「国益を基本に据えた健全なジャーナリズム」のサイトです。

◆ニュース・オピニオンサイト「JAPAN Forward」はこちら

https://japan-forward.com

Img_20170601_140043


|

築地市場こそ危ない!


どうする豊洲移転?

http://www.sankei.com/politics/news/170531/plt1705310030-n1.html

|

« May 2017 | Main | July 2017 »