« 胃薬の長期服用が死を招く | Main | 諏訪湖-天竜川の水門はパナマ運河方式だった/信州のたび 2 »

07/28/2017

うなぎのまち 岡谷/信州のたび 1


学生時代の友人を訪ねて信州のたびへ。初日(7/24)は長野県岡谷市です。塩尻で特急から普通電車への接続がまにあわず(陸橋から一番遠い指定席だったこと、もともと5分しか接続時間がなかったのに特急が3分遅れた)、ホームで1時間待つというハプニングも。
塩尻から長いトンネルを通って岡谷駅に着くと、駅前に「うなぎのまち岡谷」の幟。いままで岡谷名物がうなぎ料理とは知りませんでした。昔から諏訪湖、天竜川沿いはうなぎで有名だったようです。
さっそく友人の案内にしたがって、うなぎ料理で腹ごしらえ。脂ののったくせのない絶品のうなぎ(写真1枚目)でした。1尾で3,200円。店の入り口に「当店でうなぎをさばくのは一人だけ、時間がかかります」の看板が立ててありました。現在、NHK BSPで再放送中の朝ドラ「こころ」に出てくる浅草の老舗うなぎ料理屋と同じく、客が注文してからうなぎをさばき始めるようです。
さすが信州、いなごの佃煮(写真2枚目)も付いていました。


Sp1140745


Sp1140748


|

« 胃薬の長期服用が死を招く | Main | 諏訪湖-天竜川の水門はパナマ運河方式だった/信州のたび 2 »