« 2025年国際博覧会(EXPO)を大阪・関西へ | Main | クマゼミ予報 »

07/13/2017

大阪芸術大学で「北野恒富」シンポジウムに出席


7/9(日)に、あべのハルカス24階の大阪芸術大学スカイキャンパスで行われたシンポジウム「北野恒富とその芸術--本画、ポスター、挿絵、そして大阪」に出席しました。
大正イマジュリィ学会の主催でした。
今回の「没後70年 北野恒富展」に携わったメンバーを中心にした恒富の芸術と大阪の「イマジュリィ」を探るシンポジウムでした。
司会は大阪大学総合学術物館の橋爪節也教授、大阪芸術大学教授(講談師)の旭堂南陵師匠も参加されていました。
驚いたのは、出品作数点について「あれは画風が恒富と違う。約款が違う」などと真贋論争を始める人がいたこと。
もちろん主催者側は、恒富作品であると判断した理由を述べて反論していました。最後は「疑問を持たれるのでしたら、その根拠を論文にして発表していただければ、今後の研究・発展につながります」。 

Img_20170713_0001


|

« 2025年国際博覧会(EXPO)を大阪・関西へ | Main | クマゼミ予報 »