« きょうの「ブラタモリ」は秩父 | Main | メディア報道の仕方を検証した方がいい(櫻井よしこさん) »

07/16/2017

旅行ガイドブックも進化していた

20年ほど前、地図と旅行ガイドで有名な昭文社から当時としては画期的な本が出版されました。たこ焼で知られる熊谷真菜さん(現在、日本コナモン協会会長)をリーダーとして10人余りの取材&執筆者が、大阪と堺の各地に新しい散歩コースを多数設定し、徹底的な現地調査の上で書き上げたガイドブックでした。私と先日亡くなった鎌田さんもメンバーの一員。

私の担当は、「チンチン電車も横切る、歴史が息づく住宅地 帝塚山」と「明治時代の姿を残す九条と新名所へ 川口・九条・大阪ドーム」の2章、合わせて(本で)10ページ分。何回も現地を歩いて書き上げたものです。売れ行きが良かったと見え、その後、毎年最新情報に改訂して発行が続きました。

今回、信州旅行に出かけることになり、同じ昭文社の「まっぷる」シリーズを書店で手に取ってみました。20年前に比べて、決定的に進化しているなあと思ったのは、900円(+税)の本を購入すると、書籍の全ページを収録した電子ブックが無料でダウンロードできること(保存はスマホやタブレット本体のみ、期間1年間。それ以降は再度QRコードからダウンロード)。重い書籍を持ち歩かなくても、旅行先のスマホやタブレットで簡単に見られます。隣にならんでいたJTBの「るるぶ」にはそんな特典はなさそうだったので、まだ一般的ではないようです。本を買えば電子ブックもついてくる、かなり大胆な販売戦略です。旅行に重い本は持ち歩きたくないもの、この戦略は結構あたるかも知れませんね。

Dsc_0346


|

« きょうの「ブラタモリ」は秩父 | Main | メディア報道の仕方を検証した方がいい(櫻井よしこさん) »