« テレビ放送権はオークションに | Main | 旅行ガイドブックも進化していた »

07/15/2017

きょうの「ブラタモリ」は秩父

石灰岩の山、これを利用してセメントを造ったんですねえ。そういえば秩父セメントという会社名を聞いたことが。
海中火山が噴火をやめ、頂上に珊瑚ができてそれがやがて石灰岩になる、そして2億年かけて次第に移動して秩父までやって来た。そこで秩父には石灰岩と玄武岩の境界があり、そこではどちらも触ることができる。また断層面に触れる珍しい洞窟がある。

近江アナウンサーが成長しましたねえ。最初の頃はなにも知らない、初々しさいっぱいのかわいらしい新人女子アナウンサーという印象でしたが、きょうは断層面の硬くてフラットな岩石を見て、「放散虫の死骸からできたチャートです」と言い当てました。すごい。

注)チャート(英: chert)は、堆積岩の一種。主成分は二酸化ケイ素(SiO2、石英)で、この成分を持つ放散虫・海綿動物などの動物の殻や骨片(微化石)が海底に堆積してできた岩石(無生物起源のものがあるという説もある)。断面をルーペで見ると放散虫の殻が点状に見えるものもある。非常に硬い岩石で、層状をなすことが多い。(Wikipedia)

|

« テレビ放送権はオークションに | Main | 旅行ガイドブックも進化していた »