« これなんと読む?/豊国おどりでええじゃないか 1 | Main | ビキニ水着の語源はあれだった »

08/13/2017

宝塚・OSK日本歌劇OGによる豊国踊りで盛り上がる/豊国踊りでええじゃないか 2

元宝塚やOSKの美女たちのしなやかなすばらしい踊りが観られて、さらに彼女たちによる踊り方の指導があり、大阪城天守閣の前に集まった何百人の人たちが踊る、真夏の祭典です。ことし3年目。
今年もあでやかな美砂まりさんの踊りと司会を観ることができました。

「豊国踊り」秀吉没後7年目に一回だけ京都の豊国神社で行われたものを、当時の文献をもとに学術的に再現しています。ただし踊りのテンポは現代にあわせて3倍速だそうです。

作・演出:茂山千三郎(大蔵流狂言師)
考証:橋本裕之(追手門学院大学地域創造学部教授)
音楽:藤舎貴生
振付:山村友五郎(上方舞 山村流六世宗家)
企画・監修:北川央(大阪城天守閣館長)
出演:宝塚歌劇団OG、OSK日本歌劇団OG

〈宝塚歌劇団OG〉

朝宮真由(あさみやまゆ)
麻園みき(あさぞのみき)
真於夏希(まおなつき)
美乃杏花(よしのきょうか)
涼葉らんの(すずはらんの)
綺華れい(あやかれい)
紫友みれい(しゆうみれい)

〈OSK日本歌劇団OG〉

美砂まり(みさごまり)
月川夏緒(つきかわなつお)
美郷いつき(みさといつき)
紫穂まいか(しほまいか)
河合祥子(かわいしょうこ)
貴城優希(たかしろゆうき)
蒼音淳(あおとじゅん)

Sp1150654


Sp1150655


Photo_2


|

« これなんと読む?/豊国おどりでええじゃないか 1 | Main | ビキニ水着の語源はあれだった »