« 大阪市大での昼食 | Main | きのう51番、きょうは89番 »

08/24/2017

「一寸法師は住吉大社のおとぎ話」を広めよう


先週、海遊館ホールで開かれた大阪市大小林直樹教授の講演の中に出てきた「一寸法師は住吉大社の申し子」についてここでも紹介しました。きょう小林先生にお会いして、「あのお話は非常におもしろかったです」とお話ししました。
ついでにオリジナルの御伽文庫の「一寸法師」には、住吉大社の信仰対象がすべて含まれていることについて。

子供に恵まれなかった老夫婦(といっても姥は40歳)に一寸法師が生まれた→子宝・安産の神様
京に上る時、和歌を詠んだ→和歌の神様
住吉の津からお椀の舟に乗って京へ行った→水上交通の神様
米を使ったトリックで好きになった姫を嫁にした、打出の小槌で米を出した→米(農産物、産業製品)の神様
鬼と戦って勝った→戦いの神様

最後に「一寸法師は住吉大社で生まれたことをもっとPRしないといけませんね」

|

« 大阪市大での昼食 | Main | きのう51番、きょうは89番 »