« 偏向記者はこうして生まれる | Main | 菜種油搾りの実演をみる »

08/18/2017

危険をあおるほど利権を生む「核のゴミ」、武田邦彦先生の主張


日本原子力学会に提出し、学会賞候補になっている「核廃棄物の安全性に関する論文」に基づいて、武田邦彦先生自身が、今朝の産経新聞に「科学的特性マップ公表/危険あおればカネ生む『核のゴミ利権』を執筆しています。
「あまり危険ではないものなのに、非常に危険となっているのは、原発を止めたい反対派と、利権を得たい賛成派の思惑が一致するから」と指摘、なぜ危険でないかを述べています。
学者のこういう主張を初めて読みました。

|

« 偏向記者はこうして生まれる | Main | 菜種油搾りの実演をみる »