« 牡蠣たっぷり天丼 | Main | 驚異の1枚ものカレンダー、ビックカメラで »

11/22/2017

京都国立博物館の国宝展へ

今月は奈良国立博物館の正倉院展(11/8 水)、あべのハルカス美術館の北斎展(11/13水)、京都国立博物館の国宝展(11/21火)と文化の香り高い催しに相次いで出かけました。

北斎展と国宝展は予想通りの待ち時間に閉口。ハルカス美術館は屋内の行列ですが、京都国立博物館はチケット購入後、屋外で2時間のながーい入館待ち行列、入館後も展示室までまたまた行列です。天気のいい日を選んで、出かけたので、それほど苦にはなりませんでしたが、寒くて雨天だったらちょっとつらいでしょうね。杖をついた熟年世代も多かったのですが、皆さんがまんのひととき。

日本に800点あまりの国宝のうち、今回の国宝展に出陳されているのは210点、これを4回に分けて展示しています。私が出かけたのは最後の第4期。NHKの特集番組で取り上げていた 雪舟の国宝6点、曜変天目茶碗(京都・龍光院。国宝3点のうち、大阪・藤田美術館のものは特別展で観たことがあります)、金印はすでに展示が終わっていましたが、教科書でお馴染みの伝源頼朝像、源氏物語絵巻、平家納教、尾形光琳の蕪子花(かきつばた)図屏風、如拙の瓢鮎図、丸山応挙や蕪村の絵画など次々実物が観られて実に壮観でした。縄文土器なのに縄目のない火焔型土器や縄文の女神なども本物を初めて観ました。
1階にでーんと設置されていた河内長野・金剛寺の大日如来座像には驚きました。あんなでっかい仏像をどうやって京都まで運んだのでしょう。

どちらを向いても国宝ばかりの贅沢な展覧会、京都国立博物館開館120周年記念のイベントです。2時間待って入場しただけの価値はありました。

P1180409


P1180412


P1180418


|

« 牡蠣たっぷり天丼 | Main | 驚異の1枚ものカレンダー、ビックカメラで »