« 4歳の孫娘から幼稚園音楽会の招待状 | Main | 落語のなかの浄瑠璃語り »

02/21/2018

2/20 は 大阪府立中央図書館で「わろてんか」展 (その3)


NHKから借りてきた「わろてんか」の小道具がたくさん並んでいました。(写真撮影禁止のため文字で再現)

・てんの堪忍袋(そんなシーンがありましたね)
・蔵に閉じ込められたてんを慰めるために、藤吉が持ってきた生玉(いくたま)人形
・藤吉の太神楽の升
・藤吉がかぶった猪のぼてかつら
・万城目吉蔵の後面のお面
・アサリがかぶった花魁のぼてかつら(髪型)
・喜楽亭文鳥独演会(伊能製薬後援)のチラシ
・てんと藤吉が最初に購入した寄席「鶴亀亭」の鍵。亀井庄助(内場勝則)が鍵を開けるシーンで出てきました。木彫りの亀がついていたんですね。
・キースの西洋物まねで使っていた面
・風鳥亭の番組作成表
・風鳥亭のチラシ
・月給袋
・万城目吉蔵用原稿用紙
・北村笑店文芸部用原稿用紙
・全国芸人番付
・似顔絵饅頭(リリコ・シロー、アサリ・キース)
・月刊キタムラ(秋田實は編集していた「大衆娯楽雑誌ヨシモト」をもじったもの)
・「わろてんか」台本(1~6回分)

NHKだけに、徹底した時代考証により、当時の現物を忠実に再現しています。

|

« 4歳の孫娘から幼稚園音楽会の招待状 | Main | 落語のなかの浄瑠璃語り »