« February 2018 | Main | April 2018 »

03/31/2018

動画 大阪市柴島浄水場桜並木2018


2018.03.30撮影。
満開できれいでした。阪急崇禅寺駅東(線路沿い)から淡路方向に460m桜並木が続きます。
今年は大阪市内の蜂須賀桜を探して、動画にまとめましたので、ソメイヨシノもいままで見たことのなかったところに出かけました。

https://youtu.be/RvLdpZwCfYk

|

南海高野線運転再開


台風21号による地滑りで、去年10月から不通になっていた高野下駅(九度山の次)から極楽橋駅(高野山ケーブルの手前)、今日から運転再開です。

|

今秋の「週刊誌ウォッチング」

産経新聞 3/31付。

|

柴島(くにじま)浄水場の桜並木へ

今年は早咲き桜「蜂須賀桜」を大阪市内で発掘し、動画に収めましたが、ソメイヨシノもいままで行ったことのなかった所を観ようと、新聞で何回も紹介されていた柴島浄水場へ。(「柴島」の字を見るたびに、なんて読むんだっけ?」と考えてしまいます)。

阪急京都線崇禅寺駅から淡路駅間東側線路沿いの約460メートル、樹齢50年以上のソメイヨシノを含め、計160本の「桜のトンネル」がきれいでした。明らかなソメイヨシノだけでなく、緑の葉とまっしろな花弁の組み合わせがきれいだった桜もたくさんありましたが、あれもソメイヨシノ?

Sp1210701


Sp1210711


Sp1210722


Sp1210723


|

「わろてんか」から「マッサン」?へ

チーフプロデューサーの「いままでになかった朝ドラの楽しいエンディング」とはああいうことだったのですね。青空喜劇で「わろてんか」の全ストーリーを吉本新喜劇風に取り上げるという趣向、確かに前代未聞の展開でした。
ところでBSPの再放送は「アン」からあの「マッサン」へ。「マッサン」」の初回放送の時、私は1日も欠かさず毎日ブログに関連情報を書いたほど熱心に観ていました。BSPで観て、総合で観て、さらに録画も確認したりして。

当時、NHKのモニターをしていたこともあり、マッサン夫妻が竹原の実家に挨拶に帰ったシーンを収録中のNHK大阪局のスタジオを見学、制作統括(チーフプロデューサー)櫻井賢さん(現在、大河ドラマ「西郷どん」の制作統括)との座談会にも出席して裏話を聴いたり、直接ご本人に質問したり。さらにマッサンの実家があった竹原は、私の田舎の隣町。おじは結婚前、この酒造会社に勤めておばと結ばれ、おばはイギリスからやって来たお嫁さんの世話をしに行っていたこともあったという話を父から聞いた記憶があります(ドラマにそんな話は出てきませんでしたが。おじ夫妻も父もとっくにあの世ですから、確かめようもありません)。
おまけにマッサン夫妻が住んでいた大阪の家は、私の現在住んでいる所から徒歩5分ほど。

あれやこれやで身近な存在だった「マッサン」、また観られるのは嬉しいですね。

|

03/29/2018

こんな朝ドラなかった! 驚きの楽しいエンディングをお見逃しなく。「わろてんか」あと2回


産経新聞大阪市内面に連載されてきたチーフプロデューサーによる「わろてんかの舞台裏」もきょうの紙面が最終回。明日と明後日でドラマの方もおしまいです。
風鳥亭復活ののろしが上がってエンディングを迎えるのでしょう。半年間、楽しませていただきました。

P12106640329


|

きょうは昔働いていた企業の大阪地区OB会


いままで見学会(車輪工場、住友発祥地京都の庭園や博物館)と総会しか参加していなかった(抽選で当たっていなかった)のですが、今年は見学会(東洋陶磁美術館)と春の懇話会の両方当たった(希望者が少なかった?)ので、きょうは春の懇話会に行ってきました。
合併6?年目の決算報告と3カ年の中期計画の説明がありました。鉄鋼業はいま内需も外需も好調で、見通しは明るいとのこと。われわれが現役のころは、しょっちゅう不況だ、リストラだと騒いでいたような気がしますが・・・。いまニュースで騒がれているトランプの米輸入関税についても、日本からアメリカに輸出しているのはアメリカで製造できない原子力用厚板などわずかであまり影響はなさそうです。もっとも韓国材が締め出されると、東南アジアにあふれて影響がでますが、韓国は関税アップの除外になったらしいのでそちらも大丈夫?

合併後の英語社名が、合併前のNIPPON STEELとSUMITOMO METALをつないであいだに「AND」を入れた名称になっていたとは知りませんでした。日本語の新聞には英語の社名なんて出てきませんからねえ。

|

03/28/2018

こぶしの花が満開です

千昌夫の「北国の春」に「こぶし咲く(あの丘) 北国の~」という歌詞が出てきます。
ただし、「こぶし」は別に北国だけの花ではありません。

いま、大阪市南港通りの街路樹「こぶし」が、白い花をいっぱいつけてきれいです。写真は播磨町交差点付近。
もうすこしすると、この白い花が消え、青々とした葉に覆われます。


Sp1210659


Sp1210660


Sp1210663_2


|

03/27/2018

作家・高野山僧侶 家田荘子さんの「生き方講演会」


年2回の「ハッピーエイジング & ソナエ博」の二大恒例イベントは、旭堂南陵さんの「南陵の元気塾」と家田荘子さんの「生き方講演会」。今回、家田さんは、12年前から毎年1,400kmの歩き遍路を続けられている経験(毎月3日間歩き、1年で一周1,400km)をもとに、思い出深い出会いやシーン、1番目から7番までのコース案内・みどころを紹介されました。例えば、「挨拶をしたのに返して来なかった夫婦連れをなんと失礼な人だと思っていたら、翌日別のお寺で偶然出会い、奥さんから「夫はガンで声帯を失っているので、昨日は御返事ができず、失礼しました」と言われ、深く恥じるとともに申し訳ない気持ちでいっぱいになった、といったお話も 。

「遍路は自然と一緒の旅です。歩き遍路だけでなく、バスを使う方法もあります。遍路に行きたいな、そう思ったら一歩前に踏み出してやってみることです」。

|

シャープ復活

近所の元シャープ本社ビルは解体されてしまったけど。


https://news.nifty.com/article/item/neta/12111-42508/

|

急に静かになった


高松の孫2人とママ、移動中の付き添いでおばあちゃんもいなくなり、家のなかは一人だけ、急に静かになりました。
古文書研究会で2年間取り組んできた「菜種油の古文書」もほぼ読了し、みんなで手分けして古文書提供者(江戸時代は庄屋さん)への報告書を作成中です。数日前、コーディネーター役のメンバーから新たな宿題が送られてきたので、「いま孫が来て大騒ぎなのでしばしお待ちを」と連絡したところ、「我が家はまだ孫に恵まれていませんので羨ましいです。しっかり遊んであげてください」と返事が来ました。

さあ、今から仕上げて送らなければ・・・。あ、次のテキストの予習も始めなければ。

|

人間国宝・奥村旭翠さんの琵琶と旭堂南陵さんの講談(競演)

3/26(月)、なんばのスイスホテルで、「Happy Aging & ソナエ博 2018春」(主催:産経新聞、共催:スイスホテル)が開催されました。
メインステージ「南陵の元気塾」は、「至宝の魅力/『寛永三馬術』 競演!~人間国宝の琵琶奏者に学ぶ長寿の秘訣」。
琵琶といえば、耳なし芳一のあの琵琶ですが、一般にはあまり聴く機会がないと思います。私はたまたま中学の同級生が大阪で琵琶の先生(女性)をしています。年に何回か、一門の発表会の招待状を送ってくれるので2回ほど国立文楽劇場に出かけたことがあります。

人間国宝・奥村旭翠さん(67)の筑前琵琶は、高音~低音の複雑な音が混ざり合った、なんともいえない上品な響きを奏でていました。馬が急斜面の石段を登る時は、それまでのもの悲しい音から、軽やかなテンポの音に変わりました。透き通ったなかに渋みを感じる語りも、さすが人間国宝です。

奥村旭翠さんの琵琶と、南陵さんの講談が交互に演奏されて、一つの演目になるという非常に珍しくも貴重な公演でした。

20180326happyaiging


|

03/26/2018

坂本龍馬と土佐藩住吉陣屋

3/24付産経新聞大阪ワイド面「維新150年 大阪の痕跡を歩く 第14回」は「龍馬が歩いた阿倍野・住吉/土佐藩陣屋跡」。
本体部分の写真を撮って、Google Driveにアップ→文字化し、微修正をすればテキスト文書完成です。
新聞記事にもちゃんと適用可能なことを確認。
(写真は、「新聞記事」「記事の写真からテキスト文書化したもの(部分)」)

P1210648


20180326


|

トミカ「海遊館トラック」

天保山ハーバービレッジの薬屋さんの店頭に、積み上げてあったトミカのミニカーシリーズ。眺めていたら隣の海遊館の水槽を積んだトラックがありました。
ご丁寧に中にはサメが入っています。

P1210651


|

コメダの小倉甘酒クリームコッペ

JR天王寺駅構内、期間限定でとっくに店が替わっているはずなのに、いまでも営業を続けています。ということは予想より売り上げ好調ということ?(コメダ珈琲のパン部門らしい)

P1200453


P1200454


Photo


|

猫パンと犬パン

孫が来ているので、なんばで猫パンと犬パンを買ってきました。

P1210657


|

井沢元彦「逆説の日本史 23」

YさんがFacebookで紹介されていた井沢元彦さんの最新刊を読みました。冒頭の朝日新聞批判は、まったく同感。
「朱子学は忘国の教え」はなるほど、ですね。

20~30年くらい前、井沢さんの本をよく読んでいました。生の講演を聴いたのは、大阪に来てから2回。2回目は去年です。

P1210652


P1210653


P1210654


|

孫が揃って

数日前から高松の孫2人(4歳女と2歳男)がやってきて、にぎやかです。2日目は近鉄百貨店の子供の遊び場で遊んだ後、回る御寿司が食べたいというので1時間半も待って店に入りました。帰宅すると、大阪の孫2人(4月から小2女と小1女)もやって来て大騒ぎ。オセロ、神経衰弱、ババ抜き、カルタいろいろ・・・
孫がそろうと活気が出ますね。

学生時代の知人からメールによれば、「大阪の長女と孫、横浜の3女と孫(旦那はコロンビア人だったかな)、独身の次女がみんな帰って来て、大にぎわいになる予定」と書いてありました。春休みになると、こういう家が多そうですね。

Sp1210584


Sp1210594


Sp1210616


Sp1210638_2


|

03/25/2018

印象操作と揚げ足取りばかりの「クレーマー国会」


http://www.sankei.com/column/news/180325/clm1803250009-n1.html

|

新聞にも週刊誌にもうんざり


http://www.sankei.com/premium/news/180325/prm1803250018-n1.html

|

03/24/2018

クイーン・エリザベス、産経の乗船取材動画はこちら


私も外から眺め、住吉大社による航海安全祈願祭も見ましたが、中までは・・・
大阪港寄港の際、乗船取材した様子はこちらの動画(SANKEI NEWS)でどうぞ。
さすが豪華です。

https://www.youtube.com/watch?v=zQecmzK_DZw

|

03/23/2018

動画  住吉大社、豪華客船「クイーン・エリザベス」の航海安全を祈願。船長は女性です


2018.03.22、大阪港天保山岸壁で、世界一著名で誰でも知っているイギリスの豪華客船「クイーン・エリザベス」の航海安全祈願祭が住吉大社によって行われました。御神輿の奉輿もありました。
同船の船長(キャプテン)は、同社(キュナード・ライン)170年の歴史の中で初の女性船長、インガー・クレイン・トーハウガさん。
玉串お供えの作法も見事なものでした。御神輿奉輿の際は法被を着用されていました。

https://youtu.be/Pe7MWM_dtw4

|

大学が変わる! 名古屋大学と岐阜大学が統合へ


昨日の産経新聞夕刊1面の記事にはおどろきました。少子化で経営の厳しくなる大学が、経営効率化を進め競争力を強化する狙いです。
統合が実現すれば、東大(運営費交付金 812億円)、京大(548億円)に次ぐ、東北大(456億円)、大阪大(438億円)とほぼ同じ規模になります。現在名古屋大は317億円、岐阜大は116億円、合わせて433億円です。

大阪市立大と大阪府立大の統合が決まり、最大の公立大が誕生(神戸大同規模)するなど大学をめぐる環境も激変ですね。

|

元号決まらず、西暦へ

区役所からカードが送られてきましたが、いままで有効期間1カ年で有効期限は平成で表示されていました。今年は和暦から西暦に変更になりました。平成の後の元号が分かりませんので苦肉の策?

|

03/22/2018

これが話題の海月銀河?


という女性二人組の話し声が聞こえてきましたが・・・なわけないでしょう。これはリニューアルしたクラゲエリア「海月銀河」をイメージした天保山ハーバービレッジ入口のモニュメント。本物の「海月銀河」は入場料を払って海遊館のクラゲエリアに行かないと見られません。
数日前、テレビで海遊館のスタッフが山口や神戸の海岸で、クラゲを採集している様子が紹介されました。

P1210562


P1210563


P1210560_3


|

住吉大社、世界で最も有名な豪華客船「QE」の航海安全を祈願

「クイーン・エリザベス」といえば、キュナード・ライン社(イギリス)の所有する世界で最も有名な豪華客船です。
3/15、大阪港天保山岸壁を出港し、高知、広島、鹿児島を周って、昨日3/22 再び大阪港へ帰ってきました。

そこで行われたのが、遣随使・遣唐使時代から「海の神様」として崇められてきた住吉大社による航海安全の祈願祭。住吉大社から御神輿も天保山にやってきて御神輿奉輿 が行われました。

昨日は、クイーン・エリザベスの航海安全祈願を住吉大社が行うという、堂々たる「住吉大社」の国際進出ぶりをこの目に納めてきました。
なお、住吉大社小出権禰宜さまによれば、「大阪港開港150記念事業の一つとして、大阪港湾協会の依頼によって、クイーンエリザベス号寄港歓迎イベントで神輿が出ました。住吉大社の本社の神輿が大阪港に正式に渡御したのは、大正四年の最後の北祭以来なので、じつに103年ぶりのことです」とのことです。

写真は順に、「天保山岸壁に横づけしたクイーン・エリザベス」、「バス停から見たクイーン・エリザベス。まるで忽然と巨大ビルが出現したかのよう」、「住吉大社の神輿奉輿」(2枚)。

Sp1210489


P1210568qe


P1210532


P1210533


|

来日中の豪華客船クイーンエリザベスの船長は女性でした

きょう大阪港天保山岸壁で、「海の神様」住吉大社によって航海安全の祈願祭が行われたをイギリスの豪華客船「クイーン・エリザベス」(キュナードライン社、総トン数 90,901トン 全長 294メートル 乗客定員 2,081名 )のキャプテン(船長)を見てあっと思いました。女性でした。

インガー・クレイン・トーハウガさんは、2010 年 12 月にキャプテンに任命され、2011 年 1 月から「クイーン・ヴィクトリア」( 90,000 トン)にキャプテンとして乗船。170 年以上の歴史を持つキュナードで初の女性キャプテンだそうです。
それ以降、「クイーン・ヴィクトリア」と「クイーン・エリザベス」2隻のキャプテンとして活躍しています。

安全祈願祭では、ちゃんと玉ぐしをお供えされていました。住吉大社の御神輿奉輿のときはキャプテンも皆さんと同じように法被を着用されていました。

Photo


P1210518


|

3/22の「私の拉致取材」は引き揚げられた北朝鮮工作船

2003年、東京で会議の翌日(休日)、大阪へ帰る前に見に行きました、東京・お台場「船の科学館」に。会期中160万人が押し寄せ、その後、横浜の海上保安庁資料館に展示され、そちらでも昨年夏末までに300万人が見学しています。

安倍さんが展示品を覗きこんでいる写真が掲載されていますが、当時は官房副長官だったんですね。

P1210454


|

形、虎ニ似テ、瞳、朝ハ円ク、次第ニ縮ミテ、正午ハ針ノ如ク

産経新聞に「明治の50冊」という記事が連載されています。3/22は第10回。日本最初の「普通に使われている言葉を集め、説明し尽くした」最初の近代的国語辞典「言海」(大槻文彦)です。

この中に「猫」の項が出ています。新聞記事を写真に撮って、GoogleDribeにアップすると自動的にOCR処理されて・・・
--------------------
(形、虎に似テ、二尺ニ足ラ ズ)。体の大きさに加え、其瞳、朝ハ円ク、次第二縮ミテ、 正午ハ針ノ如ク)と瞳の様子ま で描写。(又能ク鼠ヲ捕フレバ 畜フ、然レドモ、窃盗ノ性ア リ)という猫好きなら異議を唱 えたくなりそうな記述もある。 実際、芥川龍之介は随筆で <(猫を)「窃盗ノ性アリ」と 云うならば、犬は風俗壊乱の性 あり)とかみついている。
--------------------

今でも「言海」を踏襲した語釈は有るそうで、その部分の記述は次の通り。
--------------------
「『言海』を踏襲した語釈は今もある。その意味で古びていないと思う」からだ。
「川」もその一つ。〈陸上ノ と長ク凹ミタル処ニ、水ノ大二流ルルモノ)と説明する『言海』に対し、『三省堂国語辞典』第7版は、地上のくぼみに沿って流れる水(の道)>。全体の地形示した後、「水」「流れ」に
触れて定義を狭めていく構造は 同じ。普通の語を簡潔に説明する『言海』の文法の普遍性が分 かる。
--------------------

「言海」もすばらしいけど、Google Driveの写真→OCR機能もすごい!

|

03/20/2018

堺事件、幕末の大坂、大河ドラマ「西郷どん」

今日は天王寺区民センターで講演会「講談と講演で巡る<幕末・維新のおおさか>」を聴講しました。第1部は旭堂南海氏による講談「堺事件~命をかけたクジ引き」。第2部は大阪城天守閣 宮本裕次氏の講演「幕末大坂城と上町台地」。
宮本氏によれば、徳川家茂(いえもち)は文久3年(1863)、将軍として家光以来229年ぶりに大坂城入城、大坂湾巡視を行い、精力的に公武合体を目指して行動します。翌年も大坂にやってきて、慶応元年6月から大坂城で過ごし、幕府政治の中心地は江戸から大坂に移ります。江戸から将軍がいなくなったのです。家茂は広大な大坂城を隅々まで巡視、訓練の上覧を行い、国難に立ち向かう自らの意気込みを示し、城と自身との一体化を図りました」。
慶応2年6月19日には天守台のぼり、22日にも櫓に入っています。ところが25日以降は自室から出ておらず、7月20日に死去しました。死因は脚気による心不全と虫歯による体力低下とみられています。ドラマでもお菓子を食べるシーンが出てきました。戦後、死体を発掘し解剖したところ、虫歯でなかった歯は1本しかなかったそうです。
ちょっと意外な家茂の実像でした。

さらに意外だったのは、「14代将軍家茂が大坂城に住むようになった慶応元年閏5月以降、江戸には将軍がいなくなった」こと、「15代慶喜が将軍になったのは京都であって江戸ではなかった」こと。「慶喜は大政奉還後も朝廷の猛反対を推しきって兵庫港を開港させるなど、新しい政治体制を指向して精力的に活動していた」んですね。

歴史はしばしば、後世の人々による当時の社会を都合よくとらえようとする姿勢(古い体制は悪く、新しい体制は良い)などによってゆがめられるということがよくわかります。

|

日本人の皮膚に特有のウィルス、高知大医学部発見


犯罪捜査に役立ちそう。日本に住んでいる外人にもいるのだろうか。

http://www.sankei.com/west/news/180320/wst1803200001-n1.html

|

03/19/2018

「わろてんか」、寄席の額「薬」

てんと藤吉が、「笑いは薬」との信念から寄席の舞台に掲げたのが扁額「薬」でした。
写真は ドラマで使われたものです。

なお、かつて大阪には実際に「薬」の額を掲げた寄席がありました。版画が残っています。

http://terusakura.air-nifty.com/tetsus_top/2018/02/220-3cd5.html


Sp1210053


|

03/18/2018

薩摩の島津と住吉(大阪)

住吉大社に島津家初代・島津忠久がここで生まれたという「誕生石」があります。
3/17、大阪府立中之島図書館でおこなわれたセミナー「薬の町 道修町講座」の中で、住吉と島津家の関わりをもう一つ聞きました。

現存する製薬会社の中で日本最古の田辺製薬(現 田辺三菱製薬)の田辺家は、戦国時代、朱印船貿易を手掛けた豪商です。薩摩の島津家とも深いつながりがありました。とくに 関ヶ原で敗れた島津義弘が薩摩まで撤退する途中、田辺屋道與(どうよ)が助け、大阪の住吉に匿ったそうです。その恩義から島津が田辺に秘薬の調合法を伝授し、「たなべや薬」を発売し大ヒットしました。これが田辺製薬飛躍の礎となります。セミナーの中では、同社のその後の苦難の歴史も詳しく紹介されました。

田辺家が島津義弘を住吉に匿って助けなければ、田辺製薬は生まれなかった・・・

|

スモークツリー


長居植物園入口の前に奇妙な植物が・・・

P1210395


P1210396


P1210398


|

恐竜の卵がいっぱい


大阪市立自然史博物館で開催中。写真は触れる恐竜の卵の化石です。

Sp1210394


Sp1210399


|

白木蓮


長居公園です。上海市の花だそうです。

Sp1210390


Sp1210387


Sp1210391_2


|

蜂須賀桜を求めて その7/大阪護国神社


この日、最後に回ったのは住之江公園の大阪護国神社。長居公園からバス1本(20分)です。地下鉄住之江公園で降りると、目の前に大阪で一番大きい石鳥居がそびえています。
めざす蜂須賀桜が3本、鳥居のすぐ左にありました。いずれもきれいに咲いており、スマホで撮影する人が次々。私の動画に収録されていますので、そちらでどうぞ。

蜂須賀桜をまだ知らない人が多く、私の記事および動画はけっこう評判になったようです。
大阪の蜂須賀桜の開花状況として、徳島のNPOのHPにも転載されました。「遠隔地に植樹された蜂須賀桜の様子は確認が難しいので、こういう情報を見ると安心します」とのこと。


Sp1210437


Sp1210422


|

03/15/2018

わろてんか隊は「わらわし隊」


朝ドラ「わろてんか」に戦地および国内の兵隊さんを慰問する「わろてんか隊」が出てきます。史実では「わらわし隊」です。大阪企業家ミュージアムの「吉本せい展」や大阪府立中央図書館の「わろてんか展」には似顔絵入り「わらわし隊」の額が展示されていました。
朝日新聞が企画し、吉本が協力して共同で実施しました。
wikipediaには次のように書かれています。
<わらわし隊は、吉本興業(吉本興業部)が朝日新聞社と共同で、日中戦争勃発後中国大陸に派遣された兵士を慰問するために結成した演芸派遣団、慰問団。当時の帝国陸軍・海軍の戦闘機部隊の愛称であった「荒鷲隊(あらわしたい)」をもじって「わらわし隊」と名づけられた。陸軍恤兵部が派遣の担当を行い大規模な慰問団として華々しく宣伝された>。
朝日新聞とライバルだった毎日新聞の間にはこんなバトルもあったようです。
<下関から大連行きの船に乗り込んだ面々は「万歳」の掛け声とともに毎日新聞選定歌「露営の歌」を合唱した。ライバル社の歌に気を悪くした朝日側は「歌うのを止めろ」と、社旗を盛んに振って注意したが、彼らは、かえって激励していると受け取り、止めるどころかますます声を張り上げ大合唱となった>

|

03/14/2018

蜂須賀桜を求めて その6/長居公園

長居植物園の受付で「蜂須賀桜」の場所を聞いたのですが、「植物園の全植物リストにありませんねえ。長居公園の方にも調べてもらいましょう」ということで時間をかけていただいたのですが、「現時点では、長居公園にも、長居植物園にもありませんねえ」。2年前の区役所のfacebookには「長居公園にも」と着てあったんだけどなあ。

ということで残念ながら・・・。

せっかく長居公園に出掛けたので、「恐竜の卵展」を見てきました。

|

蜂須賀桜を求めて その5/3度目の上住吉東公園

住吉大社の東門を出て、隋や唐からやって来た人が奈良の都まで歩いた歯葉津路(推定)を東へ。阿倍野筋の手前右に上住吉東公園があります。今年3回目の蜂須賀桜開花状況チェックです。

2日前に比べ、一段と開花が進んでいました。 きれいですねえ。近所の人が次々やってきて、スマホで写真を撮っていました。

3度目の開花状況チェックの結果は動画に入れましたのでそちらでどうぞ。

|

蜂須賀桜を求めて その4/住吉大社

生根神社から大海神社を通って住吉大社の社務所へ。2年前の広報に載っていた植樹の写真を見てもらって聞いたのですが、「蜂須賀桜? この写真は大海神社の方かなあ」。

2年前の広報に記事を書いた住吉区役所教育文化課に電話すると、「調べますので15分後に電話ください」。結局区役所でも住吉大社の何処に植樹したかはわかりませんでした。広い住吉大社境内を歩き回って蜂須賀桜探しが始まりました。

第14代蜂須賀茂韶氏の石碑が南門にある縁で、住吉大社に蜂須賀桜を植樹したそうですので、そちらから探すことに。南門と言えば、石舞台のところだろうと思ったのですがありません。そこで西に歩いて移動すると、御田の東、税務署の手前の石の鳥居そばにありました。写真を撮って、境内をぐるっと回って、大海神社へ。
広報の写真にちらっと写っていた朱色の玉垣と巨石にそっくりな景色が!

2年前に植えたばかりの若木ですが、チラホラ十数輪咲いていました。すぐ区役所に「見つけました!」と連絡したのは言うまでもありません。

Sp1210336


Sp1210317


P1210338


Sp1210331


Sp1210334


|

蜂須賀桜を求めて その3/生根(いくね)神社

上住吉東公園(2本)に続いて、四天王寺(英霊堂2本、極楽浄土の庭2本)を回って来ました。。3/14は生根神社、住吉大社、上住吉東公園(今季3度目)、長居公園、大阪護国神社巡りです。いずれも2年前の「広報住吉」の記事で住吉区在住の原田家御当主が、大阪市内で植樹した場所として紹介されていたところです。

まず最初は、住吉大社そばの生根神社です。広報には、2016年1月23日に植樹している写真が掲載されています。ヒントは階段のそば。境内をぐるっと回りました。桃は綺麗に咲いていましたが、桜らしきものは見当たりません。宮司さんらしき人を見つけて聞くと、「石段を下りたところの左側ですが、まだ咲いてないと思いますよ」。

行ってみると、名札もついていない桜の細い木が1本ひょろひょろと立っていました。陽当たりがよくないせいか、花もつぼみもありません。ちょっと残念。

徳島の蜂須賀桜を広める活動を行っているNPOに「大阪市内の蜂須賀桜」の最新情報を送りたいので、写真と動画を撮影して次の目標地・住吉大社へ移動。


Sp1210266


Sp1210288


|

見事です!ミモザ。花言葉は『秘密の恋』『友情』

3/14、蜂須賀桜を探して生根神社から大海神社へ移動中、句会の団体に会いました。皆さん、手に手に小さな手帳を持って、風景を見ながら何か書き留めています。
キョロキョロ探している人に話しかけると、「このあたりに立派な花をいっぱいつけたミモザがあるはずなんですが」。

探しあてたミモザの素晴らしいこと! 道に面した民家の庭の巨大なミモザの木に、黄色いボンボンのような花がたわわに(花にも使えるのかな)。

花言葉は、『秘密の恋』『友情』だそうです。あの人達はいい俳句ができたでしょうか。

Sp1210299


Sp1210308


Sp1210301_2


|

「わろてんか」と通天閣


きょうの「わろてんか」で、通天閣が売りに出され、「北村笑店がすぐ飼うべきだ」と風太が力説していました。実際に、吉本せいは通天閣を買います。ただし、いまの通天閣でなく、初代の通天閣です。吉本のものになった通天閣は、その後、隣の劇場から出火し、焼け落ちます。再建は無理と判断したせいは、軍に鉄屑として供出します。
これからまだまだ波乱の人生を送ることになりそうです。

|

03/13/2018

同じ梅の木に白梅と紅梅が


去年、大阪城梅林で同じ木なのに、白梅と紅梅が同居している木を見つけて面白いなあと思ったのですが、きのう四天王寺・極楽浄土の庭でも「同じ木なのに枝によって白い花ばかり、紅色ばかりという梅」を見ました。

Sp1210231


|

動画 四天王寺 極楽浄土の庭


四天王寺を参拝した人は多いでしょうが、「極楽浄土の庭」まで拝観した方は少ないかもしれません。何十回も参拝した私もここは知りませんでした。
蜂須賀桜も写っています。

https://youtu.be/8bAmtaDoxqw

|

極楽浄土の庭


四天王寺の本坊庭園「極楽浄土の庭」を始めて拝観しました。
もともと昭和8年、武者小路千家のの茶匠の設計によって造園されました。一般公開はされていませんでしたが、平成15年に基本的構造を受け継ぎつつ、仏教説話(中国唐代の僧が説いた「ニ河白道 にがびゃくどう」)に基づき修繕改修が行われたのを機会に、一般公開されることになりました。

3/12に拝観したとき、早咲きの蜂須賀桜(4本)がきれいな花をつけていました。夏には極楽浄土の池全体に蓮華が生い茂るそうです。

Sp1210178


Sp1210190


Sp1210199


Sp1210201


Sp1210202


Sp1210205


Sp1210209


Sp1210222


|

03/12/2018

四天王寺の蜂須賀桜/その2

2日前、上住吉東公園の蜂須賀桜を見てきました。
帰宅後、ネットで調べて四天王寺・英霊堂前にも蜂須賀桜が2本植樹されていることを知りました。他に住吉大社や生根神社にも。そこで大阪市内の蜂須賀桜をあちこち見て回ることにしました。

今日は第2回として、四天王寺の英霊堂に行ってきました。7分咲きの蜂須賀桜が2本ありました別名「乙女桜」にふさわしく、とてもかわいい花でした。

Sp1210106


Sp1210100


10メートルくらい離れたところに、満開の梅が咲き誇っていました。梅と桜が同時に咲いている!
珍しい光景です。

Sp1210142


Sp1210139_2

しかもそこにいた庭師のおじさんから耳よりな情報を。「実は蜂須賀桜は英霊堂前の2本だけでなく、本坊庭園の中にも4本あるんですよ。いまちょうどきれいに咲いています」。
こんな貴重な情報を見逃すわけにいきません。今まで知りませんでしたが、本坊庭園が「極楽浄土の庭」として公開され、そこにも植樹されていたのです。
場所を聞いて本坊庭園へ直行し、拝観券300円を購入して中に入りました。茶室が4軒並んでいる辺りに、間違いなく蜂須賀桜と思われる桜の木が4本、かわいい花をいっぱいつけて並んでいました。


Sp1210199

|

きょうの「わろてんか」にも出てきた北村笑店の事務所です

P1210045


P1210047


P1210046_2

|

霧島湧水うなぎの「うなぎおこわ」


うなぎは鹿児島産ですが、もち米は佐賀県産です。


P1200332


P1200333


P1210040


|

落語のなかの浄瑠璃語り


3/11(日)、大阪歴史博物館の「なにわ歴博寄席2018/落語のなかの浄瑠璃語り」を聴いてきました。
江戸時代から近代にかけて流行した庶民の浄瑠璃語り。落語にもしばしば登場するほどの、当時の大衆文化としての広がりを実感できるイベントでした。

落語「寝床」(笑福亭喬介)/落語「軒付け」(桂米左)/ミニ講座「素人浄瑠璃の隆盛」(学芸員 澤井浩一)/落語「銅乱の幸助」(桂三風)

|

03/11/2018

茶葉のあまみ 玉露入り


「茶葉がもつ上品なあまみが楽しめる、苦みを抑えた緑茶」と言われるとそんな気がしてきます。「綾鷹」の新商品?

P1210008


|

ことしも蜂須賀桜がきれいに咲いています!/蜂須賀桜 その1

知る人ぞ、知る! ハチスカサクラ。

大阪市住吉区上住吉(うえすみよし)東公園の蜂須賀桜がきれいに咲いています。その可憐な花から別名 乙女桜、お留桜。 沖縄系のカンヒザクラとヤマザクラの一代自然交配雑種のカンザクラで、江戸時代まで徳島城御殿にありました。明治初期、廃藩置県により阿波から江戸に移住することになった徳島藩最後の藩主・蜂須賀茂韶(もちあき/1846年9月28日~1918年2月10日)氏が、重臣の原田家当主・原田一平に移植し守り育てるよう託したとされます。
ソメイヨシノよりも1ヶ月ほど早く咲き、花の色は少し濃い、近年注目度を上げている河津桜と似た特徴を持っています。
四天王寺の英霊堂前にもあるそうです。

Sp1210027


Sp1210037


Sp1210028

Sp1210029


|

03/10/2018

「わろてんか」セット公開は 3/12~


NHK大阪放送局1階アトリウムにて。無料です。

https://www.nhk.or.jp/osaka-blog/warotenka/291196.html

|

03/09/2018

動画 梅と猿と道明寺天満宮「梅まつり」


今年は梅の開花が遅れましたので、梅まつりの期間も変更されました。梅だよりが「満開」表示になって4日目(前日は激しい風雨だったので散ってるかと心配でしたが)でしたが、見事に咲き誇っていました。 

https://youtu.be/2kvBfLXObv8

|

動画 梅と猿と道明寺天満宮「ぽんず君大活躍」


梅は後回しにして、まず猿まわしから。「撮影し放題」でしたので遠慮せずに動画を・・・。

https://youtu.be/6TzLru-hon8

|

03/08/2018

こういう疑問を明らかにして欲しい

森友文書書き換え疑惑を報じた朝日新聞の責任。

http://ironna.jp/article/9102

|

道明寺天満宮、猿と梅と/その5 今年の巨大絵馬


道明寺天満宮の本殿前には毎年、巨大な干支にちなんだ絵馬が掲げられます。今年も5世 貞信さんのかわいい絵が・・・

Sp1200801


Sp1200803_2


|

道明寺天満宮、猿と梅と/その4 梅まつり


こじんまりとした梅林に白や紅の梅が咲き誇ってきれいでした。石の橋から見下ろすこともできます。

Sp1200782


Sp1200812


Sp1200813


P1200733


|

03/07/2018

地上300mで断崖絶壁体験


日本一高いビルの頂上からぞっとするスリル満点の体験ができるようになりました。

P1210007


|

道明寺天満宮、猿と梅と/その2 桜餅の道明寺


桜餅には2種類あります。関東の「長命寺」と関西の「道明寺」。東京隅田川の向島にある長命寺という寺院の門前で作り始めた桜餅(この店舗はいまでもあるそうです)が、こし餡を餅で挟み、桜の葉で包むタイプの桜餅となりました。関西風と区別するときは「長命寺」と呼びます。
一方、関西では従来からあった道明寺粉を蒸して中に餡を入れて作った餅を桜の葉で包むタイプの桜餅となり、「道明寺」と呼ばれます。

道明寺粉は、乾飯や煎り種の一種で、大阪府藤井寺市の道明寺で最初に作られ、保存食として使われたのが起源です。
大宰府に左遷された菅原道真のために、伯母覚寿尼が毎日、九州の方向に向かって「道明寺糒(ほしい)」をお供えされていたそうです。
いまでは天満宮と道明寺は別々になっています。帰りに道明寺によると、本堂の前で「道明寺糒入りチョコ」を販売していました。

写真「長命寺と道明寺」はwikipediaから。

Photo


Sp1200835


|

道明寺天満宮、猿と梅と/その3 さるまわし


梅まつりの期間中、境内でさるまわしをやっていました。一番の大技を写真でどうぞ。他の演技はあとでアップする動画でどうぞ。3歳雄のポンズ君、頑張ってますよ。
成功した後は、お姉さんと抱き合っています。

1


2


|

道明寺天満宮、梅と猿と/その1 菅原道真と土師氏


大阪府藤井寺市道明寺(どうみょうじ)といえば、菅原道真の祖先にあたる豪族、土師(はじ)氏の本拠地でした。道明寺は土師氏の氏寺土師寺として建立され、今の道明寺天満宮につながります。大宰府に左遷される前、道真がこの寺(尼寺)にいた叔母の覚寿尼を訪ねています。大宰府で亡くなった道真の遺品は道明寺天満宮に納められ、現在、国宝となっています。
梅の季節の土日には特別拝観できますが、残念ながら私が出かけたのは火曜日、見逃しました。

写真は天満宮入口付近の「土師窯跡」、「登り窯(復元)」(3枚)、「道真40歳の時、ひと夏道明寺に逗留され、5部の大乗教を書写されたとき使用されたと伝えられる夏水井(げすいのい)」。

Sp1200693


Sp1200681


Sp1200682


Sp1200683


|

03/05/2018

北大名誉教授(原子核)の主張する 今後の発電のあり方



http://www.sankei.com/life/news/180305/lif1803050003-n1.html

|

ポテトチップス/シーフードピザ


ライフとカルビーの共同開発品だそうです。ライフ首都圏で販売、ライフ自慢のシーフードピザ味のポテトチップス。
ライフって関西に多いスーパーのライフじゃないのか?

Dsc_0046


|

03/03/2018

一年後までさようなら


長女が生まれた年から四十数年、ひな祭りが近づくと我が家に飾られる「雛飾り」。昔は雛壇もあったのですが、いつのまにか人形だけ飾るように簡略化。

後ろの書は、長女が小学生のころ書いて、小倉の百貨店に展示された作品。右の掛け軸はおばあちゃん(ママのママ)の手芸の大作です。

「お雛祭りが終わるとすぐ片づけないと、嫁に行くのが遅れる」と、いつも3月4日早朝に姿を消します。二人の娘が結婚した後もこの風習は変わりません。いまは娘たち2人だけでなく、孫娘3人の幸せを願っての雛飾りです。
きょうが最後なので、写真を撮りました。


P1200674


|

ハローキティ太夫デビュー


http://www.sankei.com/west/photos/180303/wst1803030047-p1.html

|

03/02/2018

信貴山寅まつり2018/信貴山の教え「よいお嫁さん・お姑さん十訓」/その10


ついでにもうちょっと複雑な掲示物の写真をGoogle Driveにアップしてテキスト化してみました。
お姑さんが4カ所、「お姉さん」になっているのはご愛敬? ほかに「一」が「ニ」に誤変換されたのが1カ所、その他はほぼ正確です。
(行替えの修正は行っています)。

「よいお嫁さん・お姉さん十訓」
「お嫁さん十訓」
二、お姉さんにできるだけ甘えること。
二、夫のことでひとり悩まず、お姉さんに相談すること。
三、老人扱いせずに、どんどん仕事を頼むこと。
四、実家の自慢はやめること。
五、子どものしつけに協力してもらうこと。
六、料理をいっしょに作ること。
七、ときどきお姉さんと外泊すること。
八、夫の方の親類を大切にすること。
九、夫との仲をあまり見せつけないようにすること。
十、ときどきケンカもすること。

「お姑さん十訓」
一、知らぬふりを上手にすること。
二、あてつけに朝早く起きて仕事をするのはやめること。
三、息子の世話はお嫁さんにまかせること。
四、外孫をほめちぎらないようにすること。
五、息子さん以上にお嫁さんに近づくこと。
六、他家へ嫁いだ娘をことさらよく待遇するのは控えること。
  外でお嫁さんの悪口を言うのはやめること。
八、お嫁さんの作った料理に不満を言わないこと。ときに
  は「おふくろの味よ」と言って料理をいっしょに作る
  こと。
十、家にばかりいないで、外出・外泊もすること。

Sp1200573_3


|

信貴山寅まつり2018/信貴山の教え「よいお嫁さん・お姑さん十訓」/その10


ついでにもうちょっと複雑な掲示物の写真をGoogle Driveにアップしてみました。
お姑さんが何カ所か、「お姉さん」になっているのはご愛敬?

「よいお嫁さん・お姉さん十訓」
「お嫁さん十訓」
一、お姉さんにできるだけ甘えること。
二、夫のことでひとり悩まず、お姉さんに相談すること。
三、老人扱いせずに、どんどん仕事を頼むこと。
四、実家の自慢はやめること。
五、子どものしつけに協力してもらうこと。
六、料理をいっしょに作ること。
七、ときどきお姉さんと外泊すること。
八、夫の方の親類を大切にすること。
九、夫との仲をあまり見せつけないようにすること。
十、ときどきケンカもすること。

「お姑さん十訓」
一、知らぬふりを上手にすること。
二、あてつけに朝早く起きて仕事をするのはやめること。
三、息子の世話はお嫁さんにまかせること。
四、外孫をほめちぎらないようにすること。
五、息子さん以上にお嫁さんに近づくこと。
六、他家へ嫁いだ娘をことさらよく待遇するのは控えること。
  外でお嫁さんの悪口を言うのはやめること。
八、お嫁さんの作った料理に不満を言わないこと。ときに
  は「おふくろの味よ」と言って料理をいっしょに作る
  こと。
十、家にばかりいないで、外出・外泊もすること。

Sp1200573_2


|

信貴山寅まつり2018/信貴山の教え「健康10訓」/その9


信貴山で撮影してきた写真を、池田先生が紹介されていたGoogle Driveにアップするだけでテキスト化してくれる方法を試してみました。行替えと活字サイズの修正はしましたが、ほぼ正確に文字化されています。びっくりですね。おもしろい方法を教えて頂いてありがとうございます。

健康十訓

健康は嬉しい 美しい素晴らしい
何はなくてもやっぱり健康

一、小肉多菜
お肉はほどほど 野菜たっぷり 健康もりもり
二、少塩多酢
塩分摂りすぎは高血圧のもと 酢は健康のもと
三、少糖多果
甘いものは果物から 砂糖は肥満への直通切符
四、少食多噛
腹八分目でよく噛みや幸せを噛みしめられる
五、少衣多浴
薄着で風呂好きの人は健康を身につけている人
六、少言多行
べらべら喋っている間に行動を開始せよ
七、少欲多施
自分の欲望のために走らず 他人のために走れ
八、少憂多眠
くよくよしたって同じとっとと寝てしまおう
九、少車多歩
自動車は確かに早いでも歩けば健康への近道
十、少噴多笑
怒ったときでもニコニコしていれば忘れてしまう


Ssp1200572


|

03/01/2018

日本が韓国につぎ込んだ費用を請求せよ

2018.03.01「産経抄」

http://www.sankei.com/column/news/180301/clm1803010003-n1.html

|

無添加崇拝は危険も伴う


無添加絶対主義の人もいますが、添加物がなければ食中毒が増えるなどリスクも増えます。「かつて問題視された添加物は、現在使用禁止になっている。無添加・不使用表示の食品は総じて価格が3割高い。消費者がより多くのお金を負担しながら、食中毒のリスクが増大するリスクを負っているのは、大きな問題」と 近畿大学有路教授。きょうの産経新聞朝刊から。

Img_20180301_104314


|

お父さんが描いた 横田めぐみさん拉致現場の図


産経新聞元社会部記者 阿部 雅美氏による「40年目の検証 私の拉致取材」もきょうで46回目です。あいまいな情報であっても、必死で期待をつないで探し回った横田夫妻の姿が書かれています。

Img_20180301_100209


|

今週の「わろてんか」は、てんと隼也に衝撃的な出来事が


けさの産経新聞 大阪市内面「わろてんかの舞台裏」から。てんの深い哀しみの涙に、風太とおトキの演技は必見、味わい深いアドリブに注目です。


Img_20180301_100308


|

« February 2018 | Main | April 2018 »